川島なお美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かわしま なおみ
川島 なお美
本名 鎧塚 なお美
生年月日 (1960-11-10) 1960年11月10日
没年月日 (2015-09-24) 2015年9月24日(満54歳没)
出生地 日本の旗 日本愛知県守山市(現・名古屋市守山区[1]
死没地 日本の旗 日本東京都
身長 158cm
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 映画
テレビドラマ
バラエティ番組
活動期間 1979年2015年
配偶者 鎧塚俊彦パティシエ
主な作品
バラエティ番組
お笑いマンガ道場[1]
テレビドラマ
家なき子 (1994年のテレビドラマ)2』
イグアナの娘
失楽園[1]

川島 なお美(かわしま なおみ、1960年11月10日 - 2015年9月24日[1][2])は、日本女優タレント歌手である。戸籍名は、鎧塚 なお美(よろいづか なおみ、旧姓:川島)。血液型はAB型。二人姉妹の長女。 愛知県守山市(現・名古屋市守山区)出身。2010年6月より太田プロダクション所属。夫はパティシエ鎧塚俊彦

来歴・人物[編集]

愛知県立中村高等学校青山学院大学文学部第二英米文学科卒業。大学在学中に芸能界にデビュー[1]。女子大生タレントの先駆けとなる。学生時代は剣道部に所属し有段者である。大学生時代に試験でカンニングをした[補足 1]。この際の「開き直り」的発言が一部で物議を醸した。

文化放送が『セイ!ヤング』の後番組として、1981年10月からスタートさせた『ミスDJリクエストパレード』の初代DJに抜擢され、深夜の顔となる。当時は大学在学中であり、女子大生DJと呼ばれた[1]

1982年中京テレビ制作(日本テレビ系)『お笑いマンガ道場』の三代目女性レギュラーとなり、プロ顔負けの漫画のうまさと、芸人顔負けのネタの巧みさを披露し、同世代からの知名度と人気を獲得した(ちなみに女性レギュラー初代は元「ゴールデン・ハーフ」のエバ・マリー、二代目は秋ひとみ、四代目は森山祐子[1]。1989年8月8日、9月から明治座で『水戸黄門』の舞台公演でのフィルム撮影の為現場に向かう途中に、ロケバスが崖から転落する事故に遭った。第七頸椎を骨折する大怪我を負ったが顔は無傷だったことをすぐに確認したという[補足 2]。そのまま復帰することはなく降板に至った。

キャンパス・クィーンのイメージがいつまでも抜けず、出演番組は限られるなど不遇な時代が長く、広い世代に知名度が高まるまでにかなりの時間を要した。しかし、『イグアナの娘』や『失楽園(TVドラマ版)』への出演(特に失楽園はTVドラマでもヌードを辞さない主演で話題となった)をきっかけに、女優として知られるようになった[1]。以降、ベッドシーンでは「子宮が呼吸できない気がする」との理由で撮影中に前張りを取ることを『週刊ポスト』(1997年11月3日号)のインタビューで告白したり、30代にしてヘアヌード写真集『WOMAN』を発表するなど、裸体も辞さないセクシー女優の代表格のように認知された(ちなみにヘアヌード黎明期に出版された写真集は大ヒットを記録した)。この方向転換は、判事だった父の立場を考慮し、父が退官するのを待ってから行った。

おしゃれカンケイ』にゲスト出演した際、通常スタジオの観客は番組スポンサーの方針で女性と決められているが、川島が出演する回に限り、観客は男性限定となった。

2013年8月に健康診断で腫瘍が見つかり、即手術を勧められるも拒否。代替策としての抗がん剤治療も拒否した[1]。腫瘍は肝内胆管癌であることが判明。「この人になら命を預けられる」と思える医師との出会いを果たして、翌年1月末に手術をうけた。川島の望みどおり、全て腹腔鏡下で行われた手術は12時間にも及んだという[3]。術後の5年生存率が40〜50%であると言われるなか、術後補助化学療法等は行わず、予後の健康維持の管理にビタミンCの点滴民間療法、悪い気の排除などの施術(エビデンス不明)に取り組み[4]、各媒体に復帰した。川島はブログで「完治した」と述べるも、2014年7月に再発が判明、夫に対しては余命1年未満の宣告がなされた。川島は余命を知らされない状態で抗がん剤治療拒否を決断[5]。以降も代替医療に励みながら芸能活動を続けた。

