石田芳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 石田芳夫 二十四世本因坊 (九段)
名前 石田芳夫
生年月日 1948年8月15日(67歳)
出身地 愛知県 
師匠 木谷實 
名誉称号 二十四世本因坊
段位 二十四世本因坊 (九段)
戦績
タイトル獲得合計 24
七大タイトル
棋聖 挑戦者 (1979)
名人 1期(1974)
本因坊 5期(1971-75)
王座 2期(1974・78)
天元 1期(1984)

石田 芳夫(いしだ よしお、1948年8月15日 - )は、日本囲碁棋士愛知県西春日井郡新川町(現清須市)出身、木谷實九段門下、日本棋院所属、九段。1971年に22歳の当時史上最年少で本因坊となって秀芳と号し、本因坊5連覇により二十四世本因坊を名乗る。正確な計算と形勢判断により「コンピューター」のニックネームがある。タイトル獲得数は24。

経歴[編集]

碁好きが嵩じて碁会所を開いていた父から小学2年の時に囲碁を教えられる。翌年木谷實が名古屋に来た際に同行していた大竹英雄初段(当時)と六子で打って認められ、その1957年に木谷に入門する。1963年入段。初勝利は同年5月1日(大手合泉谷政憲二段に黒番中押し勝ち)。 若手時代は同じ木谷門の加藤正夫武宮正樹とともに「黄金トリオ」「木谷三羽烏」と呼ばれた。1967年五段。1968年に首相杯争奪戦、69年に新鋭トーナメント戦優勝。1970年、六段で日本棋院選手権戦大平修三を3-1で破り初タイトル獲得、同年七段。四段時1967年から71年にかけて大手合30連勝を記録。

1971年、初の本因坊リーグ入りで6勝1敗で挑戦者となり、林海峰本因坊を4-2で破って22歳10ヶ月で本因坊位獲得。これは本因坊獲得の最年少記録であるとともに、井山裕太が20歳4か月で名人位を獲得するまで、三大タイトル(棋聖名人・本因坊)獲得の最年少記録ともなった。続いて2年連続で林のリターンマッチを受けたが防衛し、「林の天敵」とも言われた。本因坊は計5連覇。プロ十傑戦も1971、72年と2連覇。名人戦では、1973年に林海峰名人に挑戦するが、3連勝後の4連敗という七番勝負史上初のスコアで敗れる。翌74年に再度名人挑戦して林を破り、坂田栄男、林に次いで選手権制史上3人目の名人本因坊となる。これにより九段に推挙され、入段以来11年で九段到達の記録となった。同年王座も獲得し三冠。

1975年には第14期名人戦で大竹英雄に3-4、1976年には第31期本因坊戦で武宮正樹に1-4と、木谷門の兄弟弟子にタイトルを奪われる。1976年新名人戦第一期で大竹名人にリターンマッチを挑むが1-4で敗北。1978年には本因坊戦で加藤剱正本因坊への挑戦者となるが、最終局は必勝の碁をポカで落とし3-4で敗れる。1979年には挑戦者決定戦で坂田栄男を破り棋聖戦挑戦者となるが、藤沢秀行棋聖に1-4で敗れる。

その後も1984年の天元位獲得、1987年以後NHK杯優勝3回や、早碁選手権戦、NEC杯、IBM早碁オープン戦などの早碁棋戦優勝はあるが、過去の実績からすれば低迷と見られている[1]

1990年代は竜星戦準優勝、世界囲碁選手権富士通杯に何度か出場。2000年から棋聖戦リーグに4期連続在籍し、2000年にはBリーグ4勝1敗で趙善津と同率1位になるが、順位差で挑戦者決定戦進出を逃した。2001年にはNHK杯テレビ囲碁トーナメントで11年ぶりの優勝を果たした。2011年、第1回エステー&フマキラー囲碁マスターズカップでは準決勝進出。

2014年8月31日、クラウドファンディング13路盤選抜プロトーナメント戦で高尾紳路十段を破り優勝。

国際棋戦では、1987年に日中テレビ囲碁選手権戦で聶衛平を下した。富士通杯で1991、99年にベスト8進出、2010年には1回戦で睦鎮碩を破りベスト16に進むが2回戦で孔傑に敗れる。

