橋本環奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
はしもと かんな
橋本 環奈
橋本 環奈
2017年、福岡中央署 一日署長[1]
生年月日 (1999-02-03) 1999年2月3日(19歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県
身長 152 cm[2]
血液型 AB型[3]
職業 女優、歌手
ジャンル 映画テレビドラマCM
出演参照
活動期間 2007年 -
活動内容 2011年 俳優デビュー
2015年 歌手デビュー
2016年 映画初主演
来歴参照
事務所 アクティブハカタ
ディスカバリー・ネクスト
公式サイト Twitter/ Instagram/ LINE LIVE
外部リンク参照
主な作品
映画
セーラー服と機関銃-卒業-
ハルチカ
銀魂[4]
斉木楠雄のΨ難[5]
テレビドラマ
警視庁いきもの係

橋本 環奈(はしもと かんな、1999年2月3日 - )は日本女優歌手[3]福岡県出身[3]アクティブハカタ[6]およびディスカバリー・ネクストに所属[注 1]

来歴[編集]

2007年(小学校三年生当時)「テレビに出たい」と思い、母に頼み福岡の芸能事務所「アクティブハカタ」に所属する[10]。 初めは地方CMの仕事が中心だったがステージに立つのも楽しそうだなと思い2009年、事務所運営のダンス&ボーカルユニット「DVL」に参加する[11]また是枝裕和監督『奇跡』のオーディションを受け映画初出演[12][注 2]。 その後も事務所運営の児童劇団の舞台[注 3]地元テレビ局のドラマ[注 4]に出演。 小学校の卒業文集に将来の夢は“女優”と書いている[11][17][注 5]。 2013年5月 地元福岡の博多リバレインで開催されていたイベントに参加しており、そこで知名度急上昇のきっかけとなる「奇跡の一枚」にあたる写真が撮られることとなった[18]

「奇跡の一枚」 騒動[編集]

画像外部リンク
2013年5月3日(金) Rev.from DVL 博多リバレイン(午前)&天神中央公園の画像
―――「奇跡の一枚」[19]

2013年(中学校三年生当時)11月の3日から4日にかけイベントで踊っている写真がインターネット掲示板「2ちゃんねる」や「Twitter」などで急速に拡散[20]。 この「奇跡の一枚」と言われた写真の拡散によって“かわいすぎるローカルアイドル”や“1000年に1人の逸材”として注目を集める運びとなる[19]。 後者のキャッチフレーズの由来となった「NAVERまとめ」の「【千年に一人の逸材】博多のローカルアイドルが、かわいすぎるとネットで大騒ぎ【橋本環奈ちゃん画像】」というタイトルでまとめられた記事は11月7日に閲覧回数55万回を超え、所属事務所アクティブハカタの公式ウェブサイトのサーバーはアクセス過多で一時的にダウン[21][22]。 NHKの深夜ニュース番組「NEWS WEB」内のコーナーにあたりツイッター上で言及が急増した事物が紹介される「つぶやきビッグデータ」や、検索エンジン「Google」の検索回数を示す「グーグルトレンド」の急上昇ランキングにも登場、さらには中国のネット利用者にまで広がりを見せた[23]。 「グッド!モーニング」(テレビ朝日系)や「めざましテレビ」(フジテレビ系)などの情報番組にも取り上げられ、所属事務所によれば、この「ネットで話題」の状況を受けてテレビコマーシャル出演や取材のオファーが殺到する事態となった[24]。 また、この「奇跡の一枚」を見たKADOKAWA代表取締役・井上伸一郎は「一目ぼれ」をし、すぐに所属事務所へ「彼女で映画を撮りたい」とメールを送る[注 6][25]。 週末に福岡の駅で行われたライブイベント[注 7]に足を運び、その熱気のある舞台にうたれ、その場で「是非、私の映画で主演をして欲しい」と申し入れた事を映画『セーラー服と機関銃-卒業-』製作発表会見で明かした[25][27][28]。 2014年1月 ディスカバリー・ネクストとの業務提携を開始[注 8]。 1月29日発売のファッション雑誌「an・an」(No.1891)の表紙に単独で登場[31]。 “1000年に一人のアイドル”としてアイドル特集「秘かにアイドル研究!」のトップページを飾る[32]。 2月放送の日本テレビ系のテレビ番組「行列のできる法律相談所」でバラエティ番組に初出演[33]。 3月までに大手6社のテレビコマーシャル起用が決定[34]。 中学校の卒業式の数日前にあたる2014年3月9日にTwitterを開始[35]。 開設2日目にあたる11日にフォロワー総数2万人を突破した[36]

高校時代[編集]

2014年4月 バラエティ番組『みんなの青春のぞき見TV TEEN!TEEN!』(月曜19時00分 - 、RKB毎日放送[38])のレギュラーに抜擢され、お笑いコンビ・ピース又吉直樹綾部祐二らと共に番組司会を務める事となる[39]高校生[注 9]になった橋本は「初めてのレギュラー番組が始まるということで、ドキドキワクワクしています[39]。司会は初めてなので緊張していますが、頑張りますのでぜひ見てください!」と元気いっぱいに呼びかけた[39]。 また第一興商通信カラオケDAMチャンネル」のMCに起用され、さまざまなアーティストをゲストに迎え、歴代最年少の“11代目MC”を務めた[42]。 4月発売のファッション雑誌「Popteen」(5月号)でも初登場にして単独で表紙を飾り、誌面で5ページにわたる特集を受けた[43]。 同時期発売「週刊ヤングマガジン」でも表紙と巻頭グラビアに登場、自身初となるグラビア活動を披露[44]。 7月 フジテレビ系『水球ヤンキース』で全国放送の連続ドラマに初出演[45]藤野良太プロデューサーは「圧倒的な存在感と透明感を併せ持ち、彼女が登場人物たち、そして物語をつき動かしてくださると確信しています」と橋本の起用理由について述べた[46]。第6話で主演の中島裕翔と共演[47]。本格的な芝居に臨んだ橋本は「昨日も今日の朝もすごい手汗というか、すごく緊張しました。でも意外に、昨日も今日の撮影も終わるのがあっという間だった」と感想を語り、これから挑戦してみたい役はありますかと聞かれると「まだ全然やったことがないので、本当に何でもカモンで!」と、女優業への意欲も見せた[47]。 8月『絶品すぎるグルメ街に天使すぎるMC降臨!夏はサカスで満腹SP』(14時00分 - 、TBS系、生放送特別番組)のメーンMCを約1時間半にわたり務めた[48]。 11月 日経トレンディ『2014年のヒット人』に選出され俳優のムロツヨシと共に登壇[49]。「2014年ヒット商品ベスト30」の解説者として発表会の進行役を務めた[49][50]。 3月 映画『暗殺教室』に自律思考固定砲台“律”役で出演[51]。フジテレビの上原寿一プロデューサーは「抜群のかわいらしさも持つ“律”という特異なキャラクターを演じるのは、完璧さと可愛らしさを併せ持つ奇跡的な存在感を持つ人でなくてはいけませんでした」と橋本の起用理由について述べた[51]


2015年 バラエティー番組『Rev.from DVLのホーカゴ』(RKB毎日放送)[52]や『世界を変える魔法!アルゴリズミ子研究所』(NHK Eテレ[53]の番組司会として出演。 カップヌードルのCMでは高校生の間で流行の"バカッコイイ"技を披露し話題となる[54]。 またメンソレータムのCMでは、明るくハツラツとした“天使”が、セクシーで艶やかな“悪魔”を演じ、またたく間にネット上で話題となった[55][注 10]6月 品川プリンスホテルで行われた映画『セーラー服と機関銃-卒業-』制作発表会見で主人公、目高組四代目組長“星泉”役を演じることが発表[57]。 本作が初主演にあたる橋本は「名だたる女優の先輩方が演じた作品なので、どのように、誰のようにではなく、橋本環奈らしく、自分らしく演じたいと思います」と抱負を述べ「重圧を封印し、勇気とポジティブな心を持って、映画の撮影に臨みたいと思います」と強い決意を宣言した[27]。 また今後の目標を聞かれると「ひとつのイメージにとらわれず、どんな役でも幅広く演じていける女優を目指したい」と真摯な眼差しを見せた[27]12月に解禁された予告篇で薬師丸ひろ子長澤まさみに続き主題歌『セーラー服と機関銃』でソロデビューする事が明らかとなる[58]。 2016年2月3日【MV】主題歌『セーラー服と機関銃』が一週間限定でU-NEXTにて先行独占配信[59]。 翌週11日から「Rev.from DVL公式チャンネル」で一般公開[60]。 また8日にNHK総合MUSIC JAPAN」の公開収録が行われた[61]。 一人でステージに立つことになる橋本は「誰もが出演を夢見るMJ そんな大きなステージで皆さんに向かって歌わせて頂くのはすごく緊張します」と心境を明かす[62]。 「でも一人で立ってるわけではなく、『セーラー服と機関銃-卒業-』に関わってくださったすべての皆さんがいる。」と語った[62][63]。 さらに20日フジテレビ「ミュージックフェア」で主題歌『セーラー服と機関銃』を披露した[64]。 2月23日に発売した主題歌『セーラー服と機関銃』はオリコンデイリーチャートで1位を獲得する[65]。 3月5日 映画公開初日、橋本は「この映画に関わって下さった全ての皆様のおかげで私は、映画・そして女優というお仕事が大好きになりました。この作品で初主演させて頂き、今回女優としての第一歩を踏ませて頂いた気がします。『セーラー服と機関銃』星泉は本日卒業致しますが、この作品で教えて頂いた全ての事を大切な糧として、また新たなる作品や役柄に向かって歩み始めます。」とファンならびに関係者へ感謝と決意のメッセージを送った[66]。 17日 映画『ハルチカ』で佐藤勝利ダブル主演を務めることが発表。 主演二作目となる橋本は「また高校に入学してひと騒動巻き起こすことになりました(笑)。卒業したり入学したりと目まぐるしく移り変わりますが、今回は等身大の高校生を演じますので、より自然体の橋本環奈演じますチカを楽しみにしていて下さい!」とファンにコメントを送った[67]


