この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

川島海荷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

かわしま うみか
川島 海荷
生年月日 (1994-03-03) 1994年3月3日(25歳)
出生地 日本の旗 日本 埼玉県新座市
身長 155 cm
血液型 O型
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2006年 -
事務所 レプロエンタテインメント
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
Life 天国で君に逢えたら
星守る犬
テレビドラマ
ブラッディ・マンデイ
アイシテル〜海容〜
怪物くん
ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA
華和家の四姉妹
好好!キョンシーガール〜東京電視台戦記〜
テレビアニメ
ナナマル サンバツ
ラジオ
川島海荷のUMICAFE
備考
9nineの元メンバー
テンプレートを表示

川島 海荷(かわしま うみか、1994年3月3日 - )は、日本女優歌手であり、9nineの元メンバー。本名同じ[1]

埼玉県新座市出身[2]レプロエンタテインメント所属。明治大学文学部卒業[3]

略歴

人物

  • 「海荷(うみか)」という名前は、が好きな父方の祖母の影響で父方の家族の女性全員の名前に付いているという「」と、蓮の花を意味する「」を合わせ、「泥の中でも咲く蓮の花のような強い女の人になってほしい」との願いを込めて両親が名付けた[5](「美しくきれいな心を持った子になるように」との願いを込めて父親が名付けたとするものもある[4])。
  • 母親が看護師をしており、海荷が2017年度「看護の日」PR大使を務めることになった際にはその母が一番喜んでくれたという[16]。自身、女優をしていなければ看護師になっていたとも語っている[17]
  • 憧れの女優は宮崎あおい新垣結衣柴咲コウで、共演したい俳優は福山雅治である[4]
  • 映画『星守る犬』撮影時のエピソードを語った際、理想の相手は爽やかな人と語った[18]。また、西田敏行と共に同映画の舞台挨拶に立った際、父親とは仲が良いと語った[19]
  • 好きなアーティストはいきものがかり[20]、出演したドラマ『華和家の四姉妹』の第4話では「じょいふる」をカラオケで歌うシーンが登場する[21]
  • 視力が悪く、仕事をする際はコンタクトレンズを使用している。
  • 志田未来とは高校の同級生であり、親友である。

出演

テレビドラマ

映画

短編映画

  • ソラノネ(2014年) - 主演・関谷雪子[注 3][33]

ネットドラマ

  • FHIT MUSIC♪ ~倉木麻衣~(2019年3月8日配信開始、dTV) 主演 - 凪子 役

舞台

  • 高校中パニック!小激突!!(2013年11月24日 - 2014年1月26日、PARCO劇場 / 地方) - 地下之チカ 役[注 4][34][35][36]
  • あたらしいエクスプロージョン(2017年3月3日 - 21日、浅草九劇こけら落とし公演)[37]

劇場アニメ

テレビアニメ

広告

CM

ミュージック・ビデオ

ラジオ

ドキュメンタリー番組

  • 池上彰の報道特番 「池上彰の世界を見に行く!」(2010年12月5日、テレビ東京)
  • 生命のチカラ 日本の天然杉〜佐渡・忘れられた森の物語〜(2013年1月19日、新潟放送[注 6]
  • 独りで死ぬということ〜孤立街の見守り僧侶〜(2013年2月9日、テレビ東京) - ナレーション
  • 東北発☆未来塾(2013年10月3日 - 2015年3月30日、NHK Eテレ) - ナレーション
  • 国枝慎吾上地結衣 それぞれの世界挑戦2017(2017年1月1日、WOWOW) - ナレーション
  • 夢遺産〜リーダーの夢の先〜(2017年10月2日 - 2019年9月30日、テレビ東京) - ナレーション
  • 国枝慎吾・上地結衣 それぞれの世界挑戦2018(2018年1月6日、WOWOW) - ナレーション

その他のテレビ番組

その他

作品

シングル

Umika as Yamako

  • MajiでKoiする5秒前(2010年7月14日)

