上野愛咲美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 上野愛咲美 女流棋聖
名前 上野愛咲美
生年月日 (2001-10-26) 2001年10月26日(17歳)
出身地 東京都
所属 日本棋院東京本院
在位中タイトル 女流棋聖
段位 三段
概要
タイトル獲得合計 2
テンプレートを表示

上野 愛咲美(うえの あさみ、2001年平成13年)10月26日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士三段東京都出身。藤澤一就八段門下。N高等学校在籍中[1]。歴代最年少(16歳3か月)で女流棋聖を獲得など。

経歴・人物[編集]

2016年女流棋士採用試験を8勝1敗の成績で突破し、4月に入段[2][3]

2018年1月、第21期女流棋聖戦で挑戦手合に進出し、5連覇を達成していた謝依旻を2勝0敗で下し、自身初タイトルを獲得[4]。16歳3か月での女流棋聖獲得は史上最年少で、女流棋戦全体でも藤沢里菜の第1回会津中央病院杯優勝(2014年、15歳9か月)に次ぐ二番目の年少記録である[5]

2019年1月、第22期女流棋聖戦の挑戦手合三番勝負でも、挑戦者藤沢里菜を相手に連勝して防衛を果たした[6]

実妹の上野梨紗も2019年4月より12歳9か月の若さでプロの囲碁棋士として活動する[7]

令和元年(2019年)9月16日付けで、勝ち星対象棋戦通算40勝にて、三段に昇段

棋歴[編集]

獲得タイトル[編集]

挑戦手合出場2期、獲得2期

昇段履歴[編集]

  • 2016年4月 入段
  • 2018年1月 二段(2017年の賞金ランキングによる)[8]
  • 2019年9月16日 三段

脚注[編集]

  1. ^ フィギュア紀平も学ぶN高 囲碁で灘高に勝利 現役プロ棋士の貫禄見せた .auヘッドライン2018年11月11日閲覧。
  2. ^ 平成28年度女流棋士(特別)採用試験本戦” (日本語). 日本棋院. 2019年4月15日閲覧。
  3. ^ 日本棋院. “平成28年度新入段者7名が決定”. 2018年2月5日閲覧。
  4. ^ 日本棋院. “第21期 ドコモ杯 女流棋聖戦”. 2018年2月5日閲覧。
  5. ^ 新女流棋聖に16歳上野二段 史上2番目の年少優勝/囲碁” (日本語). SANSPO.COM (2018年1月29日). 2019年4月15日閲覧。
  6. ^ “上野愛咲美女流棋聖が初防衛” (日本語). 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2019年1月28日). https://www.sankei.com/life/news/190128/lif1901280027-n1.html 2019年2月16日閲覧。 
  7. ^ “12歳上野梨紗さん、9歳菫さんに「負けないよう」” (日本語). ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2019年2月15日). https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201902150000483.html 2019年2月16日閲覧。 
  8. ^ 2017年賞金ランキング昇段者が決定” (日本語). 日本棋院 (2018年1月25日). 2019年4月15日閲覧。

外部リンク[編集]

日本棋院の上野愛咲美紹介ページ