2015年9月17日、出演中のミュージカル『パルレ〜洗濯〜』を、体調不良を理由に途中降板[6][補足 3]。9月20日、11月から12月に出演が予定されていたミュージカル『クリスマス・キャロル』(劇団スイセイ・ミュージカル)についても降板が決まった[8][補足 4]

2015年9月23日には自宅療養中であることが公表され、同年11月5日開催予定のソロライブでの復帰を目指していた[10]。しかし、翌24日19時55分、胆管癌の為、死去。54歳没。葬儀は青山葬儀所にて浄土宗式で執り行われ、夫・鎧塚俊彦が喪主を、徳光和夫が司会をそれぞれ務め、生前所属していた太田プロダクションの代表取締役社長・磯野太、林真理子倍賞千恵子が弔辞を読み、片岡鶴太郎が弔電を寄せた。出棺の際は約7分間の拍手で送られた。戒名は「秋想院彩優美俊大姉(しゅうそういんさいゆうみしゅんだいし)」で、川島と鎧塚の名前から一文字取っている。

2016年6月10日、東京・麻布の賢崇寺に夫・鎧塚によってデザインされた墓が建立され、納骨された。墓には生年のワイン「ロマネ・コンティ」や女優帽が象られ、下には「YOROIZUKA」の文字やダックスフントの絵が彫られている。

趣味・嗜好・特技[編集]

ワイン葉巻をこよなく愛し、愛犬家としても有名。ワインブーム時にはワインタレントとしてもバラエティーや教養番組等で活躍。フランスの四大ワイン産地から騎士号を授与されている唯一のアーティストでもある。

1998年、日本テレビ主演連続ドラマ『くれなゐ』に主演。第一回放映を終えた翌日の4月14日、ドラマの撮影が休みであったため、当時通学していたソムリエスクールに向かう途中、エスカレーター最上段で足を滑らせて正座するような姿勢で落下。ギザギザのステップに当たった左足の脛を裂傷し、20針も縫う怪我を負った。雨天で右手にワインとテキストを持ち、左手に傘を持って両手が塞がっていたことに加え、ヒールの高いサンダルを履いていたため、足元が滑った際にバランスを保つことが出来なかったという。その際、ワインの瓶が割れなかったことを取り上げられ「ワインをかばって転倒」と一部で報じられたが、実際はそのようなことも考える間もなく、咄嗟に身を丸めた際に持っていたワインを抱きかかえる形になっただけであると後に語った[11][12]

ワイン断ちをしてからは、水に興味を持ち、2014年3月からミネラルウォーター専門スクール アクアデミアに通学。5月には一般社団法人アクアミネラーレ協会認定 アクアアドバイザーとして認定されている。

飼っている犬はミニチュアダックスフントで、名前は「シナモン」と「ココナッツ」。愛犬を「娘」と呼んでおり、ブログでも頻繁に写真を掲載していた。シナモンは2015年1月9日死亡した。ココナッツはシナモンが産んだ子供。

プロ野球で好きな球団は中日ドラゴンズ読売ジャイアンツ。料理も非常に得意で、「愛のエプロン」では出演する度に高評価を得ていた。

家族・親族[編集]

略歴[編集]

- パラオ共和国 親善大使
- フランスワイン三大産地(シャンパーニュボルドーブルゴーニュ)より騎士号を叙任
  • 2005年 - サンテミリオン・ジェラード騎士号、コマンドール騎士号を叙任
  • 2008年 - 広島国際学院大学客員教授 就任(任期2年)[13]
  • 2014年 - アクアミネラーレ協会認定アクアアドバイザー資格取得[補足 5]
  • 2015年 - 9月24日に胆管がんの為死去[2]