時任三郎

  • 君の帰る場所(2007年) - コーラス参加。

映像作品

書籍

写真集

雑誌連載

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ TBS60周年開局記念 橋田壽賀子ドラマ。
  2. ^ 向田邦子新春ドラマスペシャル。
  3. ^ 東京スカイツリー特別ショートフィルム第2弾作品。SSFF&ASIA2014上映。
  4. ^ パルコ劇場40周年記念公演 大パルコ人2 バカロックオペラバカ。企画:大人計画
  5. ^ 資生堂シーブリーズCM曲。
  6. ^ BSN新潟放送創立60周年特別番組。
  7. ^ 共演:山口智充
  8. ^ 共演:伊東四朗柴田理恵
  9. ^ 共演:平間至

出典

  1. ^ SCHOOL OF LOCK! 7/21「川島海荷のGIRLS LOCKS!」”. エフエム東京 (2010年7月21日). 2016年2月7日閲覧。
  2. ^ “川島海荷、ニーサ利用に前向き 「鷹の爪団」吉田くん、総統も応援?”. KK KYODO NEWS SITE (共同通信社). (2014年10月11日). オリジナルの2014年10月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141012115026/http://www.kyodo.co.jp/release-news/2014-10-11_1028596/ 2019年2月16日閲覧。 
  3. ^ “川島海荷、明治大学を卒業「青春を謳歌した」キャンパスライフを語る”. modelpress (モデルプレス). (2016年3月26日). http://mdpr.jp/news/detail/1573831 2016年4月6日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g ““胸キュン美少女”川島海荷が新カルピスキャラ”. スポーツニッポン. (2009年3月18日). オリジナルの2009年3月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090321003643/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2009/03/18/01.html 2013年4月12日閲覧。 
  5. ^ a b c 【川島海荷】あどけない“つぼみ””. ぴいぷる. ZAKZAK (2009年10月27日). 2013年4月12日閲覧。
  6. ^ “川島海荷、これが初キッス!? お相手のはんにゃ金田はキスを猛練習”. MOVIE Collection (有限会社キッチュ). (2010年7月5日). http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=1364 2019年3月1日閲覧。 
  7. ^ 神田沙織 (2012年2月17日). “★堀越高等学校卒業式に出席してきました★”. 神田沙織のブログ「代表取締役タレント神田沙織が“サオリッチエンターテイメント”を作った理由」. 2013年4月12日閲覧。
  8. ^ “川島海荷が明大合格! お祝いビキニ”. 日刊スポーツ. (2012年2月29日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120229-910392.html 2013年4月12日閲覧。 
  9. ^ 川島海荷 2015年『NHK大河ドラマ 花燃ゆ』で 長州藩高須家 高須久子の娘・糸役 を演ずる[リンク切れ]
  10. ^ “川島海荷が「9nine」脱退 女優業に専念へ”. 日刊スポーツ NIKKAN SPORTS (日刊スポーツ新聞社). (2016年4月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1627722.html 2016年4月6日閲覧。 
  11. ^ “川島海荷 涙の旅立ち…9nine脱退 今後は女優業専念「ちょっとさみしい」”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2016年7月24日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/07/24/0009315401.shtml 2016年7月24日閲覧。 
  12. ^ a b “川島海荷『ZIP!』新総合司会に決定 “朝の顔”「頑張ります」”. ORICON STYLE. (2016年8月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2076231/full/ 2016年8月4日閲覧。 
  13. ^ “2017年度「看護の日」PR大使に川島海荷さんが就任しました。” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本看護協会, (2017年1月18日), http://www.nurse.or.jp/up_pdf/20170120085729_f.pdf 2017年5月8日閲覧。 
  14. ^ a b “川島海荷、鈴木杏樹、速水もこみちが「ZIP」卒業”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2019年3月1日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190301/geo19030110430019-n1.html 2019年3月1日閲覧。 
  15. ^ a b “川島海荷&鈴木杏樹「ZIP!」卒業「皆さんに感謝」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年3月29日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/03/29/kiji/20190329s00041000090000c.html 2019年3月29日閲覧。 
