この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

深田恭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふかだ きょうこ
深田 恭子
深田 恭子
本名 深田 恭子
生年月日 1982年11月2日(33歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都北区
身長 163 cm
血液型 O型[1]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1996年 -
事務所 ホリプロ
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
TVドラマ
神様、もう少しだけ』/『ファイティングガール
南くんの恋人』/『富豪刑事』/『天地人
平清盛
映画
死者の学園祭』/『下妻物語
ヤッターマン
こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE 〜勝どき橋を封鎖せよ!〜
ルームメイト

深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日[1] - )は、日本女優歌手タレント本名同じ[要出典]愛称は、深キョン(ふかキョン。表記揺れフカキョン)、きょーこりん表記揺れ恭子りん)。

東京都北区出身[2]ホリプロ所属。

来歴

1996年、中学2年生の時に第21回ホリプロタレントスカウトキャラバン「PURE GIRLオーディション」で2万人近い応募者の中からグランプリを受賞し[3]、芸能界入り。1997年、ドラマ『FiVE』(日本テレビ)にレギュラー出演し、女優デビュー。

1998年、スカウトキャラバンの出身者を中心に結成されたアイドルユニットHiP」に参加(翌年夏の「HiP」卒業までラジオ番組やイベントなどに出演)。同年夏に放送された、金城武主演ドラマ『神様、もう少しだけ』(フジテレビ)で一躍脚光を浴びた。10月から2002年3月までニッポン放送のラジオ番組『深田恭子 IN MY ROOM』のパーソナリティーを務める。

1999年、『鬼の棲家』(フジテレビ)でドラマ初主演。同年5月に「最後の果実」をリリースし、歌手デビュー。その後発売されたピアノアルバム『Dear…』でピアノの演奏を行う。

2000年、赤川次郎原作の『死者の学園祭』で映画初主演。主題歌「How?」を歌う。

2001年、同級生の加藤あい上良早紀らとともに堀越高等学校を卒業[4]。同年、世界水泳選手権福岡大会のイメージCGキャラクター・速水亜矢の声を務め、同大会開会式後に水の妖精をイメージしたドレス姿でダンスパフォーマンスを行う。

2002年、放送史上初の日韓合同制作・同時放送となったスペシャルドラマ『フレンズ』(TBS)に出演し、韓国の俳優・ウォンビンと共演。更に北野武監督作品『Dolls』でアイドル・山口春菜役を演じる。劇中、自身の曲「キミノヒトミニコイシテル」を披露するも、同年より歌手活動は事実上休業(但し、市販ではないが麒麟麦酒の「キリンチューハイ氷結」のCMソングを担当している)。以降、女優、タレント活動に専念。

2003年、デザイナー桂由美の春夏パリコレクションに着物風のドレスを着て舞台に立ち、モデルを経験。

2004年、映画『下妻物語』においてロリータ少女・桃子役を演じ、秋吉久美子小泉今日子と並び、第59回毎日映画コンクール主演女優賞を最年少受賞となったほか複数の賞を受賞。

2005年、主演した筒井康隆原作のドラマ『富豪刑事』(朝日放送)神戸美和子役が当たり役となる[要出典]。また、10月より『新堂本兄弟』(フジテレビ)で初のバラエティ番組レギュラー出演。

2006年、『富豪刑事デラックス』が初のシリーズ作品となる。

2008年1月、『未来講師めぐる』(テレビ朝日)主演により、12年連続のドラマ出演となる。2009年3月公開の映画『YATTERMAN 〜ヤッターマン〜』で悪役のドロンジョ役で出演が決定(役に合わせ2001年以来の金髪にしている。)。同年11月24日放送分のアニメ『ヤッターマンアニメ版SP』(読売テレビ)で本人役として出演。劇中、アニメ版のドロンボー一味が自身の持つ指輪を狙うという内容で実写版のドロンジョの格好でアニメ版ドロンボーと対決を行った。

