SWITCHインタビュー 達人達

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SWITCHインタビュー 達人達
ジャンル インタビュー番組 / トーク番組
製作
制作 NHK
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2013年4月6日 -
放送時間土曜 22時 - 23時
放送分60分
番組公式サイト
テンプレートを表示

SWITCHインタビュー 達人達』(スウィッチ インタビュー たつじんたち)は、NHK2013年4月にEテレでの放送を開始したインタビュー番組である。

概要[編集]

全く異なる分野の、普段は全く接点がなさそうなカリスマ2人が出合い、どのような化学反応の「スウィッチ」が入るのかという意図のもとに、第一線で活躍する「達人」同士が、お互いの仕事の現場を訪ね合って、それぞれ、共通する方法論や成功へのヒントを探る、ただの対談では見られない2人のカリスマの化学反応に加え、話し手・聞き手の両方の “顔”を楽しめる、新しいクロス・インタビュー番組である[1][2]

番組の方式としては、一方が聞き手となって、相手の仕事術や、成功哲学を引き出して、そして、途中で役割を「スウィッチ」して、今度は聞かれた側が聞き手となって、その相手の「仕事」について浮き彫りにする[1][2]

放送内容[編集]

原則として放送日は初回放送された日付を、アンコール(再放送)は通常枠土曜22時の放送日のみ掲載する。

2013年[編集]

放送日 対談[5] アンコール
04月06日 アントニオ猪木(格闘プロデューサー) × 天野篤(心臓外科医)
04月13日 カルロス・ゴーン(日産ルノーCEO) × 山崎直子(宇宙飛行士)
04月20日 荒木飛呂彦(漫画家) × 千住明(作曲家) 6月22日
04月27日 為末大(元プロ陸上選手) × 加藤友朗(移植外科医)
05月04日 小山薫堂(放送作家) × 佐藤可士和(アート・ディレクター) 7月13日
05月11日 隈研吾(建築家) × 林真理子(作家) 6月29日
05月18日 大林宣彦(映画監督) × AKB48高橋みなみ渡辺麻友松井珠理奈
05月25日 宮藤官九郎(脚本家・監督・俳優) × 葉加瀬太郎(バイオリニスト) 9月21日
06月01日 妹島和世(建築家) × 名和晃平(美術家)
06月08日 佐藤琢磨(カーレーサー) × 青木定治(パティシエ) 8月17日
06月15日 熊川哲也(バレエダンサー) × 藤田晋(サイバーエージェント社長)
07月06日 三浦雄一郎(冒険家・プロスキーヤー) × 加山雄三(俳優・歌手)
07月20日 平野啓一郎(作家) × 野口健(アルピニスト) 10月19日
07月27日 福永祐一(騎手) × 渡辺明(棋士) 11月30日
08月03日 宮崎駿(映画監督) × 半藤一利(作家)
08月10日 瀬戸内寂聴(作家) × EXILE ATSUSHI(歌手)
08月24日 高見沢俊彦(ミュージシャン・THE ALFEE) × 林英哲(和太鼓奏者)
08月31日 総集編 達人の理由
09月07日 佐渡裕(指揮者) × 羽生善治(棋士)
09月14日 中村勘九郎(歌舞伎俳優) × ヤマザキマリ(漫画家 「テルマエ・ロマエ」) 翌年1月25日
09月28日 菊地成孔(ジャズミュージシャン) × TAO(モデル)
10月05日 藤原竜也(俳優) × 長谷川穂積(プロボクサー)
10月12日 姜尚中(大学教授・作家) × 是枝裕和(映画監督) 翌年1月11日
10月26日 宮本亜門(演出家) × 北川悠仁(ミュージシャン・ゆず) Part 1 翌年2月15日
11月02日 宮本亜門(演出家) × 北川悠仁(ミュージシャン・ゆず) Part 2 翌年2月22日
11月09日 國村隼(俳優) × 杉浦伝宗(建築家)
11月16日 中谷美紀(女優) × 天童荒太(作家)
11月23日 内田樹(思想家) × 観世清河寿(能楽師)
12月07日 RUMIKO(メークアップアーティスト) × ニコライ・バーグマン(フラワーアーティスト)
12月14日 林修(予備校講師) × 岩瀬大輔(ライフネット生命社長) 翌年2月8日