  16. ^ “看護の日PR大使 川島海荷は母が看護師「尊敬しています」”. Sponichi ANNEX. (2017年5月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/05/08/kiji/20170508s00041000105000c.html 2017年5月8日閲覧。 
  17. ^ “川島海荷「このお仕事をしてなかったら看護師」 母が現役の看護師”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2017年5月12日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/05/12/0010180447.shtml 2017年5月12日閲覧。 
  18. ^ “17歳の川島海荷、理想のデートは「さわやかな人とロマンチックな大人デート!」とかわいらしい夢を明かす”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2011年6月1日). https://www.cinematoday.jp/news/N0032514 2017年5月12日閲覧。 
  19. ^ “『星守る犬』初日にサプライズ! 西田敏行「感動して涙出ちゃった」”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2011年6月11日). https://news.walkerplus.com/article/22615/ 2017年5月12日閲覧。 
  20. ^ オールナイトニッポン”. オフィシャルブログ「今日、この頃の海さん。」 (2010年8月26日). 2013年4月12日閲覧。
  21. ^ TBSオンデマンド|ドラマ|華和家の四姉妹”. TBS. 2012年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年5月12日閲覧。
  22. ^ 友情出演 / 川島海荷、小野恵令奈のお姉さん役 オープニング曲も9nineが歌う oricon(2013年3月5日)
  23. ^ ORICON STYLE (2013年3月19日). “『SPEC』完結編は2部作で今秋公開!向井理と大島優子も出演”. 2013年3月20日閲覧。
  24. ^ ORICON STYLE (2013年8月14日). “川島海荷、『SPEC』にスケバン役で出演 南野陽子とも共演”. 2013年8月15日閲覧。
  25. ^ マイナビニュース (2013年8月14日). “川島海荷、『SPEC』にスケバン役で出演! 南野陽子との共演に「緊張と不安」”. 2013年8月15日閲覧。
  26. ^ CINRA.NET (2014年12月1日). “『このミス』大賞作家4人×4人の映画監督によるオムニバスドラマ”. 2014年12月17日閲覧。
  27. ^ “豊川悦司が“許されぬ恋”に落ちる! 相手は鈴木京香”. ウォーカープラス. (2015年10月24 日). http://news.walkerplus.com/article/66871/ 2015年10月25日閲覧。 
  28. ^ “川島海荷、決意の人生初金髪「今年は自分の分岐点」”. ORICON STYLE. (2016年4月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2070296/full/ 2016年4月26日閲覧。 
  29. ^ 人物相関図|朝が来る”. 東海テレビ. 2016年5月31日閲覧。
  30. ^ “再ブレイク中の斉藤由貴、平凡な主婦に訪れた刺激的な日々を熱演”. ORICON STYLE. (2016年9月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2078435/full/ 2016年9月13日閲覧。 
  31. ^ “鈴木京香、テレ東ドラマスペシャルでヒロインを熱演「強がりで健気で、不幸な女性の役」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年8月21日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170821-OHT1T50118.html 2017年8月21日閲覧。 
  32. ^ 川島海荷:「イノセンス」で悪女役に挑戦 「楽しみながら芝居できた」”. まんたんウェブ. MANTAN (2019年2月16日). 2019年2月16日閲覧。
  33. ^ 映画.com (2014年5月22日). “川島海荷、初めてのスカイツリーは「平和だな」”. 2014年5月24日閲覧。
  34. ^ ナタリー (2013年3月14日). “氣志團・綾小路翔、9nine川島海荷がクドカン舞台に出演”. 2013年3月20日閲覧。
  35. ^ クランクイン!! (2013年11月23日). “川島海荷、宮藤官九郎作品で舞台初挑戦! 歌と女優の両立に「欲深いんです」”. 2013年12月17日閲覧。
  36. ^ Girls News (2013年11月25日). “川島海荷がツインテール女子高生に! 舞台「バカロックオペラバカ」が初日!”. 2013年12月17日閲覧。
  37. ^ “川島海荷「パワーも声も出して頑張りたい」…「レプロ」が新劇場「浅草九劇」オープン”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2016年11月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161128-OHT1T50066.html 2016年11月28日閲覧。 