2016年4月『テストの花道 ニューベンゼミ』(月曜19時25分 - 、NHK Eテレ)でTOKIO城島茂バカリズムらと共に番組司会として出演[68]。 さまざまな勉強法をユニークな動画にし、現役高校生の視点で司会進行役を務め、橋本自身も動画制作に参加した[69]。 8月 映画『銀魂』の人気ヒロイン・“神楽”役を演じる事が分かった[70]。『銀魂』の世界観を表現するにあたり、橋本は「強くて愛らしく、マイペースな神楽に成りきって撮影に臨ませて頂いてます[70]。どうぞご期待下さい!勿論、神楽ならではの『鼻ホジ』や『ゲ○吐き』シーンも」とコメントした[70]。 また地毛をオレンジ色に染めた事でも話題となった[71][注 11]。 松橋真三プロデューサーによればヒロイン・神楽のキャスティングについては多少頭を抱えたともいい「福田監督小栗さんから橋本環奈さんしかいないだろうと言われ『なるほどね』と思い、そのまま決まりました」と橋本の起用理由について述べた[73][注 12]。 10月 映画『斉木楠雄のΨ難』がクランクイン[75]。 神様からも愛される才色兼備の完璧美少女でPK学園のアイドル“照橋心美[76]役を演じる事が分かった[77][注 13]。 12月7日「2016 FNS歌謡祭」第1夜に出演。主題歌『セーラー服と機関銃』で薬師丸ひろ子と共演を果たす[79]。 2017年3月3日『セーラー服と機関銃-卒業-』で日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞[80]。 この映画に関わったスタッフらに感謝の思いを伝え「この賞を励みにして、謙虚に誠実に、映画界と演技の道に人生を捧げる覚悟でこれからも精進していきたい」と宣言する[81]。 4日『ハルチカ』が公開[82]。 この春から女優業一本でやっていく覚悟を決め「私も誰かに勇気を与えられる存在になれたらいいなと思っています。一つ一つの事を丁寧にやって、次に繋げて行きたい」とこの先の目標を掲げた[83]高校を卒業[注 14]。 23日 三年間レギュラーMCを務めた『TEEN!TEEN!』が放送終了[86]。また27日の放送でバカリズムと共に『テストの花道 ニューベンゼミ』を卒業[87]。 3月31日 福岡で行われたラストライブで「Rev. from DVL」を卒業[88][89][注 15]

上京から現在まで[編集]

2017年4月 都内のイベントにて、女優業を本格化させるために上京を準備中だと語る[91]。 5月 フジテレビ系“月9”『貴族探偵第3話にゲスト出演[92]。 6月 7月期のフジテレビ系“日9”『警視庁いきもの係渡部篤郎が演じる須藤の相棒、動物マニアの新米巡査、“薄圭子”役を演じる事が発表された[93]。 連続ドラマ初ヒロイン役となる橋本は「渡部さんと、スピーディーでコミカルな掛け合いができるように心がけ、原作同様に須藤と圭子のコンビを良い形で築いていけたらと思っています。」と力を込めた[93]。 また制作プロデューサー貸川聡子は「相棒役の薄圭子はヒロインとしてはかなり独特なキャラクターですが、最強の可愛らしさの中に芯の強さを感じさせる橋本環奈さんが演じることで、とても愛すべき存在になると確信しています。」と橋本の起用理由について述べた[94]。 5日 ツイッターで投稿した「彼女とデートなう。 に使っていいよ😆笑」が9日間で約48万5000「いいね」を集め話題となった[85]。 24日に行われた都議選PRイベントで東京に住んでいる事や[95]自身のツイッターで都議選の投票を済ませたと報告した事で[96]東京都住民票がある事が明らかとなる[注 16]。 7月『銀魂』が公開[99]。撮影を振り返り「神楽」を演じた事で、自分自身も成長できたと言う橋本[注 17]。体当たりで演技に挑んだという橋本の本気やヒロイン役としての魅力は、共演した小栗菅田らの言葉からも充分に窺えた[72][99]。 9月『警視庁いきもの係』がクランクアップ[101]。連続ドラマの初ヒロイン、また本作のムードメーカーとして、スタッフ並びに座長渡部篤郎に支えて頂いたと終始元気いっぱいに感謝の言葉を送った[101]。 10月 東京・六本木ヒルズアリーナで開催された『第30回東京国際映画祭』オープニングセレモニーにて、若い世代に映画の魅力を伝えていくアンバサダーとして式典のトップバッターを務めた[90]。 11月 1月期のフジテレビ系(関西テレビ)“火9”『FINAL CUT』に出演[102]。 2018年1月 バラエティ番組『ぐるぐるナインティナイン』(木曜19時56分 - 、日本テレビ系)の人気コーナー『グルメチキンレース ゴチになります!19』の新メンバーとして出演する事が決まった[注 18]


2018年4月 昨年夏に大ヒットを記録した実写映画『銀魂』の続編である『銀魂2』に続投する事が正式発表[103]。 また10月期の日本テレビ系“日曜ドラマ”『今日から俺は!!』で、元ヤンキー女番長、ヒロイン・“早川京子”役として出演する事が発表された[104]。本作で福田雄一監督作品への起用は4作目となる。

出演[編集]

冒頭インフォボックス内、職業・ジャンルに関する主な出演項です。 バラエティー番組・ラジオなどの単発ゲスト出演・番宣などは含みません[注 19]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

  • 銀魂2(2018年8月、dTV) - 神楽 役[120]

音楽番組[編集]

バラエティ番組[編集]

その他のテレビ番組[編集]

ナレーション[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 17歳の輝き〜橋本環奈、全力疾走!〜(2016年2月26日、NHK BSプレミアム)[15][133]

ネット配信[編集]

CM[編集]

広告・広報[編集]

ゲーム[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

リリース日 タイトル 最高順位[251]
1st 2016年2月23日 セーラー服と機関銃[252] 11位(オリコン

タイアップ曲[編集]

曲名 タイアップ
セーラー服と機関銃 映画『セーラー服と機関銃-卒業-』主題歌[252]
悪魔なカンナ ロート製薬メンソレータム リップベイビークレヨン」CMソング[252]

映像作品[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

カレンダー[編集]

雑誌連載[編集]

関連書籍[編集]

受賞歴[編集]

2014年
2015年
2017年

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ タレント活動の窓口はディスカバリー・ネクスト[7]アクティブハカタとの業務提携(共同マネージメント[8])は従前通り[9]
  2. ^ オーデションを受けた正確な時期は不明だが週プレNEWSのインタビュー記事の「DVL加入後」である事[10]。および“anan (アンアン) 2017年 3月15日号 No.2044 74ページ”の「小5」との記述[11]から2009年4月から2010年3月の間と考えられる。撮影は2010年の夏から秋にかけて行われた[13][14]ドキュメンタリー番組『17歳の輝き〜橋本環奈、全力疾走!〜』オーデションの記録映像が放送された[15]
  3. ^ 2011年9月4日、児童劇団Pot Pokke(ぽっとぽっけ)公演第11弾「ぺったりゆうれい」(劇団員 ちはる役)で出演[16]ドキュメンタリー番組『17歳の輝き〜橋本環奈、全力疾走!〜』で稽古から初舞台までの様子が再現された[15]
  4. ^ a b 『住吉家物語〜わくわくが、家にやってくる〜』全10話+スペシャル
    とある一般家庭にスウェーデン留学生ホームステイがきっかけで巻き起こる事件とそれを家族みんなで解決する笑いと感動いっぱいのホームドラマ[111]。 2012年3月26日 - 4月6日(16:48 - 16:53)の平日10日間にRKB毎日放送で放送された[111]。 また2012年4月8日、15:30から30分枠でスペシャル番組が放送された[112]。 番組本編の動画はIKEA福岡新宮キャンペーンサイト[112]および、YouTube イケア・チャンネル[113]で一般公開された。 出演[114]入江雅人藤吉久美子高田里穂、橋本環奈[115]、Juliet[116]。脚本・監督:宅間孝行[114]。 制作・企画:Drill+ADK[117]提供:IKEA[112]
  5. ^ ドキュメンタリー番組『17歳の輝き〜橋本環奈、全力疾走!〜』映画「奇跡」のクランクアップで将来の夢は「女優になりたい」と語っている(小学校6年生当時)[15]
  6. ^ この時点では、何をやるのか企画立案はまったく無かった。
  7. ^ 2013年11月24日、博多駅マイング広場で行われた、マイング博多駅地下街、博多1番街の開業50年記念イベント「第1回 九州アイドルフェスin博多駅」[26]。当日は日曜日であり土曜日というのは井上伸一郎の記憶違いだと思われる。
  8. ^ この時点では正式所属ではなく業務委託。「橋本環奈」の業務提携(共同マネージメント[8][29])を開始[30]
  9. ^ 福岡県内[40]女子校[41]
  10. ^ WEB限定ムービー公開と同時に反響を呼びTwitterでは動画が6万回以上リツイートされ、Yahoo!トップ含め200本以上のネット記事にとりあげられ、さらには商品販売目標の200%を達成という旋風を巻き起こした[56]
  11. ^ 「初めて髪を染めました。最初に染めた時は茶髪になってしまって。合計4回染めて、あのオレンジ色になりました。撮影中も生え際がどんどん黒くなってしまうので、オレンジのマスカラで色をつけて。青色のカラーコンタクトにも挑戦しています。」―――橋本環奈インタビューより[72]
  12. ^ 神楽は橋本環奈がいいと言ったのは(小栗の妻)山田 優。―――製作秘話より[74]
  13. ^ 後日、全てのメインキャストが明かされた際に実に、橋本、新井吉沢ムロ佐藤が『斉木楠雄のΨ難』と『銀魂』両作品に出演している[78]。 このことについて松橋真三プロデューサーは「福田監督の中には演技プランみたいなものがあって、自分の求めていることをちゃんと表現できる人しかキャスティングしないんです。つまり、過去に合格点を出している人たちが残っていて再構築されている、という感じです」と橋本の起用理由について述べた[78]
  14. ^ 卒業式当日は「日本アカデミー賞 新人俳優賞」の授賞式と重なってしまい、一週間後に校長室で卒業証書授与式が行われた[80]。 一人で卒業する橋本の為に友達が見守りに来てくれる事となり[84]、帰りのバスの中で友達に撮られた写真が後の「彼女とデートなう。 に使っていいよ😆笑」となる[85]
  15. ^ 2017年4月1日 ブログにて8年間をともにしたメンバーへの思いを綴った[89]。「何よりも心の支えだったのはメンバーです。昨日はメンバーと一緒にずっと笑ってました。家に帰って何とも言えない気持ちになりました。一人ひとりがみんなの事を応援して~Rev.メンで良かったと思いました。」と最後の日を回顧し「メンバーやファンの皆さんが応援してくれるので私も前を向き、もっと頑張っていきたいと思いました。宜しくお願いします!」と気持ち新たに意気込んだ[89]
  16. ^ 多い時には1週間7日すべて福岡と東京を日帰りで往復[97]。1年の大半を東京で過ごすという多忙な生活を送っていた為[97]、東京に引っ越したという自覚があまり無いと言う[98]
  17. ^ ただの可愛いだけの神楽で終わらせたくなかった。 『ハゲおやじ、ラーメン3杯!』というセリフは普通に言うのか、『ハゲおやじぃ↗』と『じ』を上げるのかなど、何パターンか撮ってみて神楽らしいものを研究しましたね。 自分の中の新しい一面を見つけていくような感覚でした。ちょうどいいさじ加減で、ということは一切なくてラーメンを食べるときも、鼻をほじるときも、吐くときもすべて全力で振り切って。 鼻をほじるシーンは、福田監督から『奥まで、深くえぐれ』と言われました(笑)。小指でえぐりました。他の役者さんもみなさん、『こんなことまでやるんだ!』と思うようなことばかりされていました。私もそれを楽しんでいたところがあって、構えたりすることもありませんでした。 また現場で散々無茶振りをされたので、コメディ力を鍛えられた。―――橋本環奈インタビューより抜粋[100][72]
  18. ^ a b 新メンバーは中島健人と橋本環奈の二人[123]。橋本は『ゴチ』史上最年少の18歳でレギュラー加入となる[123]。また他のメンバーとは違い、毎回違うデザインの制服で出演する[122]。番組ルールに従い、一年を通して最下位になるとクビ(番組降板)となる[122]。橋本は「とにかく1年で早々に首にならないように頑張ります。」と意気込みを見せた[122]
  19. ^ レギュラー番組特筆性がある物のみ。PJ:芸能人およびノート:橋本環奈/過去ログ1を参照。
  20. ^ アーティストや俳優といった今をときめく表現者が、気鋭のクリエイターとタッグを組み、これまでにない新しい形の動画作品を制作していく番組「〇〇と新どうが」。テレビ東京LINE LIVEの連動プロジェクト第7弾 「橋本環奈×福田雄一」 LINE LIVE「Portrait Film Project」および「テレ東プレイ」で配信[142]。『橋本環奈と新どうが』 「橋本環奈とデートなうに使っていいよ。その1」「その2」「その3」 - created by 福田雄一
  21. ^ ロート製薬メンソレータム リップベビークレヨン「悪魔なカンナ」・RKB毎日放送「TEEN!TEEN!」コラボ企画[232]。 2015年8月下旬、番組内で告知・募集がされた[233]。 福岡県、佐賀県在住の女子高校生を対象に手作りの小悪魔ファッションで橋本環奈と一緒にTGC北九州・ロート製薬ステージでのランウェイを歩くという企画[232][233][234]。 衣装の製作過程からモデルウォーキングの練習(本人も参加)、イベント当日までの様子が放送された[235][236][237]