12月21日、12月28日は放送なし。

2014年[編集]

放送日 対談[5] アンコール
01月04日 岡田准一(タレント) × 五嶋龍(バイオリニスト)
01月18日 蜷川実花(写真家) × 渋谷慶一郎(作曲家)
02月01日 三池崇史(映画監督) × 操上和美(写真家)
03月01日 野村萬斎(狂言師) × 市川猿之助(歌舞伎俳優)
03月08日 久石譲(作曲家) × 吉岡徳仁(デザイナー)
03月22日 コロッケ(ものまねタレント) × 山寺宏一(声優) 10月25日
03月29日 総集編 達人に聞け! ※ゲスト:林修ふなっしー
04月05日 浦沢直樹(漫画家) × 佐野元春(ミュージシャン)
04月12日 所ジョージ × 高橋智隆(ロボットクリエーター) 5月31日
04月19日 岡田武史(元サッカー日本代表監督) × 迫慶一郎(建築家)
04月26日 石川さゆり(歌手) × 千住博(日本画家) 7月12日
05月03日 綾野剛(俳優) × 又吉直樹(お笑い芸人)
05月10日 夏木マリ(プレイヤー) × 澤穗希(プロサッカー選手)
05月17日 上原ひろみ(ピアニスト) × 石塚真一(漫画家) 6月21日
05月24日 佐野元春(ミュージシャン) × 浦沢直樹(漫画家)[6]
06月07日 哀川翔(歌手・俳優) × 武井壮(“百獣の王”) 8月2日
06月14日 前田敦子(女優) × 中田秀夫(映画監督)
06月28日 竹内洋岳(プロ登山家) × 篠宮龍三(プロフリーダイバー) 8月9日
07月05日 鳥嶋和彦(漫画編集者) × 加藤隆生(イベントクリエーター) 9月20日
07月19日 竹内智香(スノーボードアルペン選手) × 安藤桃子(映画監督)
07月26日 TAKURO(ミュージシャン・GLAY) × マキタスポーツ(俳優・ミュージシャン)
08月16日 総集編 達人たちのヒ・ミ・ツ ※ゲスト:ピース
09月06日 楳図かずお(漫画家・映画監督) × 稲川淳二(怪談家) 翌々年8月4日
09月13日 美輪明宏(歌手・俳優・演出家) × 中園ミホ(脚本家)
09月27日 西村賢太(小説家) × 稲垣潤一(ボーカリスト)
10月04日 北島三郎(歌手) × 萩本欽一(コメディアン)
10月11日 (女優・モデル) × 和田竜(作家) 翌年2月21日
10月18日 和田アキ子(歌手) × 水樹奈々(声優・歌手・ナレーター)
11月01日 バカリズム(お笑い芸人) × 森山直太朗(歌手) 12月20日
11月08日 木皿泉(脚本家) × 佐藤健(俳優) 翌年3月14日
11月15日 阿川佐和子(作家・エッセイスト) × ふなっしー(ご当地キャラ) 翌年3月28日
11月22日[7]
11月29日
椎名林檎(音楽家) × 西加奈子(作家) 翌年2月7日
12月06日 角幡唯介(探検家) × 塩沼亮潤(僧侶) 翌年3月21日
12月13日 春風亭昇太(落語家) × 山崎貴(映画監督)
12月27日 丸山敬太(デザイナー) × 栗山千明(女優)

3月15日、8月23日、8月30日は放送なし。

2015年[編集]