2008年、60歳をもって規定により二十四世本因坊秀芳を名乗る。

2005年から2008年まで日本棋院棋士会(東京)会長。またテレビ等での囲碁解説者として、2006年度(前期)、08年度(後期)のNHK囲碁講座では講師を務める。1983年からは代々木上原に「二十四世本因坊秀芳囲碁さろん」を開いている。門下に高橋秀夫七段。

2010年5月20日、三王裕孝九段を破り、通算11人目の公式戦通算1000勝を達成。通算成績は1012勝612敗1無勝負(2011年3月)。

タイトル歴[編集]

他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

  • 大手合第一部優勝 1968、69年
  • NHK杯テレビ囲碁トーナメント 準優勝 1971、85年
  • 名人戦 挑戦者 1973、76年
  • 本因坊戦 挑戦者 1978年
  • 棋聖戦 挑戦者 1979年
  • 王座戦 挑戦者 1980年
  • 日本アジア航空杯争奪トーナメント 準優勝 1980年
  • 早碁選手権戦 準優勝 1987、2002年
  • NECカップ囲碁トーナメント戦 準優勝 1989年
  • IBM早碁オープン戦 準優勝 1989年
  • 竜星戦 準優勝 1992年
  • JT杯星座囲碁選手権戦準優勝 1999年
  • クラウドファンディング13路盤選抜プロトーナメント戦 優勝 2014年

リコー杯プロペア碁選手権戦 準優勝 1995年(中澤彩子とのペア)

  • 27期十段戦(1989)挑戦者決定戦進出
  • 16期碁聖戦(1991)挑戦者決定戦進出
  • 名人戦リーグ9期 1971-73、1975-78、1987-88年(在位を除く)
  • 本因坊戦リーグ6期 1971、1977-1980年(在位を除く)
  • 棋聖戦リーグ4期 2000-2003年 

受賞等[編集]

  • 秀哉賞 1970、71、74年
  • 棋道賞
    • 1968年 敢闘賞(31勝7敗)
    • 1969年 新人賞(35勝7敗)
    • 1970年 最多勝利賞(35勝9敗)、勝率第一位賞(.795)、連勝賞(9)
    • 1971年 最優秀棋士賞、最多勝利賞(36勝17敗)
    • 1974年 最優秀棋士賞
  • テレビ囲碁番組制作者会賞 1985年
  • ジャーナリストクラブ賞 1994年

棋風[編集]

地に辛い棋風で、三々を多用し、両三々も得意戦法とした。ヨセが強いという評価に加えて、序盤構想も意欲的である。大斜定石の研究家としても知られ、中国流布石に対抗する白番の有力な手法としても活用した。

置碁の名手としても知られ、1972年から2年間『棋道』誌上でアマチュアとの2子から5子局の指導碁シリーズを打ち、23勝1敗という結果だった。1983年から『レッツ碁』誌上ではプロ対プロの置碁対局も行い、九子置かせて57目負けなどの記録が残っている。また、2013年3月21日の囲碁ソフト「crazy stone」との四子局に敗退し、「人間なら打ってくる場所に打たない冷静さと柔軟さを感じた。天才かも」と述べた。

逸話[編集]

  • 1971年6月29日、第8期プロ十傑戦決勝5番勝負第3局で、2連勝の後梶原武雄九段との対局中、コウ立てせずに取り返し、反則負けを喫す。これは、タイトル戦初の反則負け。その後3勝2敗でタイトルを得ることには成功している。
  • 2002年2月21日、第26期棋聖戦七番勝負第5局の立会人を務める。この碁は、挑戦者柳時熏王立誠棋聖にリードしている状態でのダメ詰めで、あたりになっている6子を王が抜く意思を示したことから、物議を醸すこととなった。柳は終局の同意があったと主張し、王は聞こえず同意していないとして、立会人石田の判断を仰ぐこととなり、石田と主催誌読売新聞関係者は、録画や再検証により終局の同意が得られていないとし、そのまま対局は続行となった。王はこの勝利により3勝2敗となり、第6局も勝利し防衛に成功した[2]
  • 2006年4月9日NHK杯中野泰宏九段との対局。石田が右辺で見損じ、形勢を損ねたが、終局直前に中野が5子のアタリに突っ込むというテレビ棋戦史上初の大ミスを犯した。石田はこの石を抜き、左辺の黒の大石を取り大逆転。中野は即時投了した。中野のこのポカは、同年に関西棋院から発売された囲碁かるたに詠まれているが、中野は石田に申し訳ないことをしたと述べている[3]

その他人物像[編集]