出典[編集]

  1. ^ a b “橋本環奈さんが一日署長 福岡県警の年末年始特別警戒で”. 日経電子版 (日本経済新聞). (2017年12月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24155460R01C17A2ACYZ00/ 2017年12月27日閲覧。 
  2. ^ “橋本環奈が「セクゾ」佐藤勝利を殴る、蹴る!衝撃のキャラ熱演!”. スポーツ報知 (報知新聞). (2017年3月4日). オリジナル2017年8月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140811015302/http://flying-postman.com/fukuoka/others/1929.html 2018年6月15日閲覧。 
  3. ^ a b c “橋本環奈のプロフィール”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年4月18日). https://www.oricon.co.jp/prof/546890/profile/ 2017年8月9日閲覧。 
  4. ^ “映画「銀魂」大ヒットに「非常に良い結果が出て感謝」テレ東社長”. スポーツ報知 (報知新聞). (2017年9月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170928-OHT1T50147.html 2017年9月29日閲覧。 
  5. ^ 2017年(平成29年) 興行収入10億円以上番組 (PDF)”. 一般社団法人 日本映画製作者連盟 (2018年1月). 2017年1月31日閲覧。
  6. ^ 橋本環奈ハシモトカンナ 所属:Activehakata”. アクティブハカタ. 2017年8月5日閲覧。
  7. ^ 橋本 環奈”. ディスカバリー・ネクスト. 2017年8月5日閲覧。
  8. ^ a b ディスカバリー・エンターテインメント – オフィシャルサイト - クリエイティブ&プロデュース”. ディスカバリー・エンターテインメント (2014年1月). 2015年5月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月20日閲覧。
  9. ^ 橋本環奈 正式所属のお知らせ”. ディスカバリー・ネクスト. 2017年8月5日閲覧。
  10. ^ a b “「天使すぎる!」と話題の美少女・橋本環奈「でも……あんまり“天使”って言わないでください!」”. 週プレNEWS (集英社). (2013年12月15日). http://wpb.shueisha.co.jp/2013/12/15/23664/2/ 2017年5月12日閲覧。 
  11. ^ a b c anan. “anan (アンアン) 2017年 3月15日号 No.2044[マイ・ベストコスメ]”. マガジンハウス. 2017年5月12日閲覧。
  12. ^ a b 映画.com. “奇跡 : 作品情報 - 映画.com”. エイガ・ドット・コム. 2017年5月17日閲覧。
  13. ^ アクティブハカタよかよかブログ. “☆映画『奇跡』出演情報★”. アクティブハカタ. 2017年8月7日閲覧。
  14. ^ 奇跡|支援作品”. 福岡フィルムコミッション. 2017年11月22日閲覧。
  15. ^ a b c d NHK ONLINE (2016年2月). “17歳の輝き〜橋本環奈、全力疾走!〜(NHK)”. 日本放送協会. 2016年2月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年12月30日閲覧。
  16. ^ アクティブハカタよかよかブログ. “ぺったり〜♪”. アクティブハカタ. 2017年5月25日閲覧。
  17. ^ “橋本環奈、主演女優デビューの覚悟「新たな一歩を踏みだした」”. ORICON NEWS (オリコン). (2016年3月11日). https://www.oricon.co.jp/news/2068270/full/ 2017年5月12日閲覧。 
  18. ^ “デビュー作がオリコン6位 Rev.from DVLブレイクまでの軌跡”. ORICON NEWS (オリコン). (2014年4月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2036837/full/ 2017年9月18日閲覧。 
  19. ^ a b “かわいすぎるローカルアイドル橋本環奈の「奇跡の1枚」はこうして出来た”. AOL News (AOL). (2014年1月31日). http://news.aol.jp/2014/01/31/local-idol/ 2017年9月18日閲覧。 
  20. ^ ““天使すぎる”橋本環奈に騒然、福岡のアイドルグループメンバー”. ナリナリドットコム (ナリナリドットコム). (2013年11月5日). http://www.narinari.com/Nd/20131123610.html 2017年9月18日閲覧。 
  21. ^ “【注目の美少女】Rev. from DVLの橋本環奈に話題沸騰!”. レゾリューション (GirlsNews). (2013年11月7日). http://www.girlsnews.tv/unit/113469 2014年7月16日閲覧。 
  22. ^ “ミレニアム級のかわいさ “1000年に1人の逸材”橋本環奈さんがヤンジャンで「うまるちゃん」に”. ねとらぼ (ITmedia). (2014年3月7日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1403/07/news103.html 2017年8月17日閲覧。 
  23. ^ “橋本環奈ちゃん、なぜ突然ブレークしたのか 首都圏ライブで「かわいい!」ツイッター拡散、テレビも盛り上げ”. J-CASTニュース (J-CAST). (2013年11月8日). https://www.j-cast.com/2013/11/08188529.html?p=all 2017年9月18日閲覧。 
  24. ^ a b “橋本環奈:福岡の“天使すぎる”アイドルが新宿駅前に降臨 ファン殺到でブレークに歓喜”. まんたんウェブ (MANTAN). (2013年11月17日). https://mantan-web.jp/article/20131117dog00m200014000c.html 2017年8月3日閲覧。 
  25. ^ a b “夢の中?……橋本環奈、『セーラー服と機関銃 - 卒業 -』主役に”. RBB TODAY (イード). (2015年6月23日). https://www.rbbtoday.com/article/2015/06/23/132568.html 2017年8月19日閲覧。 
  26. ^ “【動画】Rev.from DVL・♪逢いにきんしゃい@博多駅マイング広場・「九州アイドルフェスin博多駅」”. QBC九州ビジネスチャンネル (TMエンタープライズ). (2013年12月12日). http://qb-ch.com/news/20131212r1.html 2017年8月19日閲覧。 
  27. ^ a b c d “橋本環奈、角川映画40周年記念作品で映画初主演「自分らしい星泉を演じたい」”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2015年6月23日). http://tokyopopline.com/archives/43984 2017年5月13日閲覧。 
  28. ^ “橋本環奈の主演抜てきは「一目ぼれ」“奇跡の一枚”で即オファー KADOKAWA代表取締役が明かす!映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」製作発表会見3”. MAiDiGiTV (毎日新聞). (2015年6月23日). https://www.youtube.com/watch?v=q5NhDZ9NHy8 2017年5月13日閲覧。 
  29. ^ ディスカバリー・エンターテインメント – オフィシャルサイト - 芸能部”. ディスカバリー・エンターテインメント (2014年1月). 2015年4月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月20日閲覧。
  30. ^ ネットで話題の橋本環奈が所属するRev. from DVL共同マネジメント決定!”. ディスカバリー・ネクスト. 2016年8月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月5日閲覧。
  31. ^ マガジンワールド. “anan No. 1891 秘かにアイドル研究!”. マガジンハウス. 2017年5月20日閲覧。
  32. ^ マガジンワールド. “anan No. 1891 1000年に一人のアイドル! 橋本環奈さんが表紙に登場します!”. マガジンハウス. 2017年5月20日閲覧。
  33. ^ ““1000年に一人の逸材”橋本環奈がバラエティー初登場! どうしてもかなえたいワガママとは!?”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2014年2月14日). https://thetv.jp/news/detail/44465/ 2017年9月18日閲覧。 
  34. ^ “天使すぎる橋本環奈、大手6社CM決定”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞). (2014年3月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140302-1264594.html 2017年9月18日閲覧。 
  35. ^ ““天使すぎる”橋本環奈、ツイッター開始!”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2014年3月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0061303 2017年8月18日閲覧。 
  36. ^ “天使すぎるアイドル橋本環奈がツイッター”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞). (2014年3月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140311-1268877.html 2017年9月18日閲覧。 
  37. ^ “橋本環奈、“天使すぎる“姿に会場釘付け ファンとの交流を楽しむ”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年6月14日). https://mdpr.jp/news/detail/1376226 2017年11月2日閲覧。 
  38. ^ “RKBテレビ&ラジオ 春の番組改編を発表!”. FLYING POSTMAN PRESS FUKUOKA EDITION (ネイバー・シンク). (2014年3月19日). オリジナル2014年8月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140811015302/http://flying-postman.com/fukuoka/others/1929.html 2018年6月9日閲覧。 
  39. ^ a b c d ““天使すぎる”橋本環奈、地元福岡で初レギュラーMC”. ORICON NEWS (オリコン). (2014年3月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2035072/full/ 2017年5月22日閲覧。 
  40. ^ “ソフトB橋本環奈の天使すぎる始球式!?”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞). (2014年3月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140328-1276822.html 2017年10月18日閲覧。 
  41. ^ ““天使すぎる”橋本環奈、恋愛事情を明かす「恥じない行動をする」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年3月18日). https://mdpr.jp/news/detail/1340041 2017年10月18日閲覧。 
  42. ^ a b “『DAM CHANNEL』第11代MCに橋本環奈(Rev.from DVL)”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2014年4月1日). http://www.barks.jp/news/?id=1000101971 2017年8月17日閲覧。 
  43. ^ ““天使すぎる”橋本環奈、「Popteen」初登場で単独表紙 素顔を徹底解剖”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年4月1日). オリジナル2014年7月20日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/bnr0w 2017年8月5日閲覧。 