放送日 対談[5] アンコール
01月03日 新春SP あの人に会いたい!
若田光一(宇宙飛行士) × 平野啓一郎(作家)
吉田羊 × ニコライ・バーグマン(フラワーアーティスト)
六角精児 × 武井壮(“百獣の王”)
01月10日 東出昌大(俳優) × 朝井リョウ(作家)
01月17日 田村淳(タレント) × 猪子寿之(デジタルクリエーター) Part 1
01月24日 田村淳(タレント) × 猪子寿之(デジタルクリエーター) Part 2
01月31日 中井貴一(俳優) × 糸井重里(コピーライター) 8月29日
02月14日 井村雅代(シンクロ日本代表ヘッドコーチ) × 広上淳一(指揮者) 6月20日
02月28日 辰巳芳子(料理家) × 川瀬敏郎(華道家) 5月30日
03月07日 松井優征(漫画家) × 佐藤オオキ(デザイナー) 4月25日
04月04日 吉永小百合(女優) × 藤原道山(尺八演奏家)
04月11日 吉田鋼太郎(俳優) × 宮川彬良(舞台音楽家) 5月16日
04月18日 水谷豊(俳優) × 小曽根真(ジャズピアニスト)
05月02日 大泉洋(俳優) × 日野晃博(ゲームクリエーター) 8月8日
05月09日 一青窈(歌手) × やなぎみわ(美術作家)
05月23日 鈴木京香(女優) × 小山登美夫(ギャラリスト)
06月06日 桂由美(ブライダルファッションデザイナー) × IKKO(美容家) 7月18日
06月13日 松岡修造(プロテニスプレイヤー) × 茂木健一郎(脳科学者)
06月27日 久本雅美(タレント) × JUJU(歌手)
07月04日 森本千絵(アートディレクター) × 吉本ばなな(作家)
07月11日 園子温(映画監督) × 永井豪(漫画家)
07月25日 さかなクン東京海洋大学客員准教授) × 磯田道史(歴史学者) 10月3日
08月15日 山極壽一(霊長類学者・京都大学総長) × 関野吉晴(探検家・医師) 11月21日
08月22日 二階堂ふみ女優) × 菅井円加バレエダンサー 10月24日
09月05日 宮沢りえ(女優) × リリー・フランキー(マルチタレント)
09月12日 田中泯(ダンサー) × 挾土秀平(左官)
09月19日 田口トモロヲ(俳優・映画監督・ナレーター) × 松尾スズキ(作家・演出家・俳優)
09月26日 本木雅弘(俳優) × 真鍋大度(メディアアーティスト・プログラマー) 12月12日
10月10日 畠山重篤(カキ養殖家) × 宮崎学(動物写真家)
10月17日 石黒浩(ロボット工学者) × 清水ミチコ(タレント)
10月31日 中川翔子(タレント) × 江川悦子(特殊メイクアップアーティスト)
11月7日 羽田圭介(芥川賞作家) × 若林正恭(お笑い芸人)
11月14日 志村けん(コメディアン) × Perfume(アーティスト) [8][9]
11月28日 オダギリジョー(俳優) × 舘鼻則孝(アーティスト)
12月5日 井上道義(指揮者) × 須磨久善(心臓外科医)
12月19日 唐沢寿明(俳優) × 中村頼永(武術家)
12月26日 総集編

8月1日は放送なし。

2016年[編集]