2009年、大河ドラマ天地人』(NHK)に役で出演。初めての大河ドラマ出演となる。

2010年4月、映画『アリス・イン・ワンダーランド』の日本語吹替版で、アン・ハサウェイが演じる白の女王の声を担当[5]。初めて吹き替えの声優を経験した。

2012年、大河ドラマ平清盛』(NHK)にヒロイン・平時子役で出演。大河ドラマでのヒロイン役は自身初となる。

2015年8月、『100万回生きたねこ』で舞台に初挑戦[6]

人物

妹が1人いる。身長163cm[1]に比べると足が大きく、26cmある[独自研究?]かつて[いつ?]所属事務所から配布されたプロフィール用紙には「(足のサイズに)間違いありません。」(写真集等では「プリントミスではありません」)と但し書きされていたこともある。足のサイズがほぼ同じな和田アキ子から、ハイヒールのお下がりを貰ったこともある[要出典]

愛称「深キョン(ふかキョン。表記揺れ:フカキョン)」はブレイク後に呼ばれ出したもの[要出典]。発行20年以上になるアイドル雑誌『BOMB』(学研)では「きょーこりん(表記揺れ:恭子りん)」と呼ばれており、本人は愛称の中で一番「恭子りん」を気に入っている[要出典]

趣味・特技

デビュー間もない頃、『TV BROS[要文献特定詳細情報]のインタビューで趣味は手紙を書くことと語っている。本人曰く「学校の休み時間でも友達と喋ったりするより手紙を書いていることが多い」とのこと[要出典]

幼い頃から複数の習い事に通っていて[要出典]、なかでも2歳から始めた水泳は「前世はイルカ[7](だったかも)」と言う程に大好き。その水泳好き・プール好きな所から公式ファンクラブの名称は自身で「pool」と命名。ドラマ『華麗なるスパイ』、『神様、もう少しだけ』のタイトルバックや「ロッテ・ミントブルー」「キリン氷結ZERO」のCMでも実際に本人が泳いでいる映像が使用されている。4歳からピアノを始め[8]、作曲も行う。1999年リリースのピアノアルバムに収録されている『Into The Light』は自作曲。初バラエティ番組レギュラーとなった『新堂本兄弟』でも、堂本ブラザーズバンドの一員としてピアノを担当している[8]

「前々世はマリー・アントワネット」[7]と自負するほどフランス王妃マリー・アントワネットに憧れていて、2002年にはフジテレビ系特番『深田恭子が行く! 王子様探しの旅・私をベルサイユに連れてって』でフランス行きも果たす[9]

受賞歴

  • 1998年 第36回 ゴールデン・アロー賞 最優秀新人賞・放送新人賞
  • 1998年 エランドール賞 新人賞
  • 1998年 ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー
  • 1998年 第18回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞 (「神様、もう少しだけ」)
  • 1999年 第22回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞 (「to Heart 〜恋して死にたい〜」)
  • 2000年 第13回 日刊スポーツ映画大賞 新人賞(『死者の学園祭』)
  • 2001年 第24回 日本アカデミー賞 新人俳優賞(『死者の学園祭』)
  • 2001年 第12回 日本ジュエリーベストドレッサー賞 10代部門
  • 2001年 第2回ベストスイマー賞
  • 2001年 第30回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(「ファイティングガール」)
  • 2002年 第35回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞 ベストドレッサー賞(「リモート」)
  • 2003年 二十歳のベスト・パール・ドレッサー2003
  • 2004年 第59回 毎日映画コンクール 女優主演賞(『下妻物語』)
  • 2004年 第26回 ヨコハマ映画祭 主演女優賞(『下妻物語』)
  • 2004年 第14回 東京スポーツ映画大賞 主演女優賞(『下妻物語』)
  • 2005年 第28回 日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『下妻物語』)
  • 2005年 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2005 マックスファクタービューティースピリット賞
  • 2005年 第18回 DVD & ビデオでーた大賞 ベストタレント賞
  • 2006年 ネイルクイーン2006(女優部門)
  • 2009年 第2回ゴールド・メイクアップ賞モードファッション部門
  • 2009年 ネイルクイーン2009(女優部門)
  • 2009年 第19回 東京スポーツ映画大賞 助演女優賞(『ヤッターマン』)
  • 2009年 第52回ブルーリボン賞 助演女優賞(『ヤッターマン』)
  • 2010年 ネイルクイーン2010(女優部門)※殿堂入り[10]
  • 2015年 第26回日本ジュエリーベストドレッサー賞(30代)[11]