受賞歴[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

レギュラー
準レギュラー、及び不定期出演

他多数

伝記
  • 独占秘話!女優・川島なお美物語〜余命1年 Xmasイブの誓い!死ぬまで舞台に立ちたい!〜死の直前秘蔵映像と愛の直筆日記を初公開!(2015年12月24日 フジテレビジョン[15]
    なお美の夫である鎧塚が、なお美の闘病生活を赤裸々に綴るインタビューのほか、最期の舞台出演だったミュージカルの出演の様子などをまとめたドキュメンタリー作品。

ラジオ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

Vシネマ[編集]

  • 武闘の帝王(1993年、ヒーロー、監督 高瀬将嗣) - 美穂 役
  • チンピラ仁義 極楽とんぼ 2(1995年、東映、監督 小平裕、原作 西川つかさ)
  • 女囚処刑人マリア(2000年、ハピネット・ピクチャーズ、監督 古庄淳
  • 難波金融伝 ミナミの帝王(2001年、2004年、ケイエスエス、監督 萩庭貞明) - 速水翔子 役
    • 劇場版PARTXVI 借金セミナー(2001年)
    • 劇場版PARTXVII プライド(2001年)
    • スペシャルVer.50 金貸しの掟(2004年)

CM[編集]

舞台[編集]

  • スーパーミュージカル「源氏物語」 作:紫式部、脚本・演出:村井秀安(1993年11月8日 - 12月16日、芝メルパルクホール他) - 夕顔 役
  • とんでもない女(初演) 作・演出:中津留章仁(2007年4月21日 - 4月29日、ベニサン・ピット)
  • 鬼灯町鬼灯通り三丁目(初演) 作・演出:東憲司(2008年8月23日 - 8月31日、ザ・スズナリ)
  • とんでもない女(再演) 作・演出:中津留章仁(2009年7月16日 - 7月20日、シアターX)
  • ミュージカル フットルース 演出:西田直木(2009年11月3日 - 11月8日、東京芸術劇場 中ホール)
  • 鬼灯町鬼灯通り三丁目(再演) 作・演出:東憲司(2010年9月28日 - 10月3日、赤坂RED/THEATER)
  • ミュージカル FAME 演出:西田直木(2010年11月25日 - 11月28日、天王洲銀河劇場)
  • とんでもない女(再々演) 作・演出:中津留章仁(2011年4月2日 - 4月7日、シアターX)
  • 秘祭(2011年8月30日 - 9月4日、スペース・ゼロ/全労済ホールスペース・ゼロ)
  • 嫉妬.混む 作・演出:中津留章仁(2011年12月7日 - 12月14日、あうるすぽっと)
  • 韓国オリジナルミュージカル「パルレ〜洗濯〜」 作・演出:チュ・ミンジュ(2012年2月4日 - 2月16日、三越劇場他)
  • 三ツ星キッチン第7弾オリジナルミュージカル『TOGETHER』 作・演出:上條恒(2012年6月13日 - 6月17日、渋谷伝承ホール) ※主演
  • トムプロジェクトプロデュース公演『重力』 作・演出:中島新(2012年7月19日 - 7月25日、赤坂RED/THEATER) ※主演
  • ミュージカル座「ロイヤルホストクラブ」 作・演出:竹本敏彰(2013年4月11日 - 4月14日、シアター1010)
  • スイセイミュージカル「フットルース」 演出:西田直木(2013年8月11日 - 8月14日、東京芸術劇場プレイハウス他)
  • スイセイミュージカル「クリスマス・キャロル」 演出:西田直木(2013年11月28日 - 11月30日、シアター1010他)
  • スイセイミュージカル「広い宇宙の中で」 演出:西田直木(2015年5月16日 - 5月17日、博品館劇場)
  • 韓国オリジナルミュージカル パルレ「〜洗濯〜」Vol.4 作・演出:チュ・ミンジュ(2015年9月、江東区文化センター他) ※9月17日に降板。

