皆川明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
皆川明
生誕 1967年
国籍 日本の旗 日本
公式サイト www.mina-perhonen.jp

皆川 明(みながわ あきら、1967年 - )は、日本のファッションデザイナー。ブランド「ミナ・ペルホネン(minä perhonen)」を設立した。多摩美術大学美術学部生産デザイン学科客員教授。東京都出身。神奈川県立港北高等学校を経て、文化服装学院 服飾専門課程 II部服装科(夜間)卒業。

生地産地に足を運ぶことから始まる、オリジナルデザインのテキスタイルによる服作りを特徴としている。ブランド名のペルホネンとは、フィンランド語の意味。それをはじめ「minä perhonen」の商品名の多くはフィンランド語から採られており、流行にとらわれないデザインと物づくりの思想は、北欧的なものと日本的なものの共通項としても語られる[1]

経歴[編集]

人物[編集]

港北高等学校在学中は陸上長距離の選手であったが、怪我により長距離ランナーへの道を断念、進学を中止し、ヨーロッパ各地を旅する。そこで、輸入家具を扱う祖父母の影響から興味を持ったフィンランドなど北欧のデザインやライフスタイルに触れる。また、パリ・コレクションに関するアルバイトの機会を偶然得ることになり、これがファッションを志すきっかけとなった[1]

日本に帰国後、19歳で文化服装学院II部服装科(夜間)に入学。ファッションデザイナーを目指す。学生時代 の印象深かった思い出は、II部在学中に参加した文化祭ファッションショー

大西和子のメーカー「P・J・C」勤務など、工場や小規模なアトリエでパターンなどを経験し、27歳で独立。『ミナ(minä)』を設立する。ブランドが軌道に乗るまで、魚市場でアルバイトしながら生計を立て、服作りを続ける。

2000年、白金台にアトリエ兼ショップをオープン。2003年にブランド名を「minä perhonen」に改め、翌年には日本に加えパリでも新作コレクションを発表し始める。2006年、前年6月から当年5月の期間にファッション活動で優れた人、企業、団体などを表彰する「第24回毎日ファッション大賞」の大賞を受賞。

日本伝統の織物、刺繍やプリントの技術を活かしたテキスタイル(布)と、物語性のあるデザインとの調和が、「minä」独特の世界を築いている。肌に優しい素材、リラックス感のあるシルエット、クラフト感のある刺繍やオリジナルのレース、テキスタイルが特徴で、特にオリジナルの図案によるテキスタイルが人気を得ている[2]。これらの生地は当初より自ら生地産地に赴き、独自に作られたものであり、色や絵柄、素材の違いを含めた展開は600種を超える[1]。国内外の生地産地と連携し、素材や技術の開発にも注力する。

また、鞄、小物、インテリアなどの発表、海外の家具メーカーやデンマークKvadrat社、英国リバティ社などテキスタイルメーカーとのコラボレーションやデザイン提供、コンテンポラリーダンスの衣装デザインなど、幅広く活動している。制服の制作も手掛けており、東京スカイツリー[3]青森県立美術館伊勢丹新宿本店「Beauty Apothecary」のフロアスタッフユニフォームはミナペルホネンによるものである。

装苑に『minä perhonen のえことば』連載中 。

受賞歴 [編集]

主な個展 [編集]

主なグループ展 [編集]

  • 2001年、「CONTINUOUS CONNECTION Part-1」、国際デザインコンテスト第4回デザイン21/フェリッシモ デザイン ハウス、ニューヨークアメリカ
  • 2003年、「ROPPONGI CROSSING」/森美術館、東京
  • 2007年、「Chocolate」/21_21 DESIGN SITE、東京
  • 2007年、「THIS PLAY」/21_21 DESIGN SITE、東京
  • 2009年、「Second Nature---a Danish Japanese design exhibition」/Rundertaan、コペンハーゲンデンマーク
  • 2010年、「Future Beauty 30 Years of Japanese Fashion」/グループ展、イギリス
  • 2011年、「『森へ探しに。』 minä perhonen table wear 皆川明+安藤雅信」 展覧会
  • 2012年、「ツノムシテン 触展」/MATERIO base ギャラリーヨルカ、東京
  • 2012年、 皆川明+安藤雅信「はねの器 ハナの器」展/ギャラリーMITATE/ギャラリー ル・ベイン、東京

主な出演[編集]

テレビ番組[編集]

著書[編集]

  • 『ミナを着て旅に出よう』 皆川明、DAI‐X出版、2003年2月。
  • 『皆川明の旅のかけら』 皆川明、文化出版局、2003年11月。
  • 『particle of mina perhonen 粒子』 粒子展実行委員会、ブルース・インターアクションズ、2003年11月。
  • 『ミナ ペルホネンの織り (min¨a perhonen―textile)』 ミナ ペルホネン、文化出版局、2005年7月。
  • 『ミナ ペルホネンのプリント (min¨a perhonen―print)』 ミナ ペルホネン、文化出版局、2005年7月。
  • 『ミナ ペルホネンの刺繍 (min¨a perhonen―embroidery)』 ミナ ペルホネン、文化出版局、2005年7月。
  • 『minä perhonen?(ミナ ペルホネン?)[特装版]』 ミナ ペルホネン、ビー・エヌ・エヌ新社、2011年7月。
  • 『すてきなあなたに よりぬき集』 皆川明、暮しの手帖社、2012年6月。
  • 『今日のまかない』 皆川明、マガジンハウス、2014年9月。
  • 『ミナ ペルホネンの時のかさなり』 皆川明、文化出版局、2014年10月。
  • 『ミナ ペルホネンのテキスタイル mina perhonen textile 1995-2005 (英語)』 ミナ ペルホネン、文化出版局、2015年4月。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c フェリシモ (2003年1月). “神戸学校・皆川明さん(ファッションデザイナー)レポート”. 2012年9月1日閲覧。
  2. ^ Fashionsnap.com (2012年9月). “Dictionary・mina perhonen”. 2012年9月1日閲覧。
  3. ^ デザイン/ユニフォーム”. 東京スカイツー (2012年5月19日). 2012年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]