篠ひろ子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しの ひろこ
篠 ひろ子
本名 西山 博子にしやま ひろこ
(旧姓:沼澤ぬまさわ〉)
別名義 篠 ヒロコ
生年月日 1948年3月8日(68歳)
出生地 日本の旗 日本宮城県仙台市
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1968年 - 1990年代
活動内容 1968年:TBCテレビ『ホリデイ・イン・仙台』のホステスとしてデビュー
配偶者 伊集院静1992年 - 現在)
主な作品
時間ですよ』シリーズ
寺内貫太郎一家』シリーズ
金曜日の妻たちへ』シリーズ
金曜日には花を買って
毎度おさわがせします』シリーズ
木曜日の食卓
カミさんの悪口』シリーズ
誘惑
キツイ奴ら

篠 ひろ子(しの ひろこ、1948年3月8日 - )は、日本の女優である。本名:西山 博子(にしやま ひろこ )、旧姓沼澤(ぬまさわ)。宮城県仙台市出身。東北学院大学法学部中退。血液型O型。所属事務所は芸映プロダクションであった。

来歴・人物[編集]

三男二女の長女で、父は電機会社の専務[1]。少女期はNHK仙台少年少女合唱隊(後輩に遊佐未森がいる)に所属していた[2]聖ウルスラ学院小学校・中学校を経て聖ウルスラ学院高等学校[1]

1968年東北学院大学法学部2年生在学中にゴルフ練習場でスカウトされ、東北放送テレビ「ホリデイ・イン・仙台」のアシスタントとしてローカルデビューし[1]、当時の本名沼澤博子名義で出演した。番組中に歌ったのが目にとまり、クラウンレコードに誘われ、20歳のとき上京、いずみたく宅に居候する[1]。同年「水色の風」で歌手デビューした。しかしまったくヒットせず、翌1969年キングレコードに移籍して「悪い遊び」をリリースしたがこちらもヒットはしなかった[1]。しかし、歌手時代の経験を生かして『金曜日の妻たちへパートII』ではクラブ歌手となる主婦を演じ、美声を披露している。

篠がクローズアップされたのは女優として活動を活発にしてから。1973年TBS時間ですよ』の小料理屋の女将・お涼さん役で、これ以降、まとわりつく不運に愚痴ひとつこぼさず、ただ静かに耐える女・お涼さん路線が続いた[1]。 一時期、篠ヒロコ名義で活動していた。ドラマの性質上必要であればベッドシーンなどにも臆することなく大胆に肌を露出して挑んだ(TBSテレビドラマ『悪魔のようなあいつ』・山川静枝役など)。

1997年にドラマの主演を務めたのを最後に女優業を休止。前後して夫の伊集院静と郷里の仙台市に移住、目立った活動を行うことなく今に至る。2006年3月2日に死去した演出家の久世光彦の葬儀の際には、久しぶりに公に姿を現した(篠が『寺内貫太郎一家』に出演したため葬儀に参列)。

夫は直木賞作家の伊集院静。兄にプロゴルファーの沼澤聖一、弟にゴルフクラブ設計家の沼澤雄二、甥に元プロサッカー選手の青山隼がいる。

賀来千香子板東英二とは親交が深く(板東がドラマデビューした時に篠が妻役だったことが縁)、『土曜大好き!830』(関西テレビ製作フジテレビ系)の最終回では、この番組が開始された時の記念ゲストとして迎えられたこともあって、仙台から飛行機で大阪に駆けつけて再び記念ゲストとして出演した。

幼少より信仰を続けるクリスチャンカトリック系)であり、洗礼名は(日本語訳が)"小さき花のテレジア"。篠は以前雑誌インタビューで「成人したいまでは洗礼名に反して長身(167cm)なのでちょっと恥ずかしい」と語ったことがある。

2匹の愛犬(ミニチュアダックスフンドの名前はアイスとノボ)と共に夫婦で暮らしている。2010年6月21日のNHK『スタジオパークからこんにちは』に夫の伊集院が生出演したところによると、現在は女優業を一時休業し、料理の勉強や趣味を楽しんでいるという。

主な出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

レコード[編集]

篠ヒロコ時代

  • 水色の風/愛の世界(1968年、クラウン)
  • 愛ってなあに/愛の言葉を(1968年、クラウン)
  • 悪い遊び/ふり返って(1970年、キング)
  • 幸せな絵のように/危険な恋(キング)
  • 最後の晩餐/二人ぐらし(1971年、キング)
  • 私あぶないの/華麗なる週末(1971年、キング)
  • ベッドで煙草を吸わないで/泣きながら生きてきたから(1971年、キング)
  • 小さな恋/私ひとり(1972年、キング)
  • 霧雨の人/あのころ(1974年、ビクター)

篠ひろ子時代

  • あじさいの人/おしゃれな遊び(1974年、ビクター)

あじさいの人はヒット作となった女優夏木みどりシリーズのエンディングテーマにも使われた。

  • わかれ/捨てられて(1974年、ビクター)
  • 乱れる/まどろみの中で(1977年、ビクター)
  • ハートブレイク・シティ/別れ模様(1979年、ビクター)
  • 北の街 恋の味(1992年、ポリドール) ※小野寺昭とのデュエット

CM[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『週刊朝日』1982年7月16日号、pp.47-48
  2. ^ 音楽への情熱持ち続ける NHK仙台少年少女合唱隊河北新報 2009年12月8日)

関連人物[編集]

  • 桂歌丸 - 年来の篠ファンのひとり
  • 青山隼 - 甥・徳島ヴォルティス所属のプロサッカー選手

主な共演者[編集]