パチンコ[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. シャンペンNo.5 (1979年4月21日) EP:C-134
    c/w あなたの胸はドリーム・ランド(キャニオンレコード
  2. ハネムーン (1981年5月5日) EP:ETP-17155
    c/w こんなに幸せでいいのかしら(2年ぶりのシングル。この曲以降東芝EMI
  3. 愛しのマンドリーノ (1982年3月21日) EP:TP-17303
    c/w LOVE IS MYSTERY
  4. ラヴ・ミー・タイト (1982年8月21日) EP:TP-17371
    c/w DO YOU WANNA LAST DANCE WITH ME?
  5. Ash Wednesday (1983年1月21日) LP:T10-1053(ハート型のピクチャーレコードとして発売された)
    c/w 「右半分のドジな恋」
  6. GEMINI (1983年7月1日) EP:TP-17493(彼女のシングルでこの曲が人気曲)
    c/w Summer Vacation
  7. 涙・コパカバーナ (1984年2月1日) EP:TP-17581
    c/w スリル・ミー
  8. 想い出のビッグ・ウェンズデイ (1984年8月18日) EP:TP-17644 - ロレアル「FREE STYLE」CMソング
    c/w グッバイ・シーズン
  9. BE BOP CRAZY (1986年3月31日) EP:TP-17840
    c/w 二十五歳(ヴァンサンカン)
  10. 涙の海 (1997年10月22日) CDS:KIDX-349
    c/w 愛の嵐(11年7ヶ月ぶりのシングル、キングレコード移籍)
  11. 薔薇の花みだら (1998年5月8日) CDS:KIDX-383 - 日本テレビ系『くれなゐ』エンディング曲
    c/w 炎の微笑
  12. Actrice (2009年6月24日) CDS:SRCL-7075
    c/w 偶然の後で(11年ぶりでSME移籍)

アルバム[編集]

  • HELLO! (1982年6月1日、東芝EMI) CD:TOCT-25238、LP:TP-90166、CT:ZH28-1176
  • SO LONG (1982年12月1日、東芝EMI) LP:TP-90205 ※ 2015年12月23日に再発売[18]
  • 未・来・人 (1984年3月1日、東芝EMI) CD:CA35-1071、LP:TP-90275、CT:ZH28-1402
  • SCOOOP! (1985年3月30日、東芝EMI) CD:CA32-1110、LP:TP-90325
1. Scooop!、2. Warning、3. School Scandal、4. Hot Lips、5. 5月に消えたスパイ、
6. Lady Madannaに気をつけて、7. 二人はジェミニ、8. 裏窓ロマネスク、9. 亡命のエトアール、10. Please Mr. Information
  • TOKIO APPLAUSE (1986年4月23日、東芝EMI) CD:CA32-1246、CT:ZH28-1662
1. Welcome to TOKIO、2. BE BOP CRAZY、3. "Fall in love!"には間に合わない、4. 恋人達のパニック、5. Tokio Princess Hotel、
6. Bye bye Yellow cab、7. 淑女は5時まで、8. 二十五歳(ヴァンサンカン)、9. 鎖り切れたJuliet、10. APPLAUSE、11. Reprise〜彼(TOKIO)

ベストアルバム[編集]

  • なお美 コレクション (1983年11月1日) CD:CA35-1061、LP:TP-90253、CT:ZH28-1371
  • CD ベストナウ (1986年12月20日) CD:CA32-1352
  • カセット ベストナウ (1989年8月) CT:ZH28-3022
  • ベストアルバム W (1993年12月22日) CD:TOCT-8263 ※ 2015年12月23日再発売[18]
  • ゴールデン☆ベスト 川島なお美 (2003年6月25日) CD:TOCT-10913
  • NEW BEST 1500 (2005年8月24日) CD:TOCT-11031

書籍[編集]

写真集[編集]

川島なお美を演じた俳優[編集]

  • 遊井亮子(独占秘話!女優・川島なお美物語〜余命1年 Xmasイブの誓い!死ぬまで舞台に立ちたい!〜死の直前秘蔵映像と愛の直筆日記を初公開!)