放送日 対談[5] アンコール
01月03日 日野原重明(聖路加国際大学 名誉理事長)× 篠田桃紅(美術家) 4月2日
01月16日 小山進(パティシエ)× 土田康彦(ベネチアンガラス作家) 4月30日
01月30日 厚切りジェイソン(お笑い芸人)× 金田一秀穂(日本語学者) 2月21日
02月20日 千原ジュニア(お笑い芸人)× 阪本順治(映画監督)
02月27日 鈴木亮平(俳優)× 神谷明(声優)
03月12日 サンドウィッチマン(お笑い芸人)× うえやまとち(漫画家)
03月19日 松田龍平(俳優)× PESRIP SLYME
03月26日 上橋菜穂子(作家・文化人類学者)× 齊藤慶輔(獣医) 4月9日・翌年2月4日
04月09日 渡辺謙(俳優)× 山中伸弥(iPS細胞研究所所長)Part 1 7月14日
04月16日 渡辺謙(俳優)× 山中伸弥(iPS細胞研究所所長)Part 2 7月14日
04月23日 柚希礼音(俳優)× 上野水香(バレエダンサー)
05月07日 立川談春(落語家)× 古川周賢(僧侶) 6月30日
05月14日 貴家悠(漫画原作者)× 高井研(海洋生物学者) 7月23日
05月28日 原泰久(漫画家)× シブサワ・コウ(ゲームデザイナー)
06月11日 藤山直美(喜劇役者)× 香川照之(俳優)
06月18日 菅田将暉(俳優)× 板尾創路(芸人)
07月02日 片桐はいり(俳優)× 甲野善紀(武道研究家)
07月09日 増田セバスチャン(アートディレクター)× 平井堅(歌手)
07月16日 前田司郎(劇作家)× 五味弘文お化け屋敷プロデューサー
08月06日 杉良太郎(俳優)× 上山博康(脳神経外科医)
08月13日 市村正親(俳優)× 立川志の輔(落語家)
08月20日 松坂桃李(俳優)× 奥山由之(写真家・映像作家)
08月27日 佐々木蔵之介(俳優)× 藤原かんいち(旅行家)
09月03日 さだまさし(シンガーソングライター・小説家)× 間渕則文(ドクターカー医師)
09月10日 新海誠(アニメーション監督)× 川上未映子(小説家・詩人)
09月24日 杉本博司(現代美術作家)× 田根剛(建築家)
10月01日 水野良樹(ソングライター)× 西川美和(映画監督)
10月15日 枝元なほみ(料理研究家)× 高野秀行(ノンフィクション作家)
10月29日 きゃりーぱみゅぱみゅ(アーティスト)× 山田孝之(俳優)
11月12日 星野佳路(リゾート運営会社代表)× 中川政七(生活雑貨メーカー社長)
11月19日 村田沙耶香(作家)× Chara(シンガーソングライター) 翌年1月7日
11月26日 村松亮太郎(アーティスト)× 枡野俊明(禅僧・庭園デザイナー)
12月10日 井上芳雄(俳優)× 髙橋大輔(フィギュアスケーター) 翌年2月25日
12月17日 松本隆(作詞家)× 船越雅代(料理家)
12月24日 村田諒太(プロボクサー)× 萱野稔人(哲学者・津田塾大学教授)

2017年[編集]