  • 本因坊挑戦時の「林さんのいったいどこが強いんですか」という発言や、「コンピューター石田」のニックネームなどと相まって、クールというイメージにより「新時代の勝負師」など現代的棋士像の代表のように言われ、本因坊を奪取した頃には趣味のギターの弾き語りをする姿が雑誌に掲載され、現代っ子の本因坊として話題を集めた。また本因坊獲得時はまだ木谷の内弟子として生活し、「部屋住みの本因坊」とも呼ばれたが、翌年防衛を果たして独立を許された。
  • あだ名「コンピューター」について石田は、地の計算に熱心な自分を揶揄する意味で、高川格が言い出したのではないかと語っている[4]
  • 「秀芳」という雅号は、石田ら木谷門下と交流のあった書家佐々木泰南の命名による。
  • 1977年にコロムビアからレコード「忘れるぜ」「ひよわな花」を出し、歌手デビューした。このころから、1980年代前半ごろまで、口ひげを蓄えた時期があった。
  • IBM早碁オープン戦の初代優勝者となった時「早碁に強い者が本当に碁が強い」と発言し、論議を呼んだ。
  • 小学校六年生の時にホームシックからか平塚の木谷道場から脱走したことがある(「週刊囲碁パラダイス」における本人談)。

著作[編集]