脚注[編集]

[ヘルプ]

補足[編集]

  1. ^ 自著「シャワーのあとで」において、専門外の試験で試験官にカンニングペーパーが見つかって取り上げられたことを記している。
  2. ^ 水戸黄門の舞台は急遽甲斐智枝美がピンチヒッターを務めた。1990年2月、 水戸黄門 御園座初特別舞台公演で大怪我から6ヶ月越しの出演を果たした。
  3. ^ 代役は武者真由が務める[7]
  4. ^ 代役は渡辺めぐみ[9]
  5. ^ 一般社団法人アクアミネラーレ協会によって認定される民間の資格。アクアアドバイザー資格の他、上級のアクアマエストロ資格があり、2つ資格の総称としてアクアソムリエという呼び名も用いられる。ミネラルウォーター専門スクールアクアデミアで講座を受け、修了後の試験に合格すると、資格を取得できる。
  6. ^ 当初の放送予定は、2015年10月7日にだった[16]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.105.
  2. ^ a b 川島なお美さん死去 昨年胆管がん手術 54歳若すぎる…”. スポーツニッポン (2015年9月24日). 2015年9月24日閲覧。
  3. ^ 真実,川島なお美オフィシャルブログ「『なおはん』のほっこり日和」” (2014年3月27日). 2015年10月3日閲覧。
  4. ^ ありがとうございます♪,川島なお美オフィシャルブログ「『なおはん』のほっこり日和」” (2014年7月5日). 2015年10月3日閲覧。
  5. ^ 抗がん剤拒否は川島さんの決断 鎧塚氏” (2014年10月1日). 2015年10月3日閲覧。
  6. ^ 激やせ心配される川島なお美 体調不良により出演舞台を降板”. 日刊ゲンダイ (2015年9月17日). 2015年9月17日閲覧。
  7. ^ 川島なお美代役・武者真由「やるしかない!」観客の拍手に感謝”. スポニチ (2015年9月18日). 2015年9月18日閲覧。
  8. ^ 川島なお美ミュージカル、クリスマス・キャロル降板”. 日刊スポーツ (2015年9月20日). 2015年9月20日閲覧。
  9. ^ 川島なお美降板舞台 渡辺めぐみが代役「バトン受けた。一緒にやりたい」”. Sponichi Annex (2015年9月23日). 2015年9月23日閲覧。
  10. ^ “川島なお美11・5ソロライブ向け「自宅療養中」”. 日刊スポーツ. (2015年9月24日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1542945.html 2016年10月26日閲覧。 
  11. ^ 竹内義和 『テレビ汁』 ぶんか社、1998年9月10日、初版、99ページ。ISBN 4-8211-0619-1
  12. ^ プレイバック芸能スキャンダル史「ワインをかばい転倒と報じられた川島なお美」”. 日刊ゲンダイ (2013年12月27日). 2015年9月17日閲覧。
  13. ^ 「客員教授として」 - 川島なお美オフィシャルブログ 2009年10月22日
  14. ^ ヘアカラーリングアワード - 〔エンタメ〕.リンク道.com.2016年1月1日閲覧。
  15. ^ 番組公式サイト
  16. ^ ◆水曜ミステリー9「多摩南署たたき上げ刑事・近松丙吉13 ~眼前の殺人者」”. 水曜ミステリー9公式facebook(テレビ東京) (2015年10月7日). 2016年7月19日閲覧。
  17. ^ “川島なお美さんの出演ドラマにネットで反響「体調悪かったと思えない」”. ORICON STYLE. (2016年7月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2075078/full/ 2016年7月14日閲覧。 
  18. ^ a b “歌手・川島なお美”がよみがえる、名作を緊急再発売”. 音楽ナタリー (2015年10月26日). 2015年10月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]