川崎亜沙美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「川﨑亜沙美」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
川崎 亜沙美
プロフィール
リングネーム 川崎 亜沙美
亜沙美
本名 川崎 亜沙美
身長 168 cm
体重 55kg
誕生日 (1984-10-18) 1984年10月18日(32歳)
出身地 大阪府岸和田市
所属 フリーランス
スポーツ歴 空手、柔道
デビュー 2003年11月24日
テンプレートを表示
かわさき あさみ
川崎 亜沙美
本名 川崎 亜沙美
別名義 亜沙美
川﨑 あさみ
生年月日 (1984-10-18) 1984年10月18日(32歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府岸和田市
血液型 B型
ジャンル 女優シンガーソングライター
活動期間 2006年 -
活動内容 舞台映画テレビドラマ
主な作品
映画
岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 女番哀歌 スケバンエレジィ
光る!
テレビドラマ
カーネーション

川崎 亜沙美(かわさき あさみ、1984年10月18日 - )は、日本女優、女子プロレスラーシンガーソングライター大阪府岸和田市出身。身長168cm、体重55kg、血液型はB型。

略歴・人物[編集]

プロレスラーとして[編集]

高校時代は柔道部に所属。JDスター女子プロレス解散後プラファーに所属していたが、2009年5月17日に退社し現在はフリー。スリーサイズはB86、W62、H93。リングネーム亜沙美(あさみ)としての活動で知られる。女優とプロレスラーの両方を兼ね備えた「アストレス」の4期生。

2009年12月13日に新宿FACEで開催される『BEGINNING』でレスラー復帰。復帰後は本名を使用し、BEGINNINGを中心に活動。

一方で休業していたプロレス活動については引退興行を開く予定[1]。しかし現在も正式な引退興行は未だに行われていない。

女優・タレントとして[編集]

2007年12月6日、芸名を本名の川崎亜沙美から「川﨑あさみ」に変更した。

2011年12月6日にNHK連続テレビ小説カーネーション』にヒロイン小原糸子の二女・直子(成人期)役として出演することが発表され[2][3][4]、2012年1月30日放送分から登場した[注 1]。芸名も本名に戻している。

2014年1月30日放送のビーバップ!ハイヒールにおいてJA農業協同組合勤務の男性と交際中であることを明かした。 長らくリコモーションであったが2015年8月5日更新のブログで退社したことを報告した[5]。 現在女優、タレントとしてテレビドラマ、バラエティー番組、情報番組、舞台に出演し活躍中である。

経歴・戦歴[編集]

2003年
  • 11月24日、神奈川・川崎市体育館において、対賀川照子戦でデビュー。
2006年
  • 3月25日の新木場1st RING大会で引退セレモニーをおこなう。
2009年
  • 9月6日のBEGINNING 新木場1st Ring大会で小林華子相手にエキシビションマッチ(キックボクシングルール)。
  • 12月13日のBEGINNING新宿FACE大会でプロレス復帰。

得意技[編集]

  • レッグ・ラリアット
  • かかと落とし
  • ダブルリスト
  • 上段蹴り

入場テーマ曲[編集]

  • 「Baby Hugh Hef」(フィールディーズドリームズ)

主な出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

その他[編集]

  • 岸和田競輪場開設63周年記念「G3岸和田キング争覇戦」(2012年) -ポスターモデル

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 『カーネーション』の主人公である小原糸子は岸和田市出身のファッションデザイナー・小篠綾子が、川崎が演じた小原直子は小篠綾子の次女であるコシノジュンコがモデルとなっており、川崎は実際にコシノとの対談を行った。『カーネーション』の舞台も実際に小篠が生活し、川崎の出身地でもある岸和田市となっており、川崎は当地の方言で、かつ自身も慣れ親しんだ泉州弁で演技した。
  2. ^ 2013年夏休みSP「石田英司のHOTジャーナル」に出演した事もあった。2015年4月から9月まで金曜17時台のコーナー「密着わくわく1日」を隔週で担当。
  3. ^ 「エレベーターで女性のバッグがひったくられる現場を監視カメラが捕らえた」という設定で、犯人にバックドロップ・ホールドで逆襲する女性を演じた。現在もこの映像をコラージュ(「講談社」のテロップやタイムレコードが消えている)されたGIF動画がいわゆる衝撃映像としてネット上で多く流通している。なお、犯人役はプロレスラーのDJニラ

出典[編集]

外部リンク[編集]