打碁集
  • 『激闘の七番勝負 林・石田 第十二期名人戦』日本棋院、1974年
  • 『現代花形棋士名局選 (1) 石田芳夫』日本棋院 1975年
  • 『石田芳夫打碁集 (1)-(3)』大泉書店 1975年
  • 『第1期囲碁名人戦全記録』朝日ソノラマ 1977年
  • 『第33期本因坊戦全記録』毎日新聞社、1978年
  • 『激闘譜第三期棋聖決定七番勝負―藤沢秀行vs石田芳夫』読売新聞社、1979年
  • 『石田芳夫 (現代囲碁大系37,38)』講談社 1980年
  • 『石田芳夫 (現代囲碁名勝負シリーズ6)』講談社 1987年
  • 『石田芳夫のプロプロ置碁 (New別冊囲碁クラブ)』日本棋院 1987年
  • 『打碁鑑賞シリーズ (6) 石田芳夫 (囲碁文庫)』日本棋院、2004年
教則本
  • 『定石以前』日本棋院、1972年
  • 『石田本因坊囲碁講座』全7巻、産報、1973年-
  • 『木谷道場入門 1 布石のなかの定石』河出書房新社 1973年
  • 『木谷道場入門 2 布石の理論と実戦』河出書房新社 1973年
  • 『木谷道場入門 6 形勢判断とヨセ』河出書房新社 1973年
  • 『逆転力 ぼくはこうして勝つ』 実業之日本社 1974年
  • 『本因坊の星と三々』日本棋院、1974年
  • 『石田の碁』(全3巻:新手と新定石;逆転の手筋;布石展開)1975年 池田書店
  • 『遺恨試合―近世ー現代死闘の局精選』誠文堂新光社 1975年
  • 『基本定石事典 (上)(下)』 日本棋院 1975年
  • 『秀策 (日本囲碁大系15)』 筑摩書房 1976年
  • 『コンピューター石田の形勢判断』毎日新聞社 1976年
  • 『石田の次の一手何目? 』毎日新聞社 1976年
  • 『碁を覚えよう 石田の囲碁1』日東書院 1976年
  • 『碁に強くなろう 石田の囲碁2』日東書院 1976年
  • 『布石と定石を打とう 石田の囲碁3』日東書院 1976年
  • 『活きよう、攻めよう 石田の囲碁4』日東書院 1977年
  • 『戦いに勝とう 石田の囲碁5』日東書院 1977年
  • 『囲碁シリーズII 10級への近道 エースブックス 』主婦の友社 1977年
  • 『コンピューター石田のこの局面この一手』毎日新聞社 1977年
  • 『続 次の一手何目? 』毎日新聞社 1977年
  • 『やさしい囲碁の攻め方―攻めの基本と実戦 (囲碁入門シリーズ 11)』永岡書店 1977年
  • 『初段への手筋 木谷道場入門 中級3』河出書房新社 1977年
  • 『初段への実戦 木谷道場入門 中級5』河出書房新社 1977年
  • 『石田(九段)の手筋 実戦に強くなる 』高橋書店 1978年
  • 『1級の定石』日本棋院 1978年
  • 『5級の定石』日本棋院 1978年
  • 『9級の定石』日本棋院 1978年
  • 『有段者の問題集(囲碁有段シリーズ) 』有斐閣、1979年
  • 『コンピューター石田の碁の計算学入門 』毎日新聞社 1978年
  • 『コンピューター石田の実戦格言集』毎日新聞社 1979年
  • 『囲碁再入門』鶴書房 1979年
  • 『昭和の名局5 天翔ける群雄 』(監修)日本棋院 1980年
  • 『別冊囲碁クラブ20 ヨセのテクニック終盤の切れ手 』日本棋院 1980年
  • 『別冊囲碁クラブ30 形勢判断に強くなる 』日本近 1980年
  • 『コンピューター石田の実戦教室』毎日新聞社 1981年
  • 『筋と形の基礎 洗練された囲碁感覚の養成 』創元社 1981年
  • 『大場より急場へ (新中級シリーズ)』日本棋院 1981年
  • 『目で解く実戦詰碁』誠文堂新光社、1983年
  • 『これが手筋だ』全3巻、大泉書店、1983年
  • 『石田芳夫のコウに強くなる本―基礎知識と実戦対策』誠文堂新光社、1983年
  • 『石田の初級囲碁入門(必勝囲碁シリーズ1) 』新星出版社 1983年
  • 『辺の実戦詰碁』成美堂出版 1984年
  • 『目で解くヨセのテクニック』誠文堂新光社、1985年
  • 『差をつける手筋発見法 (日本棋院新書―昇段編)』 日本棋院 1985年
  • 『よく分かる手筋と俗筋 (日本棋院新書―進級編)』 日本棋院 1986年
  • 『基本詰め碁100題』日本文芸社、1986年
  • 『目で解く上達囲碁格言 』誠文堂新光社、1986年
  • 『厚みの百科 よくわかる模様と勢力(New別冊囲碁クラブ6)』日本棋院 1986年
  • 『あなたの棋力をテストする 1 (囲碁入門シリーズ 2)』永岡書店 1986年
  • 『強くなる必修手筋250 (日本棋院新書―入段編)』日本棋院 1987年
  • 『道策・秀策・呉清源-道を拓いた三大巨星』誠文堂新光社 1987年
  • 『棋譜にみる囲碁格言のウソ・ホント 』冬樹社 1987年
  • 『ボウシの威力』日本棋院、1988年
  • 『石田の形勢判断』毎日新聞社 1989年
  • 『石田芳夫のハメ手に強くなる本』誠文堂新光社 1989年
  • 『三段挑戦の詰碁100(有段者シリーズ)』土屋書店 1989年
  • 『死活の急所に強くなる 五段突破の詰碁100 (有段者シリーズ)』土屋書店1989年
  • 『目で解く大場と急場』誠文堂新光社、1989年
  • 『囲碁次の一手』(共著)全9巻、角川文庫、1990年
