加藤芳郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加藤 芳郎
本名 同じ
生誕 1925年6月25日
東京府豊多摩郡代々幡町
(現・東京都渋谷区
死没 (2006-01-06) 2006年1月6日(80歳没)
東京都新宿区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家タレント
活動期間 1947年 - 2001年
ジャンル 4コマ漫画風刺漫画
代表作 まっぴら君
受賞 第3回文藝春秋漫画賞1957年
第36回菊池寛賞1988年
第28回日本漫画家協会賞文部大臣賞(1999年
紫綬褒章1986年
テンプレートを表示

加藤 芳郎(かとう よしろう、1925年6月25日 - 2006年1月6日[1])は、日本漫画家放送タレント

来歴[編集]

生い立ち[編集]

東京府豊多摩郡代々幡町(のちの東京都渋谷区)生まれ[2]。8人兄弟の6番目[2]。父親は岩手県胆沢郡水沢町(のちの水沢市奥州市水沢区)出身で、東京市役所に勤務していた[2]。母親は埼玉県北足立郡鳩ヶ谷町(のちの川口市→鳩ケ谷市→再度川口市に復帰)の出身[2][3]。加藤は幼いころから絵を描くのが好きで、父親は加藤の描く絵を見ては「美術学校に入れてやろう[2]」とほめるのが常だったという。また、『のらくろ』『冒険ダン吉』などの児童漫画作品に親しんだ[2]。加藤が10歳の頃に父親が定年を迎え、嘱託契約に切り替わって以降は、兄たちが家財を質入れして食料を調達するなど、生活が苦しくなり、美術学校入りの夢はいったん断念する[2]

病院の給仕として昼間に働きながら、旧制東京府立第六中学校夜間部に通学[2]。そのころ、1939年(昭和14年)、雑誌『アサヒグラフ』の投稿欄に漫画が掲載され、賞金を受け取ったことをきっかけに、プロ漫画家の夢を抱く。『週刊少国民』『オール讀物』『モダン日本』などで入選を重ね[2]近藤日出造主宰の『漫画』で一等入選するに至った[1]冨田英三によれば、近藤はこのころの加藤を「おそるべき少年」と激賞していたという[4]

府立六中を卒業後、川端画学校[1][5]で学んだのち、東京都防衛局[2]職員となり、ほどなくして「北支の歩兵部隊[2]」の隊員として出征。古北口で敗戦を迎えた[2]

漫画家として[編集]

1945年(昭和20年)12月に復員後、都庁に復職するが、所属していた防衛局が廃止されて消滅していたため、建設局公園緑地課に移籍し、案内看板の製作に従事する[2]。『漫画』誌への投稿を再開し、主宰の近藤日出造から直接プロへの転向をすすめられる。1948年(昭和23年)に都庁を退職し、専業漫画家として独立[1][2]

オンボロ人生』『オレはオバケだぞ』『千匹の忍者』などの連載作品を通じ、「庶民生活のペーソスをナンセンスにえがいた[1]」作風で人気となる。硬質な線とシンプルな造形による極端にデフォルメされた人物描写と、角張り、押しつぶしたような筆跡の書き文字が特徴。1954年(昭和29年)から毎日新聞夕刊で連載された『まっぴら君』は、2001年(平成13年)6月23日掲載を最後に病気で中断するまで連載47年間、13615回に達し、全国紙では空前の連載記録を樹立した[6]

漫画界では横山泰三荻原賢次と共に「戦後派三羽烏」と呼ばれた[7]

1981年から1996年の間、日本漫画家協会の理事長・会長を歴任し、同協会の社団法人化に尽力した。

受賞歴[編集]

タレントとして[編集]

タレントとしては、『テレビ三面記事 ウィークエンダー』(日本テレビ)の司会[4]、『テレフォン人生相談』(ニッポン放送)パーソナリティー、『連想ゲーム』(NHK総合テレビ)の白組・男性軍のキャプテンなどで親しまれた。特に「連想ゲーム」では、洒脱な話術とヒントの出し方で人気を博した[10]

晩年[編集]

2005年1月から胃癌のため入退院を繰り返していた[10]。2006年1月6日、東京都新宿区の病院で呼吸不全により死去。80歳没[10]。加藤の訃報に、かつて「連想ゲーム」の紅組キャプテンを務めた中田喜子、「ウィークエンダー」でリポーターを務めた桂ざこばらが、追悼のコメントを述べていた。

人物・エピソード[編集]

  • 巻き癖の強い乱雑に整えた髪型と、小さく整えた口ひげ[4]を蓄えた特徴的な容貌で知られた。
  • 漫画を描く時は仕事場に一人で入り、家族でさえ仕事場への立ち入りが許されなかったという。また、時事色の強い作風であるにもかかわらず、4コマ漫画1作を描くのに丸一日を費やした事も少なくなかった。
  • 日本会議の会員であったが、府立六中の後輩であった日本共産党上田耕一郎が参院選に出馬した時には、推薦人として名を連ねた[要出典]

主な連載作品[編集]

[11][12]単行本化作品は後述

漫画[編集]

ほか多数

漫画以外[編集]

  • 加藤芳郎の甘辛倶楽部 - 対談(産経新聞、1994年 - 2000年に月1回連載)

単行本[編集]

[12]

漫画[編集]

作品集
連載作品

エッセイ[編集]

その他[編集]

  • 加藤芳郎の連想ゲーム かたーい頭をもみほぐす驚異の連想術(二見書房サラ・ブックス、1978年)
  • 加藤芳郎のまっぴら人生 愛蔵版(産経新聞出版、2006年) - 『加藤芳郎の甘辛倶楽部』の傑作選および評伝。

メディア出演[編集]

テレビバラエティ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビCM[編集]

ラジオ番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 加藤芳郎 コトバンク - 典拠はブリタニカ・ジャパン『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』(2014年)、小学館デジタル大辞泉』、講談社『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』。このうちブリタニカでは、独立の年を1947年としている。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『現代漫画』第1期4巻「加藤芳郎集」筑摩書房、1969年 pp.298-302 加藤芳郎「わがオンボロ人生」
  3. ^ 松井清人『オカン、おふくろ、お母さん』 文藝春秋、2006年、66-67頁
  4. ^ a b c 『昭和新聞漫画史 笑いと風刺でつづる世相100年』毎日新聞社「別冊一億人の昭和史」、1981年 p.132-135
  5. ^ 漫画集団編『漫画集団漫画集』グラフィック社、1972年 p.70-71
  6. ^ 2014年に、東海林さだおの『アサッテ君』(毎日新聞朝刊連載)によってこの記録は更新された。
  7. ^ 荻原 賢次 コトバンク - 典拠は『20世紀日本人名事典』(日外アソシエーツ、2004年)
  8. ^ 受賞履歴 毎日新聞社
  9. ^ 歴代受賞者(日本漫画家協会賞および文部科学大臣賞) 日本漫画家協会
  10. ^ a b c 加藤芳郎氏死去…「まっぴら君」NHK「連想ゲーム」 ZAKZAK、2006年1月17日
  11. ^ 『現代漫画』第1期4巻「加藤芳郎集」筑摩書房、1969年 pp.313-314
  12. ^ a b 「加藤芳郎」の検索結果 国立国会図書館サーチ