  38. ^ [オリラジ藤森]米アニメでチャラ男吹き替えに挑戦 劇中で海荷口説く”. マイコミジャーナル. 2012年8月9日閲覧。
  39. ^ “ゆずが10年ぶりアニメ映画主題歌!川島海荷が男の子役で初映画化『HUNTER×HUNTER』で豪華タッグ!”. シネマトゥデイ. (2012年11月1日). http://www.cinematoday.jp/page/N0047375 2012年11月7日閲覧。 
  40. ^ キャスト・スタッフ”. 映画『モンスター・ホテル クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!』. ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント. 2018年8月24日閲覧。
  41. ^ キャスト CAST”. アニメ『ナナマル サンバツ』公式サイト. 2017年3月1日閲覧。
  42. ^ 鈴乃屋プレスリリース(2012年1月)
  43. ^ livedoor HOMMEニュース(2012年6月12日) Archived 2014年2月25日, at the Wayback Machine.
  44. ^ 110番の日の集い”. 警視庁. 2013年1月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年1月11日閲覧。
  45. ^ “川島海荷さん110番のコツ体験…一日通信指令本部長”. YOMIURI ONLINE (読売新聞). (2013年1月11日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news2/20130111-OYT8T00552.htm 2013年1月11日閲覧。 
  46. ^ サーチナ (2014年7月24日). “野村證券、鷹の爪団とコラボで「NISAの村」キャンペーン開始”. 2014年8月14日閲覧。
  47. ^ a b 注目女優・川島海荷のグアム写真集発売!無邪気な素顔”. サーチナ (2010年2月20日). 2011年6月18日閲覧。
  48. ^ “小栗旬さん、川島海荷さん、池内淳子さんが、「手から手へ」想いを伝える!発売37年目の大リニューアルを遂げた「クノール® カップスープ」新TVCM 2009年9月26日(土)より全国で順次放送開始” (プレスリリース), 味の素株式会社, (2009年9月24日), http://www.ajinomoto.com/jp/presscenter/press/detail/2009_09_24.html 2017年2月19日閲覧。 
  49. ^ “休みの日は寝てたガッキー、今年の目標は「体質改善のため運動」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2010年2月18日). http://www.oricon.co.jp/news/73482/ 2017年2月19日閲覧。 
  50. ^ “川島海荷、夏合宿でドキドキ - 資生堂「シーブリーズ」新CM”. マイナビニュース (マイナビ). (2010年4月15日). http://news.mynavi.jp/news/2010/04/15/019/ 2017年2月19日閲覧。 
  51. ^ “川島海荷、最新CMの相手は男子生徒150人”. ORICON NEWS (oricon ME). (2010年4月20日). http://www.oricon.co.jp/news/75498/full/ 2017年2月19日閲覧。 
  52. ^ “「アリナミン®ゼロ7」新発売について- 7つの有効成分配合、糖類ゼロのアリナミンドリンク登場 -” (プレスリリース), 武田薬品工業, (2012年6月13日), http://www.takeda.co.jp/news/2012/20120613_4906.html 2017年2月19日閲覧。 
  53. ^ “川島海荷さんを起用し、ミドリムシエネルギーを使ったTVCM制作に挑戦! ユーグレナ社のテレビCMを5月14日(土)より放送開始 ~CM放映に合わせて特設WEBサイト「感じるミドリムシ」もオープン~” (プレスリリース), 株式会社ユーグレナ, (2016年5月12日), http://www.euglena.jp/updates/news/20160512-1/ 2016年7月4日閲覧。 
  54. ^ “ヘアオイルブランド「柳屋 あんず油」新イメージキャラクターに、女優の「川島海荷さん」を起用” (プレスリリース), 柳屋本店, (2015年1月21日), http://www.yanagiya-cosme.co.jp/company/news/2015/150121001.html 2017年2月19日閲覧。 
  55. ^ “川島海荷が“就活生”を熱演!約250名のマーチングバンドが「BELIEVE」の演奏でエールを送る就職情報サイト「リクナビ2018」新TV-CM 2月18日(土)オンエアスタート” (PDF) (プレスリリース), リクルートキャリア, (2017年2月7日), https://www.recruitcareer.co.jp/news/20170207_1.pdf 2017年2月19日閲覧。 
  56. ^ 川島海荷ら、NHK語学番組に気合十分 元BOOM宮沢の長男は演技初挑戦”. ORICON STYLE (2016年3月1日). 2016年3月1日閲覧。
  57. ^ “川島海荷が25歳の誕生日に写真集発売を発表「皆さんの想像とは違うイメージ」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年3月3日). https://thetv.jp/news/detail/181472/ 2019年3月3日閲覧。 

外部リンク