  44. ^ ““天使すぎる”橋本環奈、本格グラビアで“ピュアな色気””. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年4月16日). https://mdpr.jp/news/detail/1352992 2017年8月4日閲覧。 
  45. ^ a b ““天使すぎる”橋本環奈、「水球ヤンキース」出演が決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014年7月9日). https://mdpr.jp/news/detail/1387802 2017年8月4日閲覧。 
  46. ^ “橋本環奈、本人役で連ドラデビュー「色々吸収してきたい」”. ORICON NEWS (オリコン). (2014年7月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2039622/full/ 2017年5月22日閲覧。 
  47. ^ a b “橋本環奈が「水球ヤンキース」で“天使すぎる”演技を披露”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2014年8月22日). https://news.walkerplus.com/article/49706/ 2017年5月22日閲覧。 
  48. ^ a b “橋本環奈が“天使すぎる司会”に初挑戦”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞). (2014年8月7日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140807-1346866.html 2017年5月12日閲覧。 
  49. ^ a b c “橋本環奈、ソロ活動は否定!日経トレンディ「2014年のヒット人」に!”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2014年11月3日). https://www.cinematoday.jp/news/N0067762 2017年5月18日閲覧。 
  50. ^ “橋本環奈が今年のトレンドに選出 『2014年ヒット商品ベスト30』発表会”. ORICON NEWS (オリコン). (2014年11月13日). https://www.youtube.com/watch?v=ub-7PvVcO8Q 2017年5月22日閲覧。 
  51. ^ a b “橋本環奈、人工知能ロボット・自律思考固定砲台役で『暗殺教室』出演 二次元アイドルとして暴れた”. ORICON NEWS (オリコン). (2014年12月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2045325/full/ 2017年5月22日閲覧。 
  52. ^ a b c “天使過ぎる橋本環奈所属グループ『Rev. from DVL』のレギュラー新番組をU-NEXTで独占配信!”. アメーバニュース (サイバーエージェント). (2015年4月7日). http://news.ameba.jp/20150407-368/ 2017年5月12日閲覧。 
  53. ^ a b NHK ONLINE. “世界を変える魔法!アルゴリズミ子研究所(NHK)”. 日本放送協会. 2014年9月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月18日閲覧。
  54. ^ a b “橋本環奈、CMで“バカッコイイ”技に挑戦 テイク数は600回以上”. ORICON NEWS (オリコン). (2015年4月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2052169/full/ 2017年10月30日閲覧。 
  55. ^ 電通報. “「悪魔なカンナ」に見る、ヒットするムービーの作り方(後編)橋本環奈×田向潤×見市沖”. 電通. 2017年10月9日閲覧。
  56. ^ 電通報. “「悪魔なカンナ」に見る、ヒットするムービーの作り方(前編)橋本環奈×田向潤×見市沖”. 電通. 2017年10月9日閲覧。
  57. ^ “『セーラー服と機関銃』橋本環奈主演で2016年に復活!”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2015年6月23日). https://www.cinematoday.jp/news/N0074207 2017年5月22日閲覧。 
  58. ^ “橋本環奈がソロデビュー 主演映画予告編で歌声披露”. ORICON NEWS (オリコン). (2015年12月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2063480/full/ 2017年5月22日閲覧。 
  59. ^ “橋本環奈のソロデビュー曲「セーラー服と機関銃」MV、U-NEXTで先行独占配信”. クリスチャントゥデイ (クリスチャントゥデイ). (2016年2月3日). http://www.christiantoday.co.jp/articles/18888/20160203/hashimoto-kanna-sailor-suit-and-machine-gun-mv.htm 2017年5月22日閲覧。 
  60. ^ 【MV】橋本環奈ソロデビューシングル「 セーラー服と機関銃」(公式). YM3D: Rev.from DVL公式チャンネル.. https://www.youtube.com/watch?v=pWcMuZdmUq0 2017年5月22日閲覧。 
  61. ^ “NHK「MUSIC JAPAN」公録に刀剣男士、いきもの、大森靖子ら”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年1月13日). http://natalie.mu/music/news/172316 2017年5月22日閲覧。 
  62. ^ a b c “橋本環奈 NHK「MJ」初ソロ出演に「凄く緊張」”. ニッカンスポーツ・コム (日刊スポーツ新聞). (2016年1月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1595349.html 2017年5月22日閲覧。 
  63. ^ “次回「MUSIC JAPAN」に橋本環奈、超特急、いきもの、BIGBANGら”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年2月23日). http://natalie.mu/music/news/177240 2017年5月22日閲覧。 
  64. ^ “橋本環奈、「MUSIC FAIR」で「セーラー服と機関銃」主題歌を披露”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年2月19日). http://natalie.mu/eiga/news/176477 2017年5月22日閲覧。 
  65. ^ “橋本環奈、ソロデビューシングル「セーラー服と機関銃」がオリコンデイリー1位獲得”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2016年2月24日). http://www.musicman-net.com/artist/54743.html 2017年5月22日閲覧。 
  66. ^ 橋本環奈オフィシャルブログ. “セーラー服と機関銃-卒業-”. ディスカバリー・ネクスト. 2018年6月18日閲覧。
  67. ^ “セクゾ佐藤勝利&橋本環奈W主演、小説「ハルチカ」シリーズを実写映画化”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年3月17日). http://natalie.mu/music/news/180059 2016年8月12日閲覧。 
  68. ^ a b “橋本環奈、新番組で“集中力の鬼”に!?”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2016年4月1日). https://thetv.jp/news/detail/75402/ 2017年5月23日閲覧。 
  69. ^ NHK Eテレ. “NHK Eテレ テストの花道 ニューベンゼミ - ニガテ教科克服(2)古文SP!橋本環奈&井上苑子”. 日本放送協会. 2016年7月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年6月15日閲覧。
  70. ^ a b c d “実写映画「銀魂」に菅田将暉・橋本環奈・長澤まさみ・岡田将生ら主役級キャスト集結”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2016年8月4日). https://tokyopopline.com/archives/66130 2017年8月16日閲覧。 
  71. ^ “橋本環奈、チャイナ服のオレンジヘア”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年12月6日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1643182#anchor-4 2017年9月19日閲覧。 
  72. ^ a b c “小栗旬&菅田将暉、橋本環奈の鼻ほじは「アイドル界の歴史を変えた」”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2017年7月14日). https://news.walkerplus.com/article/114915/ 2017年10月12日閲覧。 
  73. ^ a b “小栗旬しかいない!『銀魂』実写キャストの起用理由は?”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2017年3月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0090345 2017年5月22日閲覧。 
  74. ^ “「銀魂」舞台裏に壮絶ドラマ&攻防戦!?小栗旬×佐藤二朗×福田雄一が語る爆笑製作秘話”. エイガ・ドット・コム. (2017年7月17日). http://eiga.com/news/20170717/8/ 2017年10月8日閲覧。 
  75. ^ “山崎賢人主演、実写『斉木楠雄のΨ難』キャスト&ビジュアル一挙!橋本環奈、吉沢亮、賀来賢人ら原作を完全再現”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2017年3月15日). https://www.cinematoday.jp/news/N0090273 2017年5月22日閲覧。 
  76. ^ 映画『斉木楠雄のΨ難』公式Twitter. “【キャラクター紹介:照橋心美】”. 映画「斉木楠雄のΨ難」製作委員会. 2017年5月23日閲覧。
  77. ^ a b “リアル心美にタジタジ? 「斉木楠雄のΨ難」麻生周一先生、橋本環奈を前に「おっふ」と言えず”. ねとらぼ (ITmedia). (2016年3月16日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1703/16/news121.html 2016年4月15日閲覧。 
  78. ^ a b “『銀魂』とのキャスト被りに意図は?実写『斉木楠雄のΨ難』キャスティングの裏側”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2017年5月9日). https://www.cinematoday.jp/news/N0091303 2017年5月23日閲覧。 
  79. ^ a b “「FNS歌謡祭」で薬師丸ひろ子と橋本環奈が“星泉コラボ”、新海誠コーナーも”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年11月27日). http://natalie.mu/eiga/news/210886 2017年5月16日閲覧。 
  80. ^ a b c “橋本環奈、アイドルから女優へ 日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年3月3日). https://thetv.jp/news/detail/102462/ 2017年8月18日閲覧。 
  81. ^ a b “【日本アカデミー賞】新人俳優賞、橋本環奈「演技の道に人生を捧げる」 高畑充希は“有言実行”喜ぶ”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年3月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2086950/full/ 2017年8月18日閲覧。 
  82. ^ “佐藤勝利&橋本環奈、卒業証書を受け取り感無量 『ハルチカ』初日舞台あいさつ”. ぴあ映画生活 (ぴあ). (2017年3月4日). http://cinema.pia.co.jp/news/170030/69916/ 2017年5月22日閲覧。 
