本因坊算砂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本因坊 算砂

本因坊 算砂(ほんいんぼう さんさ、永禄2年(1559年) - 元和9年5月16日1623年6月13日))は、安土桃山時代江戸時代囲碁棋士。生国は京都顕本法華宗寂光寺塔頭本因坊の僧で法名日海と称し、後に本因坊算砂を名乗り、江戸幕府から俸禄を受けて家元本因坊家の始祖となるとともに、碁打ち将棋指しの最高位、連絡係に任ぜられて家元制度の基礎となった。一世名人。本姓は加納、幼名は與三郎。

経歴[編集]

舞楽宗家の加納與助の子として生まれる。8歳の時に叔父で寂光寺開山日淵に弟子入りして出家。仏教を修めるとともに、当時の強豪であった仙也に師事して囲碁を習う。天正6年(1578年)、織田信長に「そちはまことの名人なり」と称揚され、これが現在も各方面で常用される「名人」という言葉の起こりとされる[1][2]

天正10年(1582年)、本能寺の変前夜に信長の御前で鹿塩利玄(鹿塩と利玄は別人、など諸説あり)と対局をした所、滅多に出来ない三コウが出来、その直後に信長が明智光秀に殺されるという事態が起こった。これ以降「三コウは不吉」とされる。ただしこれは歴史的信憑性に欠けており、後世の創作であるという説が有力となっている[3]

天正16年(1588年)に豊臣秀吉御前で、算砂、利玄など数名の碁打衆が召し出されて対局し、これに算砂が勝ち抜いて20石10人扶持を与えられる[4]。この時の書状に「碁之法度可申付候」とあるのを碁所の開始とする説もある(『座隠談叢』)[5]

慶長8年(1603年)、家康が江戸に幕府を開くと、家康に招かれて江戸に、一時、赴いた。慶長13年(1608年)、大橋宗桂と将棋対局(将棋最古の棋譜)[6]。同年には、日本初の囲碁出版である『本因坊碁経』(詰碁や手筋などを収録)を刊行している。

慶長16年(1611年)には僧侶としての最高位の「法印」に叙せられている。

慶長17年(1612年)には、幕府より算砂を始めとする碁打ち衆、将棋衆の8名に俸禄が与えられ、算砂は、利玄、宗桂とともに50石10人扶持とされた。同年、将棋所を大橋宗桂に譲ったとされる[7]

元和9年(1623年)5月16日、後継の算悦の後見を弟子の中村道碩に託して死去した。墓所は京都寂光寺にある。辞世の句は「碁なりせば 劫(コウ)なと打ちて 生くべきに 死ぬるばかりは 手もなかりけり」。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康ともに算砂に対し五子の手合割であったと『坐隠談叢』にある[8]

弟子[編集]

死後[編集]

文政5年(1822年)、京都寂光寺にて算砂法印200回忌追善法会が行われ、本因坊跡目丈和と在京の外山算節による記念碁が行われる。

大正12年(1923年)には、寂光寺で本因坊算砂300年祭の記念囲碁大会が開かれた。

平成16年(2004年)には、第一回囲碁殿堂として顕彰されている。

脚注[編集]

  1. ^ 林元美『爛柯堂棋話』及び『坐隠談叢』の記述だが、証明する資料は一切なく、また師匠の仙也も存命であり弱冠20歳の算砂が「名人」と呼ばれたとは信じがたいとの主張もある。(福井正明著『囲碁古名人全集』の巻末評伝(秋山賢司))。
  2. ^ また、増川宏一は著書『碁』(法政大学出版局)の135ページにおいて「本因坊はけっして最強のものではなかった」とし(利玄対して先で敗れている)、碁・将棋衆の連絡係を命じられたのは、算砂の「政治的な手腕もしくは特別な人脈」ではなかったかと、推測している。
  3. ^ 平本弥星『囲碁の知・入門編』集英社 2001年
  4. ^ 本因坊家のライバルであった林家に残された『家康雑記』に朱印状の写しがあるため、史実の可能性が高いとの意見がある。(福井正明著『囲碁古名人全集』の巻末評伝(秋山賢司))。
  5. ^ 増川宏一『碁』(法政大学出版会)では「秀吉に仕えたこと」「初代碁所」とも否定されている。
  6. ^ なお、現在残されている二人の将棋平手戦の対戦棋譜は宗桂の7勝1敗である。勝浦修によると「宗桂は算砂より角1枚分強かった」という。勝浦修著『日本将棋大系1』(筑摩書房)より。
  7. ^ これは明治期に刊行された安藤如意『坐隠談叢』の記述だが、この時期には「碁所」「将棋所」という言葉そのものがなく、信じがたいとの意見がある。(増川宏一『碁』及び福井正明著『囲碁古名人全集』の巻末評伝(秋山賢司))
  8. ^ 林裕(『算悦・算知・道悦 日本囲碁大系2』)。ただし、増川宏一『碁打ち・将棋指しの誕生』(平凡社)では、信長・秀吉時代は、算砂はまだ若年であり、彼らが算砂に師事したとは考えられないとある。

参考文献[編集]

  • 安藤如意、渡辺英夫『坐隠談叢』新樹社 1955年
  • 岩本薫『算砂・道碩 日本囲碁大系(1) 』筑摩書房 1975年
  • 増川宏一『碁』法政大学出版局 1987年
  • 増川宏一『碁打ち・将棋指しの誕生』平凡社ライブラリー 1995年
  • 福井正明『囲碁古名人全集 すべては算砂・道碩から始まった』誠文堂新光社 2007年(秋山賢司による巻末評伝)
    • 同書には1980年代に秋田県大曲の榊田家で発見された『棋譜大成』『囲碁大成』(明治末から大正に活躍した棋士・長野敬次郎五段がまとめたもの)に収録されていた、新発見の算砂・道碩の棋譜が多数掲載されている。

関連項目[編集]