藤田弓子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじた ゆみこ
藤田 弓子
生年月日 (1945-09-12) 1945年9月12日(72歳)
出生地 日本の旗 日本東京都目黒区
血液型 A
職業 女優声優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台アフレコ
配偶者 河野洋(1984年 ‐ )
事務所 エム・ケイ・ツー
主な作品
テレビドラマ
あしたこそ
マー姉ちゃん
三匹のおっさん

映画
泥の河
さびしんぼう

バラエティー・教養番組
小川宏ショー
連想ゲーム
備考
身長:158cm、体重:55kg

藤田 弓子(ふじた ゆみこ、1945年9月12日 - )は日本の女優声優。エム・ケイ・ツー所属。東京都目黒区自由が丘生まれ[1]

来歴・人物[編集]

父方の祖父は不二サッシの創業者[1]。小学5年からラジオ東京赤胴鈴之助』に3年間出演。東京都立城南高等学校卒業後[2]文学座に入る。

1967年に『カンガルー』で初舞台。

1968年の『あしたこそ』でヒロインを演じる。

1973年7月から1975年3月まで、フジテレビ系の人気番組『小川宏ショー』のサブ司会者を務め、朝の顔となる。なお、当番組を降板した直後には、週刊プレイボーイ誌上で大胆なヌードを披露して世間を驚かせた。のちに平凡パンチ誌上、また『瀬降り物語』『三日月情話』をはじめいくつかの映画やテレビ作品でもヌードを披露している。

1985年の『さびしんぼう』で尾美としのりの母親役を演じ、キネマ旬報最優秀助演女優賞を受賞。

1984年に、放送作家河野洋と結婚。現在は静岡県伊豆の国市で、自然に囲まれた環境での暮らしを楽しむと共に、当地の劇団「いず夢」を主宰している。

またNHKの『連想ゲーム』では、番組末期の1988年4月から1991年3月の最終回まで3年間、女性陣チームの6代目紅組キャプテンを務めた。

女優業の傍ら、日本テレビ系列の『遠くへ行きたい』などで、旅番組の案内役としても度々出演している。ほかテレビ、舞台、講演でも活躍中。

2013年、社団法人日本喜劇人協会副会長に就任した。

出演[編集]

映画[編集]

*太字はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

吹き替え[編集]

その他のテレビ番組[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 木村隆『この母ありて』 青蛙房 2010年 201頁
  2. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.557

外部リンク[編集]