  83. ^ “橋本環奈、高校卒業後の覚悟と決意”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2017年3月5日). https://www.cinematoday.jp/news/N0089550 2017年10月5日閲覧。 
  84. ^ 橋本環奈オフィシャルブログ. “前半です。笑”. ディスカバリー・ネクスト. 2018年6月18日閲覧。
  85. ^ a b “橋本環奈「彼女とデートなう。に使っていいよ」が50万いいねに届く勢い!”. RBB TODAY (イード). (2017年6月14日). https://www.rbbtoday.com/article/2017/06/14/152343.html 2017年8月9日閲覧。 
  86. ^ a b TEEN!TEEN!公式アカウント. “皆様TEEN!TEEN!を3年間見ていただきありがとうございました!”. RKB毎日放送. 2017年5月23日閲覧。
  87. ^ a b 【テストの花道 ニューベンゼミ】公式Twitter. “【ありがとう!バカリ先輩&環奈ちゃん】27(月)の放送でバカリズムさん、橋本環奈さんがニューベンゼミを卒業します。”. 日本放送協会. 2017年5月23日閲覧。
  88. ^ “橋本環奈擁するRev.from DVLが3月末で解散”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年2月6日). https://www.oricon.co.jp/news/2085534/full/ 2017年9月16日閲覧。 
  89. ^ a b c “橋本環奈、Rev.from DVL解散で「8年間、たくさんの事がありました」 “最後の日”に感じたメンバー&ファンへの思いを告白”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年4月2日). https://mdpr.jp/news/detail/1675898 2017年5月15日閲覧。 
  90. ^ a b c ユニジャパン. “第30回東京国際映画祭 「映画の未来の開拓」大使として 橋本環奈さん、「東京国際映画祭アンバサダー」に就任!!”. 東京国際映画祭. 2017年10月20日閲覧。
  91. ^ a b “橋本環奈“奇跡の一枚”から4年…グループ解散後の進路に迷い”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2017年4月18日). https://www.cinematoday.jp/news/N0091045 2017年5月15日閲覧。 
  92. ^ a b “橋本環奈“月9”『貴族探偵』ゲスト出演 第2話では実況配信にも参加”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年4月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2089666/full/ 2017年4月24日閲覧。 
  93. ^ a b c “橋本環奈が警官役で連ドラ初ヒロイン「コスプレ感が良い感じ」”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年6月1日). https://thetv.jp/news/detail/110868/ 2017年8月18日閲覧。 
  94. ^ a b “橋本環奈、髪を切り連ドラ初ヒロイン 渡部篤郎とコンビ結成「彼女のことを支えていきたい」/プロデュース 貸川聡子(共同テレビ)コメント”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年6月1日). https://mdpr.jp/news/detail/1690801#anchor-9 2017年8月31日閲覧。 
  95. ^ “橋本環奈さんがいろんな表情に挑戦!都議選PRイベント”. NB Press Online (NB Press Online). (2017年6月24日). http://www.nbpress.online/archives/1442 2017年7月3日閲覧。 
  96. ^ 橋本環奈 on Twitter. “本日は東京都議会議員選挙の投票日です。”. ディスカバリー・ネクスト. 2017年7月3日閲覧。
  97. ^ a b “橋本環奈、高校卒業で「甘えられないなという気持ち」 “社会人の自覚”芽生える”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年7月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2093353/full/ 2017年10月6日閲覧。 
  98. ^ “橋本環奈、“奇跡の一枚”から3年半…社会人になり「住民票も移しました(笑)」”. ORICON NEWS (オリコン). (2017年7月3日). https://www.oricon.co.jp/special/50100/ 2017年7月8日閲覧。 
  99. ^ a b c ““女優”橋本環奈のポテンシャルは?共演者も絶賛する才能と魅力”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2017年7月16日). https://www.cinematoday.jp/news/N0092953 2017年10月6日閲覧。 
  100. ^ Ameba official Press. “橋本環奈インタビュー 小栗旬から"1000年に1人"ネタ無茶振りで「コメディ力を鍛えられた」”. サイバーエージェント. 2017年10月8日閲覧。
  101. ^ a b c “橋本環奈「毎日が楽しい現場でした!」と満面の笑顔!『警視庁いきもの係』クランクアップ”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年9月8日). https://thetv.jp/news/detail/120507/ 2017年9月10日閲覧。 
  102. ^ a b “亀梨和也、フジ火9ドラマ主演で”復讐に燃える男”に!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年11月22日). https://thetv.jp/news/detail/128686/ 2017年11月22日閲覧。 
  103. ^ a b “「銀魂2」に菅田将暉&橋本環奈が続投決定!“万事屋”そろい踏みのキャラビジュアル披露”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2018年4月16日). http://eiga.com/news/20180416/3/ 2018年5月3日閲覧。 
  104. ^ a b “橋本環奈、ヤンキー節炸裂!ドラマ「今日から俺は!!」清野菜名とWヒロインに”. シネマカフェ (イード). (2018年4月19日). https://www.cinemacafe.net/article/2018/04/19/56379.html 2018年5月3日閲覧。 
  105. ^ “橋本環奈、人工知能ロボット・自律思考固定砲台役で『暗殺教室』出演 二次元アイドルとして暴れた”. ORICON NEWS (オリコンスタイル). (2014年12月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2045325/full/ 2014年12月2日閲覧。 
  106. ^ “映画『暗殺教室〜卒業編〜』最終作戦はヌルフフフフッ!殺せんせーの謎も”. シネママニエラ (ギャラリーくぼた). (2016年2月10日). http://www.cinemaniera.com/movie/23976 2016年5月15日閲覧。 
  107. ^ “大ヒット公開中!“役として生きる”映画「ハルチカ」橋本環奈インタビュー”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2017年3月24日). https://news.walkerplus.com/article/104498/ 2017年10月6日閲覧。 
  108. ^ “『銀魂2』は真選組動乱篇と将軍接待篇を融合した内容に!正式タイトルも発表”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2018年6月14日). https://www.cinematoday.jp/news/N0101530 2018年6月14日閲覧。 
  109. ^ “山崎賢人&橋本環奈がイメージ覆す熱演!「斉木楠雄のΨ難」福田雄一監督が太鼓判”. 映画.com (エイガ・ドット・コム). (2017年5月9日). http://eiga.com/news/20170509/4/ 2017年9月19日閲覧。 
  110. ^ “橋本環奈の“完璧美少女”っぷりがスゴい! 『斉木楠雄のΨ難』場面写真が到着”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2017年10月6日). http://www.crank-in.net/movie/news/52001 2017年10月7日閲覧。 
  111. ^ a b テレビ番組のお知らせ 住吉家物語 ”わくわくが、家にやってくる””. IKEA福岡新宮. 2017年8月18日閲覧。
  112. ^ a b c IKEA 福岡新宮キャンペーンサイト”. IKEA 福岡新宮 (2015年4月). 2012年4月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年9月18日閲覧。
  113. ^ YouTube イケア・チャンネル (2012年3月). “YouTube イケア・チャンネル「住吉家物語〜わくわくが、家にやってくる〜」”. IKEA. 2017年9月19日閲覧。
  114. ^ a b アクティブハカタよかよかブログ. “まもなく放送”. アクティブハカタ. 2017年5月15日閲覧。
  115. ^ HISTORY 橋本 環奈(13)「IKEA」ドラマ”. アクティブハカタ. 2013年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月15日閲覧。
  116. ^ Free Wave (2014年). “ジュリエット”. フリー・ウエイブ. 2017年9月19日閲覧。
  117. ^ Drill Inc.. “IKEA Fukuoka Shingu “Docutainment show””. ドリル. 2017年9月19日閲覧。
  118. ^ “渡部篤郎と橋本環奈、“うたのお兄さん”と「おかあさんといっしょ」の曲を歌う!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年7月8日). https://thetv.jp/news/detail/114412/ 2017年9月10日閲覧。 
  119. ^ FINAL CUT(ファイナルカット)|関西テレビ放送 KTV”. 関西テレビ放送. 2017年12月26日閲覧。
  120. ^ “橋本環奈がドラマ「銀魂2(予定)」に参加! 橋本画伯の魂のティザービジュアルも公開!!(1/2)”. ニュースウォーカー (KADOKAWA): pp. 1-2. (2018年6月4日). https://news.walkerplus.com/article/149169/ 2018年6月4日閲覧。 
  121. ^ “次回「MUSIC FAIR」にTOKIO、矢井田瞳、ももクロ、橋本環奈”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年2月16日). http://natalie.mu/music/news/176393 2017年5月16日閲覧。 
  122. ^ a b c d “橋本環奈「ゴチになります!」制服姿を披露、「新鮮さというよりは安心感」”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年1月25日). https://natalie.mu/eiga/news/266646 2018年5月3日閲覧。 
  123. ^ a b c “橋本環奈&Sexy Zone中島健人、「ぐるナイ」ゴチ新メンバーに決定”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年1月18日). https://mdpr.jp/news/detail/1741309 2018年1月18日閲覧。 
  124. ^ NHK. “世界を変える魔法!アルゴリズミ子研究所 第二弾 (7/16ほか)”. 日本放送協会. 2017年8月5日閲覧。
  125. ^ NHK BS1. “our SPORTS!「橋本環奈の知っとカンナ!」(NHK BS1)”. 日本放送協会. 2017年8月18日閲覧。
  126. ^ NHK ONLINE. “our SPORTS!「橋本環奈の知っとカンナ!〜幼児期の遊びの重要性〜」”. 日本放送協会. 2017年5月12日閲覧。
  127. ^ NHK BS1. “our SPORTS!「橋本環奈の知っとカンナ!〜ストレッチのすすめ〜」(NHK BS1)”. 日本放送協会. 2017年8月18日閲覧。