放送日 対談[5] アンコール
01月14日 室屋義秀(エアレースパイロット)× 中野信子(脳科学者) 5月20日
01月21日 行定勲(映画監督)× 宮本輝(作家) 3月18日
01月28日 小日向文世(俳優)× 服部隆之(作曲家)
02月11日 黒木瞳(女優)× 遊川和彦(映画監督)
02月18日 中村獅童(歌舞伎俳優)× 三原康裕(ファッションデザイナー)
03月04日 三浦大輔(野球解説者)× 稲垣栄洋(雑草研究者、静岡大学教授)
03月11日 大友良英(音楽家)× 稲葉俊郎(医師、東大病院助教)
03月25日 清川あさみ(アーティスト)× 永山祐子(建築家)
04月08日 平岳大(俳優)× 杉山三郎(考古学者)
04月15日 松岡正剛(編集工学者)× コムアイ(アーティスト)
04月22日 福島智(バリアフリー研究者、東京大学教授)× 柳澤桂子(生命科学者) 9月16日
05月06日 中島美嘉(歌手)× 坂本眞一(漫画家) 9月23日
05月13日 長塚圭史(劇作家・演出家・俳優)× 舟越桂(彫刻家)
06月03日 坂本龍一(音楽家)× 福岡伸一(生物学者)
06月10日 古坂大魔王(芸人)× 田原総一朗(ジャーナリスト)[10]
06月17日 杉野希妃(女優・映画監督)× 石内都(写真家) 6月24日
07月01日 渡辺直美(お笑い芸人)× ムロツヨシ(喜劇役者)
07月08日 寺島しのぶ(女優)× 野村忠宏(柔道家)
07月15日 満島ひかり(俳優)× 海部陽介(人類進化学者) 12月16日
08月05日 三浦大知(アーティスト)× 内村航平(プロ体操選手)
08月12日 なかにし礼(作家)× 野村達雄(ゲームディレクター)
08月19日 種田陽平(美術監督)× MIKIKO(演出振付家)
09月02日 柄本佑(俳優)× 山本直樹(マンガ家)
09月09日 米林宏昌(アニメーション映画監督)× 辻口博啓(パティシエ)
10月07日 神田松之丞(講談師)× いとうせいこう(作家・クリエーター)
10月14日 黒柳徹子(女優)× 井上八千代(京舞井上流五世家元)
10月21日 林要(ロボット開発事業会社代表)× 松本明慶(大佛師)
11月4日 松任谷由実(シンガーソングライター)× 坂東玉三郎(歌舞伎俳優)
11月18日 古屋雄作(映像ディレクター)× 古田新太(俳優)
12月2日 石井竜也(アーティスト)× 柳澤寿男(指揮者)
12月9日 伊勢崎賢治(東京外国語大学大学院 平和構築学教授)× 菅原小春(ダンサー)
12月23日 ヒャダイン(音楽クリエーター)× 片岡愛之助(歌舞伎俳優)

2018年[編集]

放送日 対談[5] アンコール
01月13日 水原希子(モデル・女優)× 長島有里枝(写真家)
01月20日 マツコ・デラックス(コラムニスト)× つんく♂(音楽プロデューサー)
02月17日 松本幸四郎(歌舞伎俳優)× 草間彌生(前衛芸術家)
03月03日 出口治明(大学学長)× ミムラ(女優・エッセイスト)
03月17日 緒方恵美(声優・歌手)× 西野亮廣(芸人・絵本作家)
03月24日 佐藤二朗(俳優)× メイガス(マジシャン)
04月07日 布袋寅泰(ギタリスト)× 木田真理子(ダンサー)
4月21日 藤井隆(お笑い芸人)× 高橋勝大(スタントマン)
5月 5日 ナイツ(漫才師)× ハンバート ハンバート(ミュージシャン) 2020年5月9日
5月12日 山田洋次(映画監督)× 蒼井優(女優)
5月19日 竹本織太夫(文楽太夫)× 中川家礼二(漫才師)
6月 2日 早霧せいな(俳優)× 増田明美(スポーツ・ジャーナリスト)
6月 9日 蝶野正洋(プロレスラー)× 大西順子(ジャズピアニスト)
6月 23日 フジコ・ヘミング(ピアニスト)× 田川啓二(ビーズ刺繍デザイナー)
7月 7日 宇多丸(ラッパー)× 畑中章宏(民俗学者)
7月14日 市川猿之助(歌舞伎俳優)× 青柳貴史(製硯師)
7月21日 フランソワ・オゾン(映画監督)× 池松壮亮(俳優)
8月11日 百田夏菜子(アイドル)× 原ゆたか(児童書作家)
9月1日 二宮和也(アイドル)× 落合陽一筑波大学准教授兼学長補佐)
9月15日 林家たい平(落語家)× 丹道夫(飲食チェーン店会長)
9月22日 井浦新(俳優)× 服部文祥(登山家・作家)
10月13日 奈良岡朋子(俳優)× 勅使河原茜草月流家元)
10月20日 堤幸彦(映画監督・演出家)× 川鰭市郎(産科医)
11月3日 大竹しのぶ(女優・歌手)× 太田光(芸人・タレント)
11月10日 伊東豊雄(建築家)× 小松義夫(写真家)
11月17日 矢野顕子(ミュージシャン)× 油井亀美也(JAXA宇宙飛行士)
12月1日 横尾忠則(美術家)× 瀬古利彦(元マラソン選手)
12月8日 岩下志麻(女優)× 下村一喜(写真家)
12月15日 矢部太郎(芸人)× 峯田和伸(歌手)
12月22日 柳楽優弥(俳優)× 藤田貴大(演劇作家)

