岩田専太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いわた せんたろう
岩田 専太郎
Iwata Sentaro and Naruse Mikio.JPG
成瀬巳喜男(右)とともに(1949年)
生誕 1901年6月8日
東京市浅草区黒船町
(現・東京都台東区寿
死没 (1974-02-19) 1974年2月19日(満72歳没)
東京都
出身校 旧制尋常小学校卒業
職業 画家

岩田 専太郎(いわた せんたろう、旧字体:專太郞1901年6月8日 - 1974年2月19日)は、日本の画家、美術考証家。連載小説の挿絵を多く手がけ、数多くの雑誌・書籍の表紙で美人画を発表した。昭和の挿絵の第一人者として知られる[1]。妹は女優の湊明子[2]

人物・来歴[編集]

1901年(明治34年)6月8日、東京市浅草区黒船町(現在の東京都台東区寿)に生まれる[1]。旧制尋常小学校卒業後、菊池契月伊東深水に師事する[3]

1919年(大正8年)、十代後半から『講談雑誌』(博文館)で挿絵を発表しはじめる[1]。1923年(大正12年)9月1日の関東大震災で被災し、大阪に転居。中山太陽堂の経営する広告出版社プラトン社の専属画家となる[3]。同年創刊の『女性』(小山内薫編集)、翌年創刊の『苦楽』(直木三十五川口松太郎ら編集)[4]で、永井荷風らの連載小説の挿絵を描く[3]

1926年(大正15年)には東京に戻り、同市滝野川区田端476番地(現在の北区田端)に転居する。この界隈は「田端文士村」と呼ばれた町で、すぐ後には隣に川口松太郎が引っ越してきている。同年『大阪毎日新聞』に吉川英治が連載した『鳴門秘帖』に挿絵を描いて評判を呼び、「モダン浮世絵」と呼ばれた[5]

1937年(昭和12年)、映画監督山中貞雄の遺作となった四代目河原崎長十郎主演の映画『人情紙風船』(P.C.L.映画作品)の美術考証を手がけた縁で、1939年(昭和14年)、山中の遺した原案をもとに梶原金八が脚本を書き、河原崎が主演し、山中の助監督だった萩原遼が監督した映画『その前夜』(東宝映画京都撮影所作品)の美術考証を手がける[6]

1954年(昭和39年)、表紙絵及び挿絵が評価され、第2回菊池寛賞を受賞[7]

1974年(昭和49年)2月19日に死去[1]。72歳だった[3]

主な作品[編集]

絵画[編集]

美術館収蔵品[編集]

  • 「小休止」(1944年)(東京国立近代美術館
  • 「特攻隊内地基地を進発す(二)」(1945年)(東京国立近代美術館)

挿絵[編集]

LPレコードジャケット[編集]

画集[編集]

随筆[編集]

時代考証[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 日本経済新聞出版社公式サイト内の著作一覧「岩田専太郎」の項の記述を参照。
  2. ^ 『日本映画俳優全集・女優編』(キネマ旬報社、1980年)654頁「湊明子」の項の記述を参照。
  3. ^ a b c d 「ギャラリー和光」公式サイト内の「岩田専太郎」の項の記述を参照。
  4. ^ プラトン社」の項の記述を参照。
  5. ^ コトバンクサイト内の記事「岩田専太郎」の記述を参照。
  6. ^ 梶原金八」の項の記述を参照。
  7. ^ 菊池寛賞」の項の記述を参照。

外部リンク[編集]