主な出演

テレビドラマ

映画

舞台

音楽番組

  • ありがとう尾崎豊 リクエストで甦る永遠の詩(NHK BS2、1998年4月) - 司会アシスタント
  • 新堂本兄弟(2005年10月 - 2011年3月、フジテレビ)[8]
  • 第60回NHK紅白歌合戦(2009年12月31日、NHK、ゲスト審査員)

バラエティ番組

ラジオ番組

ゲームソフト

テレビアニメ

CM

音声ガイド

作品

シングル

  1. 最後の果実(1999年5月19日)PCCA-01338 / PCCA-01339
    1. 最後の果実
    2. 海の彼方 空の果て
    3. あなたが知っている私が 本当の私とは限らない(bonus track)/ 最後の果実(Inst.)
  2. イージーライダー(1999年9月1日)PCCA-01355 ※角川文庫'99夏の名作150 CMソング
    1. イージーライダー
    2. イージーライダー(DJ SOMA GROW SOUND MIX)
    3. イージーライダー(Inst.)
  3. 煌めきの瞬間(2000年2月2日)PCCA-01406 ※ドラマ『イマジン』主題歌
    1. 煌めきの瞬間
    2. アトム ハート マザー
    3. 煌めきの瞬間(Inst.)
  4. How?(2000年7月19日)PCCA-01451 / PCCA-01451 ※映画『死者の学園祭』主題歌
    1. How?
    2. 左手
    3. How?(Inst.)
  5. スイミング(2001年6月6日)PCCA-80004 ※コーセーファシオCMソング
    1. スイミング
    2. Universe
    3. フィギュア
    4. スイミング(Inst.)
  6. キミノヒトミニコイシテル(2001年10月3日)PCCA-80006 ※コーセーファシオCMソング
    1. キミノヒトミニコイシテル
    2. キミノヒトミニコイシテル(Yukihiro Fukutomi Remix)
    3. スイミング(Mansfield Mix)
    4. キミノヒトミニコイシテル(Inst.)
  7. ルート246(2002年5月22日)PCCA-01686 / PCCA-70005 ※コーセーファシオCMソング
    • 深田恭子&ザ・ツートーンズ(DVD付き)
    1. ルート246
    2. ルート246(キョーコとよしおの東京ラヴストーリーmix)Remixed by DJよしお
    3. ルート246 (Inst.)

※以上はすべてポニーキャニオンよりリリース

アルバム

  1. Dear…(1999年11月17日)PCCA-01395
    1. Dear…
    2. Do They Know It's Christmas?
    3. Into The Light
    4. Canon
    5. Indigo In The Sky
  2. moon(2000年3月15日)PCCA-01422
    1. 煌めきの瞬間(Alternative Mix)
    2. あなたが知っている私が 本当の私とは限らない(2000 Mix)
    3. 午前4時の向こう側
    4. Into The Light
    5. 桜の園
    6. prayer
    7. 永遠の一日
    8. 胸いっぱいの愛を
    9. イージーライダー
    10. 黒い雨
    11. 最後の果実
  3. Universe(2001年11月21日)PCCA-01594
    • Piano:Kyoko Fukada
    1. キミニヒトミニ コイシテル(Yukihiro Fukutomi Remix)
    2. テレパシー
    3. スイミング
    4. 質問があるの
    5. 恋する胸のため息
    6. Universe(Strings Version)
    7. アメリカン・ショートヘアー
    8. キミノヒトミニ コイシテル
    9. フィギュア
    10. How?
    11. People
    12. Canon(fer remix by Sohichi Terada)
  4. Flow 〜Kyoko Fukada Remixes〜(2002年8月21日)PCCA-01732
    1. イージーライダー 「Groove That Soul Mix」
    2. キミノヒトミニコイシテル 「Jazztronik Mix」
    3. 恋する胸のため息 「Ram Jam World Mix」
    4. アメリカン・ショートヘアー 「Soul Bossa Trio Remix」
    5. 最後の果実 「Brent Mini's Haunted Mix」
    6. People 「Child's View Mix」
    7. ルート246 「キョーコとよしおの東京ラヴストーリーmix」