2019年[編集]

放送日 対談[5] アンコール
01月5日 和田アキ子(歌手)× 平間至(写真家)
01月19日 周防正行(映画監督)× 玉川奈々福(浪曲師)
02月2日 糸井重里(「ほぼ日刊イトイ新聞」主宰)× 芦田愛菜(女優)
02月9日 三上博史(俳優)× 美内すずえ(漫画家)
02月16日 大野和士(指揮者)× 原田マハ(作家)
03月23日 ジャガー横田(女子プロレスラー・タレント)× 高橋孝雄慶應義塾大学医学部小児科教授)
04月6日 パーヴォ・ヤルヴィN響首席指揮者)× かの香織(音楽家・蔵人)
04月27日 諏訪部順一(声優・ナレーター)× 加藤直人(VR起業家)
05月11日 柳美里(劇作家・小説家)× 栗林慧(生物生態写真家)
06月1日 川村元気(映画プロデューサー・小説家)× 阿川佐和子(作家・エッセイスト)
06月8日 奥田民生(ミュージシャン)× リオ・コーエンYouTube音楽部門総責任者)
06月15日 堤真一(俳優)× 重松清(作家)
06月22日 山下洋輔(ジャズ・ピアニスト)× 養老孟司(解剖学者)
07月6日 コウケンテツ(料理研究家)× 片桐仁(俳優・彫刻家)
07月13日 ケラリーノ・サンドロヴィッチ(劇作家・演出家・音楽家)× 祖父江慎(ブックデザイナー)
07月20日 舘野泉(ピアニスト)× 中村桂子(生命誌研究者)
07月27日 矢口史靖(映画監督)× 鉄拳(芸人)
08月3日 土井善晴(料理研究家)× 原由美子(スタイリスト)
08月10日 山田ルイ53世(お笑い芸人・作家)× 今泉忠明(動物学者)
08月17日 奥田瑛二(俳優・映画監督)× 相良育弥(茅葺き職人)
08月24日 山本寛斎(デザイナー・プロデューサー)× 坂東元旭山動物園園長)
09月14日 ロバート・キャンベル国文学研究資料館長)× 桑田卓郎(陶芸家)
09月28日 東京スカパラダイスオーケストラ(ミュージシャン)× 永島健志(シェフ) 翌年8月15日
010月5日 ヨシダナギ(フォトグラファー)× 志茂田景樹(作家) 翌年7月4日
010月12日 沢則之(人形劇師)× 宮城聰(演出家)
010月19日 三宅裕司(喜劇俳優)× レキシ(ミュージシャン)
010月26日 澤田秀雄(実業家)× 小林圭(オーナーシェフ)
011月2日 森山未來(俳優・ダンサー)× 菅野薫(広告クリエイター)
011月23日 安達祐実(俳優)× 宇田陽子(フラワーアーティスト)
011月30日 椎名林檎(音楽家)× 小林賢太郎(劇作家・パフォーマー)
012月7日 ヨシタケシンスケ(絵本作家)× 梅佳代(写真家)
012月14日 尾上菊之助(歌舞伎俳優)× 小籔千豊(吉本新喜劇)
012月21日 さいとう・たかを(劇画家)× 山中俊治(デザインエンジニア)

2020年[編集]