  128. ^ NHK ONLINE. “our SPORTS!「橋本環奈の知っとカンナ!〜ストレッチのすすめ〜」”. 日本放送協会. 2017年5月12日閲覧。
  129. ^ NHK BS1. “our SPORTS!「橋本環奈の知っとカンナ!〜ロコモティブシンドローム〜」(NHK BS1)”. 日本放送協会. 2017年8月18日閲覧。
  130. ^ NHK ONLINE. “our SPORTS!「橋本環奈の知っとカンナ!〜ロコモティブシンドローム」”. 日本放送協会. 2017年5月12日閲覧。
  131. ^ “橋本環奈が人生初挑戦の海外リポート 「キュリオス」の舞台裏へ潜入”. 産経ニュース (産経デジタル). (2018年1月22日). http://www.sankei.com/entertainments/news/180122/ent1801220007-n1.html 2018年1月22日閲覧。 
  132. ^ “サカナクションの6.1chサラウンドライブが本日NHKで放送 語りは橋本環奈”. CINRA.NET (シンラ). (2018年1月7日). https://www.cinra.net/news/20180107-sakanaction 2018年1月8日閲覧。 
  133. ^ “橋本環奈のひと夏の成長捉えた記録番組、「セーラー服と機関銃」撮影現場に密着”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年2月25日). http://natalie.mu/eiga/news/177579 2017年8月5日閲覧。 
  134. ^ “あの『アイドル横丁祭!!』が第3回目、今度は中学生うた姫決定戦だ!”. 週刊アスキー (KADOKAWA). (2012年11月12日). http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/116/116396/ 2017年5月16日閲覧。 
  135. ^ “アイドル横丁祭“中学生うた姫決定戦”【CheekyParade、おはがーる、とちおとめ25、B♭.】【再放送】”. ニコニコ生放送 (ドワンゴ). (2012年11月18日). http://live.nicovideo.jp/watch/lv116870295 2017年5月16日閲覧。 
  136. ^ “"1000年に1人の逸材"のアイドル・橋本環奈、U-NEXTがライブ映像を独占配信”. マイナビニュース (マイナビ). (2014年1月10日). http://news.mynavi.jp/news/2014/01/10/325/ 2017年10月31日閲覧。 
  137. ^ U-NEXT. “Rev. from DVLのホーカゴ U-NEXT独占配信”. ユーネクスト. 2017年5月12日閲覧。
  138. ^ Kawaiian TV. “Rev.from DVLのホーカゴ -Kawaiian TV-”. カワイイアン・ティービー. 2017年5月12日閲覧。
  139. ^ “橋本環奈「女子力上げる」料理番組MCに初挑戦”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2015年5月18日). https://thetv.jp/news/detail/58868/ 2017年10月30日閲覧。 
  140. ^ 【橋本環奈出演情報!】本日24日(月)25:35〜放送!テレビ東京「〇〇と新どうが」に橋本環奈<アクティブハカタ所属 >が出演”. アクティブハカタ. 2017年7月30日閲覧。
  141. ^ テレビ東京. “橋本環奈×福田雄一 の映画「銀魂」タッグがおくる究極の「彼女とデートなう。」動画が完成!全3本をLINE LIVE「Portrait Film Project」で配信!”. テレビ東京. 2017年7月30日閲覧。
  142. ^ テレビ東京. “〇〇と新どうが プロジェクト第7弾 橋本環奈×福田雄一”. テレビ東京. 2017年8月9日閲覧。
  143. ^ 山口県LPガス協会 (2009年). “「山口県LPガス協会」CM公式HP / 02に出演”. 一般社団法人山口県LPガス協会. 2017年10月29日閲覧。
  144. ^ a b c d e f g h i 橋本環奈プロフィール”. アクティブハカタ. 2014年7月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月5日閲覧。
  145. ^ HISTORY 橋本 環奈(11)「ほっともっと」TVCM”. アクティブハカタ (2010年6月). 2013年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月15日閲覧。
  146. ^ HISTORY 橋本 環奈(12)「マクドナルドハッピーセット」TVCM”. アクティブハカタ (2011年2月). 2013年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月15日閲覧。
  147. ^ HISTORY 橋本 環奈(12)「全教研」TVCM”. アクティブハカタ (2011年12月). 2013年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月15日閲覧。
  148. ^ HISTORY 橋本 環奈(13)「キュートーシステム」TVCM”. アクティブハカタ (2012年7月). 2013年8月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年5月15日閲覧。
  149. ^ カラーコンタクト専門店Measis川越店. “『メアシスCM完成!!年末年始の営業案内!』”. メアシス. 2017年5月17日閲覧。
  150. ^ アクティブハカタよかよかブログ. “マネージャー現場レポート!”. アクティブハカタ. 2017年5月17日閲覧。
  151. ^ a b c d e f 住宅情報館. “住宅情報館 TVCM動画 CMギャラリー”. 住宅情報館. 2017年12月26日閲覧。
  152. ^ テレパック (2014年). “城南建設(株) 住宅情報館2014。”. テレパック. 2017年5月10日閲覧。
  153. ^ “Rev.from DVL、メンバー7人で「LOVEを詰めこんだCM」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年4月24日). http://natalie.mu/music/news/115195 2017年5月10日閲覧。 
  154. ^ “橋本環奈“天使”になって降臨”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年12月26日). https://mdpr.jp/news/detail/1455912 2017年5月10日閲覧。 
  155. ^ 橋本環奈、くりぃむしちゅーと晴れ着でご挨拶!“住まいの夢”を探しに、浮世絵の世界へ!?住宅情報館・新CMオンエア!”. ACTRESS PRESS. 2017年5月10日閲覧。
  156. ^ “CM初出演!lolがくりぃむしちゅー&橋本環奈とダンスで共演!”. ドリームニュース (グローバルインデックス). (2016年12月28日). http://www.dreamnews.jp/press/0000145084/ 2017年5月12日閲覧。 
  157. ^ “くりぃむ、橋本環奈出演の「住宅情報館」CMに和楽器バンドが初登場!過酷な撮影を救ったのは65名のエキストラ!?”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2017年12月27日). http://music-book.jp/music/news/news/171129 2017年12月27日閲覧。 
  158. ^ “映画、ドラマで活躍中の橋本環奈さん、「住宅情報館」新CMで、ひとり5役に挑戦!”. BIGLOBEニュース (BIGLOBE). (2018年4月13日). https://news.biglobe.ne.jp/economy/0413/dre_180413_4951572671.html 2018年4月13日閲覧。 
  159. ^ ““可愛すぎるアイドル”橋本環奈がナース姿に…地盤を固めたい”. RBB TODAY (イード). (2013年12月17日). https://www.rbbtoday.com/article/2013/12/17/115077.html 2017年8月5日閲覧。 
  160. ^ “【動画】“天使すぎる”橋本環奈、「白戸家」と初共演 お父さんの“隠し子”役?”. ORICON NEWS (オリコン). (2014年3月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2035722/full/ 2017年8月5日閲覧。 
  161. ^ ““天使すぎる”橋本環奈、NHKの“顔”に抜擢 ミニスカでキュートに行進”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年10月25日). https://mdpr.jp/news/detail/1344270 2017年8月4日閲覧。 
  162. ^ NHK. “NHKの広報動画集”. 日本放送協会. 2014年2月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月15日閲覧。
  163. ^ 受信料住所変更. 日本放送協会: NHK.. http://www.nhk.or.jp/info/about/others/video103.html 2017年8月15日閲覧。 
  164. ^ NHK. “NHKの広報動画集”. 日本放送協会. 2015年9月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月15日閲覧。
  165. ^ 受信料住所変更. 日本放送協会: NHK.. http://www.nhk.or.jp/info/about/others/video119.html 2017年8月15日閲覧。 
  166. ^ “【動画】橋本環奈の可愛すぎる「世界卓球2014」CMが話題に 浴衣や制服姿も披露”. AOL News (AOL): pp. 1-2. (2014年4月21日). オリジナル2014年4月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107004025/https://news.aol.jp/2014/04/21/hashimotokannna/ 2018年6月9日閲覧。 
  167. ^ テレビ東京開局50周年特別企画 JA全農 世界卓球2014 東京”. テレビ東京. 2018年6月9日閲覧。
  168. ^ ““天使すぎるアイドル”橋本環奈が『ガールフレンド(仮)』の新CMに”. ファミ通App (Gzbrain). (2014年4月28日). http://app.famitsu.com/20140428_364882/ 2017年8月17日閲覧。 
  169. ^ “【雪印メグミルク】『ネオソフト コクのあるバター風味』新TV-CM『ミニ環奈』篇平成26年10月1日(水)よりオンエア”. SankeiBiz (産経デジタル). (2014年9月30日). http://www.sankeibiz.jp/business/news/140930/prl1409301014010-n1.htm 2017年8月17日閲覧。 
  170. ^ “「アイカツ!」新コラボパートナーに天使すぎるアイドルの橋本環奈さんが就任 10月からアニメ3rdシーズン放送”. ねとらぼ (ITmedia). (2014年7月28日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1407/28/news113.html 2017年8月18日閲覧。 
  171. ^ “バンダイ、橋本環奈が「データカード アイカツ!2016シリーズ」で日本一のトップアイドルをめざすTVCMを公開”. navicon (ナビコン). (2015年9月14日). http://navicon.jp/news/32106/ 2017年8月18日閲覧。 
  172. ^ 新宿三丁目にハワイ専門店が 3 月 21 日(土)オープン (PDF)”. エイチ・アイ・エス. 2017年5月10日閲覧。
  173. ^ 検索スモールデータ(Yahoo!検索ガイド). “橋本環奈と梅宮辰夫が急上昇するきっかけになった「あのCM」とは?”. Yahoo! JAPAN. 2015年8月12日閲覧。
  174. ^ カップヌードル公式Twitterアカウント. “カップヌードル新CM「卒業式篇」本日より公開。”. 日清食品. 2017年8月15日閲覧。
  175. ^ 日清カップヌードル「OBAKA’s大学卒業式」篇 × ビートたけし・小林幸子・橋本環奈 TVCM”. CMソングMAX. 2017年1月20日閲覧。
  176. ^ ““天使すぎる”橋本環奈が悪魔に変身「唇 色づいてみる?」”. ORICON NEWS (オリコン). (2015年8月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2056950/full/ 2017年8月15日閲覧。 