※以上はすべてポニーキャニオンよりリリース

  1. 日本昔ばなし〜フェアリーストリーズ 第3巻(2005年8月24日)COCX-33343

コロムビアミュージックエンタテインメントからリリース、「雪女のおくりもの」を朗読

Video & DVD

  1. for me(1999年1月、ポニーキャニオン)Video:PCVE-10883 / DVD:PCBE-00001
  2. to me(1999年2月、ポニーキャニオン)Video:PCVE-10884 / DVD:PCBE-00003
  3. for you(1999年12月、ポニーキャニオン)Video:PCVG-10640 / DVD:PCBG-00086
  4. to you(2001年6月、ポニーキャニオン)Video:PCVG-10756 / DVD:PCBG-50202
  5. 時間の国のアリス(2002年11月、パイオニアLDC)Video:PIVS-7416 / DVD:PIBW-7153
  6. 素顔の国のアリス(2002年11月、パイオニアLDC)Video:PIVS-7417 / DVD:PIBW-7154
  7. 女優ノンフィクション The Lost Treasure 同潤会アパート〜記憶の継承〜(2003年12月、ポニーキャニオン)DVD:PCBE-50799
  8. 深田恭子 in 下妻物語 メイキングDVD(2004年5月、アミューズソフトエンタテインメント)ASBY-2490
  9. 深田恭子 「天使」になる方法 メイキングDVD(2006年1月、ハピネット・ピクチャーズ)BIBJ-5884