放送日 対談[5] アンコール
01月11日 松坂慶子(女優)× 秋吉敏子(ジャズピアニスト)
02月1日 加藤登紀子(歌手)× 小林エリカ(作家・マンガ家) 08月22日
02月22日 鈴木おさむ(放送作家)× 中邑賢龍(教育実践家)
03月14日 達人達「次の一歩へ 達人たちの“名言”」
03月21日 ブレイディみかこ(保育士・ライター)× 鴻上尚史(劇作家)
03月28日 田丸雅智(ショートショート作家)× しりあがり寿(漫画家)
04月11日 村木厚子(元厚生労働事務次官)× 今野敏(作家)
04月25日 柳家喬太郎落語家)× 伊藤亜紗美学者
07月18日 元井秀治鋳物師)× 川﨑晶平(現代日本刀作家)
07月25日 髙樹のぶ子(小説家)× 草笛光子(女優)
08月1日 前田裕二動画配信会社社長)× 上田慎一郎(映画監督)
08月8日 望海風斗宝塚歌劇団雪組)× 浅田真央フィギュアスケート選手
08月29日 畑正憲(動物研究家・小説家)× 五十嵐大介(漫画家)
09月5日 亀田誠治(音楽プロデューサー)× 中田崇志(パラアスリート伴走者)
09月12日 藤原聡(ミュージシャン)× 古沢良太(脚本家)
09月19日 宮本浩次(ロック歌手)× 挟土秀平(左官)
10月10日 アンミカ(ファッションモデル)× マンボウやしろ(脚本家)
10月24日 野口五郎(歌手)× 須藤玲子(テキスタイルデザイナー)
10月31日 河瀬直美(映画監督)× 小雪(女優)
11月21日 佐野史郎(俳優) × 京極夏彦(小説家)
11月28日 鈴木敏夫(映画プロデューサー) × 津野海太郎(評論家) 翌年10月9日
12月12日 柄本明(俳優) × 鮎川誠(ロックミュージシャン)
12月19日 高橋一生(俳優) × 中村拓志(建築家)
12月26日 高橋英樹(俳優) × 粟田純德(石垣づくり職人)

2021年[編集]

放送日 対談[5] アンコール
1月9日 太田雄貴日本フェンシング協会会長)× 谷昇(オーナーシェフ)
1月16日 コシノジュンコ(デザイナー) × 中野善壽寺田倉庫元社長)
1月23日 篠原ともえ(タレント) × 春風亭一之輔(落語家)
1月30日 篠崎史紀(バイオリニスト) × 菊野昌宏(独立時計師)
2月6日 影山ヒロノブ(シンガー) × 森雪之丞(作詞家)
2月20日 宮島達男(現代美術家) × 大川豊大川興業総裁)
2月27日 竹中功(謝罪マスター) × 田畑栄一(校長)
3月6日 塚地武雅(芸人) × ハマ・オカモト(ベーシスト)
3月20日 川栄李奈(女優) × 片山正通(インテリアデザイナー)
3月27日 佐野元春(ミュージシャン) × 吉増剛造(詩人)
4月10日 千住博(日本画家) × 佐藤勝彦(宇宙物理学者)
4月17日 湊かなえ(小説家) × 佐野正幸(俳優)
4月24日 ヒロシ(お笑いタレント) × 櫻井敦司(ミュージシャン)
5月8日 木村多江(女優) × 佐藤則武塗師
5月22日 伍代夏子(演歌歌手) × 高砂淳二(写真家)
5月29日 中山秀征(タレント) × 赤井勝(フラワーアーティスト)
6月5日 辻本知彦(ダンサー・振付師) × 松浦美穂(美容師)
6月19日 吉田都新国立劇場バレエ団芸術監督) × 宇佐見りん(作家)
6月26日 井原慶子レーシングドライバー) × 村井純計算機科学者
7月3日 安藤なつ(芸人) × 玉置妙憂(看護師・僧侶)
7月10日 清水崇(映画監督) × コウメ太夫(芸人)
8月14日 石川直樹(写真家) × 大竹伸朗(現代美術家)
8月21日 柴咲コウ(女優) × 斎藤幸平(経済思想家)
9月4日 大平貴之(プラネタリウム・クリエーター) × 川井郁子(バイオリニスト)
9月25日 尾上菊之丞(日本舞踊家) × 堀木エリ子(和紙作家)
10月2日 平原綾香(シンガーソングライター) × 栗原友(料理家)
10月16日 瀬崎祐介(鰹節職人) × 武田双雲(書道家)  

