コシノヒロコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こしの ひろこ
コシノ ヒロコ(小篠 弘子)
生誕 (1937-01-15) 1937年1月15日(80歳)
日本の旗 日本大阪府
出身校 文化服装学院
職業 ファッションデザイナー
アーティスト
子供 小篠ゆま
小篠綾子

コシノ ヒロコ(本名:小篠 弘子(読み同じ)、1937年1月15日[1] - )は、日本ファッションデザイナー大阪府岸和田市宮本町出身。関西大学客員教授神戸芸術工科大学客員教授、神戸松蔭女子学院大学客員教授。

母は同じくファッションデザイナーの小篠綾子。同じくファッションデザイナーの妹コシノジュンコ(小篠順子)、コシノミチコ(小篠美智子)とともに「コシノ三姉妹」として知られる。娘(次女)の小篠ゆまもファッションデザイナーである。

幼少時より美術や伝統芸能に親しみ、大阪府立岸和田高等学校在学中に美術部に入部、絵画を学ぶ。上京後、文化服装学院に通いつつ、スタイル画の大家、原雅夫に師事。

アーティストとしても活動しており、2012年には東京・銀座に旗艦店の「ヒロココシノ銀座店」とあわせてアート作品展示館の「KHギャラリー」をオープン[2]。翌2013年には、兵庫県芦屋市安藤忠雄設計の旧自邸をギャラリーとして改装し、「KHギャラリー芦屋」として予約制で一般公開している[3]。アート作品を発表する際は、本名の「小篠弘子」と表記している。

プロ野球監督の星野仙一との親交でも知られ、星野の大阪後援会では副会長(婦人部部長)を務めている。

経歴[編集]

  • 1957年文化服装学院在学中にN.D.C.(日本デザイナークラブ)デザインコンクール第1位受賞。
  • 1961年、卒業後、銀座小松ストアー(現ギンザコマツ)ヤングレディースコーナー専属デザイナーを経て、自身のブランドを設立。
  • 1964年、大阪心斎橋にオートクチュールアトリエを開設。
  • 1977年、東京コレクション参加。以後年2回出品。
  • 1978年ローマのオートクチュール・コレクション「アルタ・モーダ」に日本人として初めて参加。
  • 1982年、パリ・プレタポルテコレクションに参加。以後年2回参加。
  • 1984年中国上海で日本人として初めてコレクションを発表。
  • 1987年韓国ソウルでコレクションを発表。
  • 1988年昭和学院秀英高等学校の制服をデザイン。
  • 1990年、沼津学園高等学校(現・飛龍高等学校)の制服をデザイン。
  • 1993年、パリ・コレクション参加10年を機に、コレクション参加を中止。
  • 1994年、大阪・近鉄アート館にて開催した「コシノヒロコ展」にて、書と水墨画を発表。
  • 1995年アメリカワシントンD.C.における第11回国際アパレル連盟総会で、アジアを代表するデザイナーとして講演。
  • 1997年大阪近鉄バファローズのユニフォームをデザイン。第15回毎日ファッション大賞受賞。コシノヒロコ作品集「HK2001」を出版。
  • 2000年、郷里、大阪岸和田市で、ヒロコ、ジュンコ、ミチコ3姉妹のコレクションを開催。
  • 2001年芦屋・奥池に生活の拠点を移し、アトリエ、ギャラリー&ゲストハウス「SEMPER」が完成。大阪芸術賞受賞。
  • 2002年、墨絵を中心とした「仄かと閃き」展を東京ヒロココシノギャラリーで開催。
  • 2003年、コレクション作品抜粋と水墨画を中心とした「コシノヒロコの仕事展」を大阪・近鉄アート館で開催。
  • 2004年、芦屋市からの要請を受け、ファッションをはじめ書画、絵画などのこれまでの創作活動の集大成として「コシノヒロコ展」を芦屋市立美術博物館で開催。
  • 2005年、「コシノヒロコ展 —アートワークを中心に」(大阪・アートコートギャラリー)にて、書、墨象、絵画を発表。
  • 2005年環境省主催の地球温暖化防止活動の一環として愛・地球博で開催された「COOL BIZ Collection」の総合プロデューサーを務める。
  • 2006年、「蓮 —コシノヒロコ展」(上越市・小川未明文学館市民ギャラリー)にて蓮をモチーフとした絵画作品を発表。「コシノヒロコ展」(鹿児島山形屋)にて絵画と書を発表。
  • 2007年阪神タイガースの交流戦用ユニフォームをデザイン。
  • 2008年、「コシノヒロコが描く世界」(広島・筆の里工房)にて、絵画、墨象、水墨、書を発表。
  • 2010年、体操日本代表のユニホームをデザイン。
  • 2010年、パリのCité de l’architecture & du patrimoine にて書と絵画を発表。
  • 2011年、パリ装飾美術館にて開催された「Hiroko Koshino Creations 2011」にて絵画を発表。
  • 2012年、パリ、マレ地区のギャラリー Galerie Hors-Champsにて絵画のみの個展開催。
  • 2012年、東京、銀座の並木通りに旗艦店を移転し、アートギャラリー KHギャラリー銀座 を併設。自身のアート作品を季節ごとに発表している。
  • 2013年、兵庫県芦屋市の安藤忠雄設計の旧自邸をギャラリーとして改装し、 KHギャラリー芦屋 をオープン。
  • 2014年、パリ、サンジェルマン地区のギャラリー Galerie Nicolas Demanにて絵画のみの個展開催。

CM[編集]

楽曲提供[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]