書籍

写真集

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 深田恭子 プロフィール”. ホリプロ. 2016年4月12日閲覧。
  2. ^ a b “「いい部屋ネット」 新テレビCMに深田恭子さんを起用 「運命の出会いはきっとある。お部屋にも。」” (PDF) (プレスリリース), 大東建託, (2013年7月16日), https://www.kentaku.co.jp/corporate/pr/info/2013/b146470000001lb5-att/20130716.pdf 2016年2月8日閲覧。 
  3. ^ “「タレントスカウトキャラバン」グランプリに深田恭子さん”. zakzak. (1996年10月21日). オリジナル1997年7月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/19970714092336/http:/www.zakzak.co.jp/geino/n_October/nws200.html 
  4. ^ “深キョン 涙の卒業式 加藤あいらと堀越高巣立つ”. スポーツ報知. (2001年2月15日). オリジナル2001年12月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20011218114917/http:/www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/feb/o20010215_20.htm 
  5. ^ 余談だが両者は同年同月生まれである。
  6. ^ 深キョン、20年目の舞台初挑戦「新しい世界知る素敵な出合いに」”. スポニチアネックス (2015年2月18日). 2015年2月18日閲覧。
  7. ^ a b c “アントワネット風?金髪深キョン”. Sponichi Annex. (2001年5月18日). オリジナル2001年6月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20010604053239/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2001/05/18/06.html 2015年1月24日閲覧。 
  8. ^ a b c “深キョン「新・堂本兄弟」でバンド初体験”. Sponichi Annex. (2005年9月23日). オリジナル2005年12月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051219201723/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2005/09/23/05.html 2014年8月12日閲覧。 
  9. ^ “深キョン、ウエディングドレスでお姫様気分”. SANSPO.COM. (2002年1月31日). オリジナル2003年10月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031003152728/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200201/g_top2002013105.html 2015年11月21日閲覧。 
  10. ^ 深田恭子がネイルクイーン殿堂入り 「自分へのご褒美」”. ORICON STYLE (2010年11月29日). 2015年1月24日閲覧。
  11. ^ “深田恭子:結婚指輪は「予定ない」2度目のジュエリーベストドレッサー賞に喜び”. MANTANWEB. (2015年1月22日). http://mantan-web.jp/2015/01/22/20150122dog00m200084000c.html 2015年1月24日閲覧。 
  12. ^ 深田恭子,長瀬智也 (2003年8月14日). 夫婦役 息もぴったり. インタビュアー:福田淳. YOMIURI ONLINE.. オリジナルの2004-02-06時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040206050524/http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/zipzap/interview/zi03081401.htm 2014年11月27日閲覧。 
  13. ^ 中山雄一朗 (2013年7月30日). “深田恭子、「24時間テレビ」ドラマ最多3度目のヒロインに決定!”. シネマトゥデイ. 2015年1月24日閲覧。
  14. ^ 深田恭子、連ドラでコミュニティソーシャルワーカーに 福祉の心芽生え「何か人のためになれれば」”. TVfanWeb (2014年2月12日). 2015年11月21日閲覧。
  15. ^ 深田恭子、初CA役でドラマ主演 ほぼ全編NYロケ敢行”. ORICON STYLE (2014年4月28日). 2014年11月27日閲覧。
  16. ^ 深田恭子 (2014年11月25日). 深田恭子さん「女はそれを許さない」. インタビュアー:田中誠. YOMIURI ONLINE.. オリジナルの2015-11-22時点によるアーカイブ。. https://archive.is/20151122022007/http://www.yomiuri.co.jp/culture/tv/interview/20141115-OYT8T50026.html 2016年4月12日閲覧。 
  17. ^ 深田恭子、“ダメ女”を熱演!「ダメな私に恋してください」ドラマ化決定”. シネマカフェ (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  18. ^ コスプレから声優までこなす深キョンが両さん相手に2つの初挑戦”. MovieWalker (2011年8月1日). 2015年1月24日閲覧。
  19. ^ “「超高速!参勤交代」続編、佐々木蔵之介らおなじみキャスト結集!念願の福島ロケ実現”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2015年9月28日). http://eiga.com/news/20150928/1/ 2015年11月15日閲覧。 
  20. ^ 中山雄一朗 (2014年10月25日). “深キョンが手を縛られ傷だらけ…衝撃のビジュアル公開”. シネマトゥデイ. 2015年11月21日閲覧。
  21. ^ 深田恭子 (2015年10月2日). 【深田恭子インタビュー:その1】熱演中の初舞台「100万回生きたねこ」が大阪へ. インタビュアー:高橋晴代. 関西ウォーカー.. http://news.walkerplus.com/article/65772/ 2016年4月12日閲覧。 
  22. ^ “深田恭子:大照れのせりふCMに採用”. MANTANWEB. (2015年4月7日). http://mantan-web.jp/2015/04/07/20150407dog00m200051000c.html 2015年11月21日閲覧。 
  23. ^ “深田恭子、ラグビー部マネジャーで登場”. SANSPO.COM. (2002年3月13日). オリジナル2003年12月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031210160800/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200203/g_top2002031314.html 2015年11月21日閲覧。 
  24. ^ 深田恭子・綾瀬はるか・石原さとみらが真っ赤なワンピ姿で豪華に競演!”. 東京ウォーカー (2010年12月2日). 2015年1月24日閲覧。
  25. ^ “【CMのツボ】30代になっても美貌健在 人魚姫になった深キョンにクラッ”. zakzak. (2014年8月11日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20140811/enn1408110909002-n1.htm 2014年8月12日閲覧。 
  26. ^ テレビCM『ドッグシアター』 新シリーズ オンエアのお知らせ(日清紡ホールディングス)、2015年11月8日閲覧
  27. ^ CMキャラクターに女優の深田恭子さんを起用! TV-CM「FX LADYへの道」篇を1月26日から放映開始”. CM JAPAN (2016年1月29日). 2016年1月29日閲覧。
  28. ^ 深キョン、大好きな姉マツコと仲良くうなぎ屋さんへ!”. Smartザテレビジョン (2016年4月11日). 2016年4月12日閲覧。
  29. ^ 【オリコン】深田恭子の写真集が部門1位 ランジェリー姿も話題に”. ORICON STYLE (2014年3月20日). 2014年8月12日閲覧。
  30. ^ 小松芙未 (2014年11月25日). “サーファー深キョン、白ビキニの健康美がまぶしい!”. シネマトゥデイ. 2014年11月27日閲覧。

外部リンク