  177. ^ リップベビー ロート製薬:商品情報サイト「悪魔なカンナ」「メンソレータムカンナ」”. ロート製薬 (2015年8月). 2015年8月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年10月29日閲覧。
  178. ^ “橋本環奈がCMもカ・イ・カ・ン、「セーラー服と機関銃」×ロート製薬。”. ナリナリドットコム (ナリナリドットコム). (2016年2月25日). http://www.narinari.com/Nd/20160236310.html 2017年5月10日閲覧。 
  179. ^ 【速報】#ロートリセ の新CMに #橋本環奈 さんの出演が決定! 第一弾は映画「セーラー服と機関銃-卒業-」とのコラボCM! 「カ・イ・カ・ン♡」 今すぐ新CMをチェック!!”. ロート製薬 (2016年2月25日). 2017年5月10日閲覧。
  180. ^ リセ ロート製薬:商品情報サイト「ロートリセ・セーラー服と機関銃-卒業-」(タイアップ)”. ロート製薬 (2016年2月). 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年10月29日閲覧。
  181. ^ ロート製薬「公式」アカウント. “【新CMスタート!】 #橋本環奈 さん出演の #ロートリセ 新CMを大公開\(^o^)/”. ロート製薬. 2017年5月10日閲覧。
  182. ^ リセ ロート製薬:商品情報サイト「瞳にクリアすぎる透明感」”. ロート製薬. 2016年3月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年10月29日閲覧。
  183. ^ “橋本環奈、商品デザインに初挑戦 チャーミングなイラストを披露”. TOKYO POP LINE (添野企画). (2016年4月25日). https://tokyopopline.com/archives/60684 2017年8月15日閲覧。 
  184. ^ リセ ロート製薬:商品情報サイト「瞳にクリアすぎる透明感」(橋本環奈コラボデザインパッケージ)”. ロート製薬 (2016年4月). 2016年5月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年10月29日閲覧。
  185. ^ “橋本環奈:猫耳&ショートパンツでセクシーな“黒猫”に 猫ポーズで「にゃあ」”. まんたんウェブ (MANTAN). (2016年8月8日). https://mantan-web.jp/article/20160807dog00m200029000c.html 2016年8月9日閲覧。 
  186. ^ リップベビー ロート製薬:商品情報サイト リップベビークレヨン リップ&アイ「黒猫カンナ」”. ロート製薬. 2017年10月29日閲覧。
  187. ^ メンソレータム公式アカウント. “【新CM今日から放送💋】 とろとろとろとろ 体温でとろけだす〜の♪”. ロート製薬. 2017年8月29日閲覧。
  188. ^ メルティクリームリップ ロート製薬:商品情報サイト”. ロート製薬. 2017年10月29日閲覧。
  189. ^ “橋本環奈:“校長”松本人志の言葉に思わず涙 CM共演で緊張も”. まんたんウェブ (MANTAN). (2015年12月28日). https://mantan-web.jp/article/20151227dog00m200015000c.html 2015年12月28日閲覧。 
  190. ^ “橋本環奈:新CMで金髪“ドール”に 目からビームも”. まんたんウェブ (MANTAN). (2016年3月9日). https://mantan-web.jp/article/20160308dog00m200032000c.html 2016年3月9日閲覧。 
  191. ^ “UHA味覚糖ぷっちょ新TV-CM 橋本環奈 グミになってバィーーンとぷっちょに突入!”目からビーム”の次は、”足からジェット噴射”!?”. ORICON NEWS (オリコン). (2016年8月30日). https://www.oricon.co.jp/pressrelease/57212/ 2017年8月18日閲覧。 
  192. ^ “橋本環奈『ぷっちょ』新CM出演!撮影日が誕生日で「素敵な1日に」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2017-3-10). http://www.sanspo.com/geino/news/20170310/ido17031005020002-n1.html 2017-3-10閲覧。 
  193. ^ “橋本環奈、ぷっちょのCMで映画「SING/シング」のブタ・ロジータとコラボ”. RBB TODAY (イード). (2017-3-10). https://www.rbbtoday.com/article/2017/03/10/149898.html 2017年5月10日閲覧。 
  194. ^ “ぷっちょスペシャルサイトがリニューアル!橋本環奈さん&話題の映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」コラボTV-CM&メイキング映像、ぷっちょ限定壁紙を公開!” (プレスリリース), UHA味覚糖, オリジナルの2017-7-23時点によるアーカイブ。, http://archive.fo/ZfEH3 2018-5-4閲覧。 
  195. ^ ディスカバリー・ネクスト. “【橋本環奈×ぷっちょ】映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」コラボCM出演中 詳しくはこちら。”. ディスカバリー・ネクスト. 2017-7-24閲覧。
  196. ^ a b “橋本環奈ちゃんに“あ~ん”してもらおう!”. RBB TODAY (イード). (2018-3-5). https://www.rbbtoday.com/article/2018/03/05/158703.html 2018-3-6閲覧。 
  197. ^ ゆめタウンイメージキャラクターに『橋本環奈(はしもとかんな)さん』が仲間入り (PDF)”. イズミゆめタウン. 2016-4-30閲覧。
  198. ^ a b c d e イズミ・ゆめタウン ゆめフェス ゆめバーゲン 橋本環奈”. CM Watch. 2017-1-7閲覧。
  199. ^ 九州労働金庫 九州ろうきん 「わたしでもつかえる」篇 橋本環奈”. CM Watch. 2016-7-11閲覧。
  200. ^ 7月22日公開 「非営利」篇 「ろうきんって…」と橋本環奈さん 「銀行となにがちがうのかんな?」”. CM Watch. 2016-7-23閲覧。
  201. ^ 9月2日公開 「ATM」篇 「ろうきんって…」と橋本環奈さん 「どこのATMでつかえるのかんな?」”. CM Watch. 2016-9-18閲覧。
  202. ^ 10月4日追記 「教育ローンキャンペーン」篇「カーライフローンキャンペーン」篇が公開”. CM Watch. 2016-10-12閲覧。
  203. ^ ろうきん九州. “ろうきん九州 - YouTube”. 九州労働金庫. 2017-10-2閲覧。
  204. ^ “橋本環奈、ドラクエCMでホイミンに!りゅうおう・北大路欣也と初共演!”. シネマトゥデイ (シネマトゥデイ). (2016-8-18). http://www.cinematoday.jp/page/N0085375 2016-8-18閲覧。 
  205. ^ “橋本環奈がブルーヘアに 体長60センチのキュートな妖精に変身”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017-11-20). https://thetv.jp/news/detail/128574/ 2017-11-20閲覧。 
  206. ^ “「崩壊3rd」,女優の橋本環奈さんを起用したテレビCMが放映開始。特別ログインボーナスでは「聖女祈祷のキャラカード」などを獲得のチャンス”. @4GamerNews (4Gamer.net). (2017-12-15). http://www.4gamer.net/games/366/G036683/20171215074/ 2017-12-16閲覧。 
  207. ^ “2分で読めるチャット型小説アプリ「DMM TELLER」初のTVCM!CMキャラクターに橋本環奈を起用!”. 産経ニュース (産経デジタル). (2017-12-21). http://www.sankei.com/economy/news/171221/prl1712210036-n1.html 2017-12-21閲覧。 
  208. ^ ORICON NEWS (2018-4). “橋本環奈のCM出演情報”. オリコン. 2018-4-21閲覧。
  209. ^ フジテレビイベントガイド. “東京公演 CM映像 <橋本 環奈>編”. フジテレビ. 2018-4-21閲覧。
  210. ^ ““天使すぎる”橋本環奈、当分は恋愛禁止 彼氏は「三十路になってから」”. ORICON NEWS (オリコン). (2013-12-6). https://www.oricon.co.jp/news/2031700/full/ 2017年5月16日閲覧。 
  211. ^ ““1000年に1人の美少女”と話題沸騰、サンタコスプレで降臨”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2013-12-24). https://mdpr.jp/news/detail/1311783 2017年8月4日閲覧。 
  212. ^ ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. “始球式は橋本環奈さん!開幕戦セレモニー詳細決定!”. 福岡ソフトバンクホークス. 2017年5月18日閲覧。
  213. ^ ソフトバンクホークス オフィシャルサイト. “開幕戦セレモニーをレポ。始球式の橋本環奈さん「緊張で心臓が…」”. 福岡ソフトバンクホークス. 2017年5月18日閲覧。
  214. ^ “電子秘書システムが機能強化。名刺自動取り込み機能を標準搭載”. ZDNet Japan (朝日インタラクティブ). (2014年4月1日). https://japan.zdnet.com/release/30067760/ 2017年5月17日閲覧。 
  215. ^ NIコンサルティング (2017-3). “NIコンサルティング - 橋本環奈さん広告写真メイキング”. 株式会社NIコンサルティング. 2017-10-4閲覧。
  216. ^ ““天使すぎる”橋本環奈、スパイダーマン風ミニスカ衣裳で新宿駅前に登場!”. シネマカフェ (イード). (2014年4月24日). http://www.cinemacafe.net/article/2014/04/24/23095.html 2017年5月16日閲覧。 
  217. ^ “橋本環奈、スパイダーマン風衣装で大興奮 「アメイジング・スパイダーマン2」前夜祭(1)”. MAiDiGiTV (毎日新聞). (2014年4月24日). https://www.youtube.com/watch?v=-XH37mK-NsI 2017年5月16日閲覧。 
  218. ^ “【動画】橋本環奈、制服姿で始球式! ノーバンに自己採点「90点」”. ORICON NEWS (オリコン). (2014-7-1). https://www.oricon.co.jp/news/2039277/full/ 2017年5月18日閲覧。 
  219. ^ “橋本環奈:“天使”もくまモンにメロメロ 可愛さ「かなわない」”. まんたんウェブ (MANTAN). (2014-8-1). https://mantan-web.jp/2014/08/01/20140801dog00m200006000c.html 2017年5月16日閲覧。 
  220. ^ “橋本環奈、天使すぎるCA姿で「U-mobile」をアピール”. ケータイ Watch (インプレス). (2014-8-5). http://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/660981.html 2017年8月17日閲覧。 
  221. ^ 中災防出版事業部. “キャンペーンポスター(ほっと一息・タレント) | ポスター | 中災防:図書・用品”. 中央労働災害防止協会. 2016-8-20時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月5日閲覧。
  222. ^ ““アイドル界のモンスター”橋本環奈をキンタロー。がハンティング!”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2014-11-17). https://news.walkerplus.com/article/52393/ 2017年5月16日閲覧。 
  223. ^ “アイドル界のモンスター?橋本環奈が登場! オンラインゲーム「モンスターハンター メゼポルタ開拓記」イベント(1)”. MAiDiGiTV (毎日新聞). (2014年11月13日). https://www.youtube.com/watch?v=ppbR-VDjvuI 2017年5月16日閲覧。 
