伊藤まさこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

伊藤 まさこ(いとう まさこ、1970年2月9日 - )は、神奈川県横浜市出身の[1]、おもに雑貨など「テーブルまわり」を手がける日本スタイリスト[2]著作家

来歴[編集]

文化服装学院に学ぶ[2]。卒業後しばらく「ブラブラして」いたところ、友人の勧めで雑貨のスタイリストのアシスタントとなる[3]1993年に独立[3]、料理専門のスタイリストとしての活動を始める[4]。スタイリングにしばしば私物を用いていたところ、そのセンスが注目されて本を出すようになり、以降は多方面に著作を発表している[4]

著書[編集]

単著[編集]

  • プレゼントのラッピングとアイデアの本、雄鶏社、1997年
  • まいにちつかうもの、主婦と生活社、2003年
  • こはるのふく、文化出版局、2003年
  • 毎日がこはるびより、集英社、2004年
  • 伊藤まさこのポッケのなかから、講談社、2004年
  • わたしの布のほん、集英社、2004年
  • ちくちく針しごと、集英社、2005年
  • ベビーブック:もの、こと、おはなし、角川SSコミュニケーションズ、2005年
  • 毎日ときどきおべんとう、PHPエディターズ・グループ、2006年
  • ボンジュール!パリのまち:LEE、集英社、2006年
  • 少女の服、世界文化社、2006年
  • 母のレシピノートから、講談社、2006年 
    • 母のレシピノートから、ちくま文庫、2020年
  • フランスのおいしい休日、集英社、2007年
  • 東京てくてくすたこら散歩、文藝春秋、2007年
  • ロブルージュ、世界文化社、2007年
  • 京都てくてくはんなり散歩、文藝春秋、2008年
  • まいにち、まいにち、PHPエディターズ・グループ、2008年
  • ちびちびごくごくお酒のはなし、PHPエディターズ・グループ、2009年
    • ちびちびごくごくお酒のはなし (PHP文庫 ; い87-1)、PHP研究所、2014年
  • あの人の食器棚、新潮社、2009年
  • 伊藤まさこの針仕事、文化出版局、2009年
  • ならいごとノート、ソニー・マガジンズ、2010年
  • 信州ハンドクラフト手帖、信濃毎日新聞社、2010年
  • 信州てくてくおいしいもの探訪、文藝春秋、2010年
  • 松本十二か月、文化学園文化出版局、2011年
  • 伊藤まさこの雑食よみ:日々、是、一冊。、メディアファクトリー、2011年
  • 家事のニホヘト、新潮社、2012年
  • 軽井沢週末だより = Karuizawa journal、集英社、2012年
  • 伊藤まさこの台所道具、PHPエディターズ・グループ、2012年
  • 台所のニホヘト、新潮社、2013年
  • 伊藤まさこの雑食よみ:日々、読書好日。、KADOKAWA、2013年
  • 京都てくてくちょっと大人のはんなり散歩、文藝春秋、2013年
  • 伊藤まさこの食材えらび、PHPエディターズ・グループ、2013年
  • ザ・まさこスタイル : あたまからつま先まで、マガジンハウス、2013年
  • おやつのない人生なんて、筑摩書房、2014年
  • おくりものがたり、集英社、2014年
  • あした、金沢へ行く、宝島社、2015年
  • 白いもの、マガジンハウス、2015年
  • 夕方5時からお酒とごはん、PHPエディターズ・グループ、2016年
  • 白いシャツを一枚、縫ってみませんか?、筑摩書房、2016年
  • おべんと帖百、マガジンハウス、2016年
  • おべんと探訪記、マガジンハウス、2017年
  • おいしい時間をあの人と、朝日新聞出版、2017年
  • おいしいってなんだろ?、幻冬舎、2017年
  • 美術館へ行こう:ときどきおやつ、新潮社、2018年
  • 本日晴天 お片づけ、筑摩書房、2018年
  • まさこ百景、ほぼ日、2020年

共著[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 伊藤まさこ”. 新潮社. 2018年6月4日閲覧。
  2. ^ a b 美術館へ行こう―ときどきおやつ― 伊藤まさこ/著”. 新潮社. 2018年6月4日閲覧。
  3. ^ a b えらぶ・買う・使う。 「伊藤まさこ」のつくりかた。その1”. ほぼ日刊イトイ新聞 (2013年10月10日). 2018年6月4日閲覧。
  4. ^ a b 伊藤まさこさん「暮らしにお手本はありません。どんなときも自分の気持ちに忠実に」”. 朝日新聞社 (2018年4月6日). 2018年6月4日閲覧。