  • 『石田芳夫囲碁講座』全3巻(名局と戦略、必勝の置碁、中盤の秘策)、日本棋院、1991年
  • 『囲碁 三段の壁を破る「この手、何目」―形勢判断』日本文芸社 1992年
  • 『大斜大作戦-全局で圧倒する (有段者シリーズ8)』土屋書店 1993年
  • 『基本手筋100―戦いに強くなる (有段者シリーズ) 』土屋書店 1993年
  • 『強くなる手筋作戦 (日本棋院新書-入段編)』日本棋院 1994年
  • 『差をつける手筋の魔力 (日本棋院新書-昇段編)』日本棋院 1994年
  • 『明解初級囲碁読本』誠文堂新光社 1994年(小川誠子六段との共著)
  • 『並べるだけで白が巧くなる本-二・三子局』誠文堂新光社 1994年
  • 『並べるだけで白が巧くなる本 四・五子局 』誠文堂新光社 1996年
  • 『布石のなかの定石-石の心と方向を説く (新・木谷道場入門1)』河出書房新社 1996年
  • 『形勢判断とヨセ-どう判断しどう打つか (新・木谷道場入門10)』河出書房新社 1996年
  • 『難解定石の活用法 二間高バサミ、ナダレ、大斜定石を自在にあやつる 上級を目指す』河出書房新社 1997年
  • 『囲碁 級位者のための本筋の打ち方』誠文堂新光社 1998年(小川誠子六段との共著)
  • 『布石の絶対感覚 上級を目指す』河出書房新社 1998年
  • 『五段になれる人 なれない人 (日本棋道協会の有段者特訓塾) 』フローラル出版 1998年
  • 『形勢判断の決め手 上級を目指す』河出書房新社 1999年
  • 『定石はずれ粉砕法』棋苑図書、1999年
  • 『石田芳夫の次の一手① 第12期(旧)名人戦第1局より(対林海峯)』『NHK囲碁講座』7月号別冊付録 1999年
  • 『石田芳夫の次の一手② 第14期(旧)名人戦第7局より(対大竹英雄)』『NHK囲碁講座』8月号別冊付録 1999年
  • 『石田芳夫の次の一手③ 棋聖戦挑戦者決定戦第2局より(対坂田栄男)』『NHK囲碁講座』9月号別冊付録 1999年
  • 『囲碁 級位者のための勝率アップの決め手』誠文堂新光社 2000年(小川誠子六段との共著)
  • 『攻防の絶対感覚-戦う呼吸を実感し、戦闘感覚を研ぎすます (上級を目指す)』河出書房新社 2000年
  • 『小目の定石徹底探究-基本型から最新型まで、石田の頭脳が評価する (上級を目指す) 』河出書房新社 2001年
  • 『定石がわかる本 (碁敵に勝つ秘訣) 』日本棋院 2001年
  • 『シマリの技法 最強囲碁塾』河出書房新社 2002年
  • 『囲碁 基本の詰碁 初段・1・2級 (ポケット版・囲碁シリーズ) 』成美堂出版、2002年
  • 『これで万全 ハメ手対策』日本棋院、2002年
  • 『囲碁・この手何目―形勢判断が簡単にできる 』日本文芸社 2003年
  • 『布石の決め手 最強囲碁塾』河出書房新社 2004年
  • 『碁の計算学入門 (MYCOM囲碁文庫シリーズ)』 毎日コミュニケーションズ 2006年
  • 『次の一手何目 (棋苑囲碁ブックス)』 棋苑図書 2006年
  • 『定石のビフォー・アフター (MYCOM囲碁ブックス)』毎日コミュニケーションズ、2006年
  • 『囲碁の新常識 上級を目指す』 河出書房新社 2006年
  • 『石田芳夫のやさしく考える布石 (NHK囲碁シリーズ) 』日本放送出版協会2007年
  • 『模様の荒らし方 集中講義 ~すぐに役立つ11の法則~ (マイコミ囲碁ブックス) 』毎日コミュニケーションズ、2007年
  • 『囲碁 いちばんわかりやすい実戦詰碁 初段・1級』成美堂出版、2007年
  • 『プロの常識・アマの非常識 布石編 (マイコミ囲碁ブックス) 』毎日コミュニケーションズ、2008年
  • 『プロの常識・アマの非常識 中盤編 (マイコミ囲碁ブックス) 』毎日コミュニケーションズ、2009年
  • 『石田秀芳のやさしく考える定石』日本放送出版協会、2009年
  • 『囲碁を始めたい人のために―入門から中級までの打ち方が1冊でわかる!』成美堂出版 2009年
  • 『アマの知らない布石・絶対の急所(マイコミ囲碁ブックス) 』毎日コミュニケーションズ、2011年
  • 『石田の基本詰碁160 (棋苑囲碁基本双書) 』棋苑図書、2011年
  • 『手順つき実戦詰碁100』(監修)自由国民社、2011年
  • 『定石の生かし方 (明解囲碁講座シリーズ1) 』自由国民社、2012年
  • 『石田流お勧め布石(明解囲碁講座シリーズ2)』自由国民社、2012年
DVD
  • 『石田芳夫の形勢判断のコツ』DVD2枚 パンダネット 2009年

[編集]

  1. ^ 本人も「昭和60年(1985年)の天元戦を最後に挑戦手合に出ていないので、元気が良かったのは前半の半分だけだね」と語っている。(朝日新聞2006年8月12日付)
  2. ^ 読売新聞 棋聖戦 第26期第5局
  3. ^ プロ棋士の気まぐれリレー日記 2007年3月9日
  4. ^ 内藤由起子『囲碁の人ってどんなヒト』(毎日コミュニケーションズ、2005年)、101ページ。

参考文献[編集]

  • 頼尊清隆『石田秀芳 本因坊への道』講談社 1976年
  • 三好徹『五人の棋士』講談社 1982年
  • 『石心之譜 囲碁に生きるわれら五人の棋士 』現代書林 1981年

外部リンク[編集]