  224. ^ 「私、怒ってます。」(橋本環奈):プラズマクラスター:シャープ”. シャープ. 2015-2-20時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017-9-25閲覧。
  225. ^ “タレント 橋本環奈さんを起用 プラズマクラスターのWebプロモーションを実施” (プレスリリース), シャープ, http://www.sharp.co.jp/corporate/news/150220-b.html 2017年8月17日閲覧。 
  226. ^ “おかげさまでブランド誕生20周年!「がぶ飲み」ブランド 全商品刷新!応援マネージャーとして橋本環奈さんを起用!2015年3月16日(月)より全国で新発売” (プレスリリース), ポッカサッポロフード&ビバレッジ, (2015-3-16), http://www.pokkasapporo-fb.jp/company/news/release/150316_01.html 2017年8月17日閲覧。 
  227. ^ “HIS、ハワイ州観光局公認の専門店オープン、新宿三丁目に”. トラベルビジョン (トラベルビジョン). (2015-3-12). http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=66242 2017年5月18日閲覧。 
  228. ^ “橋本環奈:“うさ耳姿”を初披露 「ちょっと面白かった」”. まんたんウェブ (MANTAN). (2015-3-31). https://mantan-web.jp/2015/03/31/20150331dog00m200054000c.html 2017年5月16日閲覧。 
  229. ^ “橋本環奈、セーラー服で始球式に登場 ノーバン達成に「カ・イ・カ・ンでした」”. TOKYO POPLINE (添野企画). (2015-10-14). https://tokyopopline.com/archives/50197 2017年5月18日閲覧。 
  230. ^ “橋本環奈の“デビル”仮装が可愛い Rev.fromDVLでハロウィーンパレード参加”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2015年10月25日). https://mdpr.jp/news/detail/1536859 2017年5月18日閲覧。 
  231. ^ パノラマ. “ロート製薬 リップベビー 悪魔に変身して橋本環奈と一緒に撮影!”. takagi presents TGC KITAKYUSHU 2015 by TOKYO GIRLS COLLECTION. 2017-5-14閲覧。
  232. ^ a b “CECIL McBEE、dazzlin、WEGOなど、ついにブランドラインアップが決定!道端アンジェリカ、橋本環奈、山本裕典、アーティストとしてMay J.など出演者が続々決定!”. CNET Japan (朝日インタラクティブ). (2015-9-3). https://japan.cnet.com/release/30115256/ 2017年10月30日閲覧。 
  233. ^ a b TEEN!TEEN!公式アカウント. “【10月17日 東京ガールズコレクションIN北九州  橋本環奈ちゃんと一緒にランウェイを歩こう!】”. RKB毎日放送. 2017-5-14閲覧。
  234. ^ Deview. “10月17日開催!!TGC(北九州)×ロート製薬ステージで橋本環奈と一緒にRunwayを歩こう!お洒落好きな女子高校生大募集!”. oricon ME. 2017-5-14閲覧。
  235. ^ TEEN!TEEN!公式アカウント. “本日15時30分ごろ TGC KITAKYUSHU 2015 公式LINEアカウントで、番組コラボステージを生中継!”. RKB毎日放送. 2017-5-14閲覧。
  236. ^ TEEN!TEEN!公式アカウント. “TGC KITAKYUSHU 2015 リップベビー×TEEN!TEEN!コラボステージ無事に終了しました!”. RKB毎日放送. 2017-5-14閲覧。
  237. ^ みんなの青春のぞき見TV「TEEN!TEEN!」. “2015年10月の放送内容”. RKB毎日放送. 2017-9-30閲覧。
  238. ^ 福岡発アイドル・アクティブハカタ所属『Rev. from DVL』のブログ. “【出演情報】イベント《ハイタッチ!大喜利 in イオンモール八幡東》”. アクティブハカタ. 2017年5月18日閲覧。
  239. ^ “「ウエコレマガジン」橋本環奈さんのウェディング姿を表紙に新装刊”. ORICON NEWS (オリコン). (2016-8-16). https://www.oricon.co.jp/pressrelease/52742/ 2017年10月30日閲覧。 
  240. ^ “新宿駅に橋本環奈が現わる!? 「ホイミスライム」の充電器が出現!”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2016-8-18). https://news.walkerplus.com/article/84572/ 2017-5-27閲覧。 
  241. ^ “スクエニ、橋本環奈さんがサンタガールに扮した『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』の広告を都内主要駅に展開 特別クエストも実施中”. Social Game Info (コロプラ). (2016-12-19). http://gamebiz.jp/?p=175266 2017-5-27閲覧。 
  242. ^ 都政新報電子版. “都政新報電子版【きょうの都政新報】(2017年4月18日号)(1面)▽都議選啓発=イメキャラに橋本環奈さん”. 都政新報. 2017年4月24日閲覧。
  243. ^ “橋本環奈、住宅情報館の新提案体験型住宅ショールーム「MY HOME LABO」館長に就任”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2017-8-28). http://music-book.jp/video/news/news/155590 2017-8-28閲覧。 
  244. ^ “小倉智昭、藤田ニコルらが生パフォーマンスに興奮! シルク・ドゥ・ソレイユ『ダイハツ キュリオス』2018年日本上陸”. music.jpニュース (エムティーアイ). (2017-10-13). http://music-book.jp/music/news/news/162019 2017-10-13閲覧。 
  245. ^ “【東京国際映画祭】橋本環奈&本田翼&染谷将太ら“豪華絢爛”レッドカーペット”. シネマカフェ (イード). (2017-10-25). http://www.cinemacafe.net/article/2017/10/25/53473.html 2017年12月26日閲覧。 
  246. ^ 日経トレンディネット (2017-10). “<抽選制セミナー>【日経エンタテインメント! Presents】「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2017」表彰式”. 日経BP社. 2017-10-26閲覧。
  247. ^ “橋本環奈、『銀魂』オーディションに数秒で合格「めちゃくちゃ早かった」”. ORICON NEWS (オリコン). (2017-11-3). https://www.oricon.co.jp/news/2100034/full/ 2017-11-4閲覧。 
  248. ^ 東京ドームシティ (2017-10). “イベント情報:東京ドームシティ ウィンターイルミネーション”. 東京ドーム. 2017-10-27閲覧。
  249. ^ “橋本環奈、すずらん柄の白ミニワンピで可愛らしく 「東京ドームシティ」イルミネーション点灯式1”. まんたんウェブ (MANTAN). (2017-11-9). https://mantan-web.jp/movie/KGC4SrYW6y8.html 2017-11-10閲覧。 
  250. ^ “橋本環奈のボイスを堪能!ガールフレンド(仮)×U-NEXTコラボキャンペーン”. ASCII.jp (KADOKAWA). (2015年10月25日). http://ascii.jp/elem/000/000/899/899151/ 2017年8月5日閲覧。 
  251. ^ “橋本環奈の作品”. ORICON NEWS (オリコン). (2016年2月22日). https://www.oricon.co.jp/prof/546890/products/single/ 2017年8月5日閲覧。 
  252. ^ a b c “橋本環奈、主演映画主題歌「セーラー服と機関銃」で2/23ソロデビュー”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2016-1-26). http://www.musicman-net.com/artist/53717.html 2017-5-14閲覧。 
  253. ^ Chu→Boh. “橋本環奈本”. 海王社. 2014年4月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年8月20日閲覧。
  254. ^ “橋本環奈「両親に内緒で」ウエディング衣装に”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014-10-7). http://natalie.mu/music/news/127951 2017年5月18日閲覧。 
  255. ^ KADOKAWA公式オンラインショップ. “夢の途中 橋本環奈in映画『セーラー服と機関銃 ‐卒業‐』フォトブック”. KADOKAWA. 2017年8月17日閲覧。
  256. ^ “「セーラー服と機関銃」橋本環奈の写真集発売記念イベントにファン700人”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年3月11日). http://natalie.mu/eiga/news/179530 2017年5月15日閲覧。 
  257. ^ “橋本環奈2018年カレンダー「私の大人な表情を感じて」画像を一挙解禁!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年10月31日). https://thetv.jp/news/detail/126326/ 2017年10月31日閲覧。 
  258. ^ KADOKAWA公式オンラインショップ. “月刊ザテレビジョン 首都圏版 28年4月号”. KADOKAWA. 2017-5-11閲覧。
  259. ^ “橋本環奈が「ちゃお」でマンガ化、“1000年に1人のアイドル”誕生の物語描く”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2015-4-3). http://natalie.mu/music/news/142999 2016-8-21閲覧。 
  260. ^ サイバーエージェント広報&IR担当. “「2014年Amebaネクストブレイクブロガー」授賞式!5名の豪華受賞者が勢ぞろい!!”. サイバーエージェント. 2017年9月18日閲覧。
  261. ^ “橋本環奈 : “今年一番の笑顔”に 坂上忍と「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」受賞受賞”. まんたんウェブ (MANTAN). (2014-11-7). https://mantan-web.jp/article/20141107dog00m200011000c.html 2014-11-7閲覧。 
  262. ^ “「Yahoo!検索大賞2014」アイドル部門は橋本環奈が受賞!”. ダ・ヴィンチニュース (KADOKAWA). (2014-12-10). https://ddnavi.com/news/217944/a/ 2017年9月18日閲覧。 
  263. ^ “深田恭子、桐谷美玲、橋本環奈ら受賞の「ジュエリーベストドレッサー賞」 世界のトップジュエリーお披露目”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2014-12-25). https://mdpr.jp/news/detail/1454018 2017年8月4日閲覧。 
  264. ^ “西内まりや:マギー、橋本環奈と「クリスマスに男性がジュエリーをプレゼントしたい女性」に選出”. まんたんウェブ (MANTAN). (2015-9-29). https://mantan-web.jp/article/20150929dog00m200013000c.html 2017年8月4日閲覧。 
  265. ^ “橋本環奈、校則で禁止されているネイルアートで受賞に「びっくり!」と驚き”. マイナビニュース (マイナビ). (2015-11-16). http://news.mynavi.jp/news/2015/11/16/373/ 2017年9月18日閲覧。 

外部リンク[編集]