コシノジュンコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こしの じゅんこ
コシノジュンコ
生誕 (1939-08-25) 1939年8月25日(77歳)
日本の旗 日本・大阪府
出身校 文化服装学院
職業 デザイナー

コシノジュンコ(こしの じゅんこ、1939年8月25日 - )は、日本のデザイナーである。花園大学客員教授アイドルグループBiSの終身名誉メンバー[1]

人物[編集]

大阪府岸和田市出身。母の小篠綾子のほか、姉コシノヒロコ(小篠弘子)と妹コシノミチコ(小篠美智子)も同じくファッションデザイナーであり、「コシノ三姉妹」として知られる。

経歴[編集]

大阪府立岸和田高等学校から文化服装学院という姉のヒロコと同じ進路で、2年の基礎コースを1年で終え、飛び級で小池千枝の担当するデザイン科へ進む。同級の9期生には、高田賢三松田光弘金子功、北原明子ら、後のファッション界をリードする人材が揃っており、「花の9期生」と呼ばれた。デザイン科在学中、新人デザイナーの登龍門といわれる装苑賞を最年少の19歳で受賞。以後ファッションデザイナーとして活躍。 銀座小松ストアーへの出店を皮切りに、1966年(昭和41年)、東京青山にブティック「COLETTE」を開店。1978年(昭和53年)にパリ・コレクションに初参加。1985年(昭和60年)、北京中国最大のファッションショーを開催。1990年(平成2年)には日本人初のショーをベトナムで、また1996年(平成8年)にはキューバで外国人デザイナーとしては世界初のショーを開催して話題となった。2009年(平成21年)8月には、ミャンマーで著名外国人デザイナーによる初めてのファッションショーを開催した。

フジテレビのコント番組『オレたちひょうきん族』のタケちゃんマンの敵として1983年(昭和58年)に登場した「アミダばばあ」の衣装デザインを担当した。明石家さんまが演じるキャラクターとして唯一、デザイナーが製作した衣装でもあり、さんまは「タケちゃんマンの敵史上、最も高額な衣装だった」と語っている。

2011年より、花園大学客員教授に就任。

2013年、アイドルグループ・BiSの新メンバーオーディションに極秘潜入の末合格し、同年10月29日にメンバーとして加入。直後の11月5日に終身名誉メンバーに就任[1]

主なデザイン作品[編集]

メディア出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]