テーマ曲[編集]

椎名林檎「孤独のあかつき」(作詞:渡辺あや、作曲・編曲:椎名林檎)

ナレーション[編集]

過去[編集]

  • 吉田羊(2013年4月6日 - 2019年3月23日)

パイロット版[編集]

2013年1月3日 22時から22時59分まで、NHK Eテレでパイロット版SWITCHインタビュー 達人達「サッカーとマンガのあいだ〜佐々木則夫×佐渡島庸平」』が放映された。この中で、サッカー日本女子代表監督・佐々木則夫とマンガ編集者・佐渡島庸平が互いの仕事について語り合った[11]

書籍[編集]

放映分のうち、いくつかが書籍化されている。

ぴあ

  • アントニオ猪木×天野篤(2014年2月28日)
  • 小山薫堂×佐藤可士和(2014年2月28日)
  • 宮藤官九郎×葉加瀬太郎(2014年3月26日)
  • 瀬戸内寂聴×EXILE ATSUSHI(2014年3月26日)
  • 林修×岩瀬大輔(2014年5月29日)
  • 是枝裕和×姜尚中(2014年6月30日)
  • 宮本亜門×北川悠仁(2014年6月30日)

集英社新書

  • 松井優征×佐藤オオキ(2015年3月7日)※対談が追加されている

脚注[編集]

  1. ^ a b 25年度番組について - 001.pdf - ウェイバックマシン(2013年10月19日アーカイブ分) - 平成25年度新番組(NHK放送総局長会見資料・2013年1月23日)
  2. ^ a b 平成25年度国内放送番組編成計画 - kokunai.pdf - ウェイバックマシン(2013年11月10日アーカイブ分) - 平成25年度放送番組編成計画(2013年2月4日発表)
  3. ^ 2014年4月 | SWITCHインタビュー ここだけの話:NHK
  4. ^ NHKネットクラブ 番組表ウォッチ!
  5. ^ a b c d e f g h i ()内は公式ブログ[3]またはNHKネットクラブ番組表ウォッチ[4]より。
  6. ^ スピンオフ ~僕らの“ボブ・ディラン”を探して~ 音楽界の生ける伝説ボブ・ディランの足跡をたどる、佐野と浦沢によるNY二人旅。
  7. ^ 地震発生で放送中断したため、翌週再度放送。
  8. ^ 志村けんが新型コロナウイルスによる肺炎のため2020年3月29日に死去したことを受け、perfumeのSNSによる追悼コメントを付け加えて、2020年5月8日深夜に再放送された。
  9. ^ NHK Eテレ『SWITCHインタビュー 達人達「志村けん×Perfume」』再放送”. cinra.net (2020年4月30日). 2020年10月27日閲覧。
  10. ^ “古坂大魔王×田原総一朗「SWITCHインタビュー」La.mama舞台に語り合う”. お笑いナタリー (ナタリー). (2017年5月29日). http://natalie.mu/owarai/news/234546 2017年6月4日閲覧。 
  11. ^ SWITCHインタビュー 達人達 | NHK 年末年始番組ガイド 冬ナビ[リンク切れ](NHKウェブサイト、2013年1月24日閲覧)

外部リンク[編集]

NHK Eテレ 土曜22時枠
前番組 番組名 次番組
SWITCHインタビュー 達人達
-