杉内寿子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 杉内寿子 
名前 杉内寿子
旧姓 本田寿子
生年月日 (1927-03-06) 1927年3月6日(92歳)
プロ入り年 1942年
出身地 静岡県
所属 日本棋院
師匠 喜多文子名誉八段
概要
タイトル獲得合計 10
テンプレートを表示

杉内 寿子(すぎうち かずこ、1927年昭和2年)3月6日 - )は、日本囲碁棋士静岡県出身、日本棋院所属、喜多文子名誉八段門下。女流棋士として初の八段。女流選手権戦4期、女流名人戦4期など。旧姓本田。夫は杉内雅男九段。本田幸子楠光子の棋士三姉妹の長姉。2004年まで日本棋院棋士会会長、女流棋士会会長を務めた。

2014年に通算600勝を達成し、女流棋士史上最多勝記録を保持する。

2017年11月21日より、夫である杉内雅男九段の死去に伴い日本棋院最年長現役棋士となる[1]。杉内雅男九段が死去するまでは、夫婦で日本棋院の1番目と2番目の最年長現役棋士であった。

経歴[編集]

静岡県田方郡函南村に生まれる。父の栄三は退役海軍軍人(海軍大尉)であった。一時、栄三は仕事のために大阪に移ったが、静岡県に戻って伊東で碁会所を開業し、寿子は幼少から碁に親しんだ。

1933年、沼津で開かれた囲碁大会に伊藤清子(伊藤友恵)二段が出席していたのを見て、栄三は寿子をプロ棋士にすることを思い立った。1937年、将棋棋士小菅剣之助名誉名人熱海の別荘に本因坊秀哉が訪れた際に、小菅は秀哉に寿子を紹介し、寿子は秀哉と六子の手合いで対局した。同年、寿子は東京での講演会の席上対局で木谷實に五子の手合いで勝ち、喜多文子門下となった。翌1938年に日本棋院の院生となった。

1942年入段。1944年前期大手合2部で全勝優勝。1944年に千葉県市原郡戸山村に疎開。1946年に妹の幸子と東京都祖師谷にある小菅剣之助の子息・隆三の宅に身を寄せて大手合に出場。1953年、四段時に女流選手権戦で伊藤友恵に挑戦し、2-0でタイトル獲得、以後4連覇。青年棋士の研究機関「敲玉会」に参加し、そのメンバーだった杉内雅男と1954年に結婚。1956年に六段昇段。出産、育児のため10年間手合を休場し、その後に復帰する。

1973年に女流初の七段に昇段し、この時の昇段記念会が後に女流囲碁まつりとして毎年開催されるようになる。1983年の大手合で、女流棋士初の八段昇段と1部優勝。1991年に女流名人戦で青木喜久代を2-1で破り、以後4連覇。

2014年、通算600勝達成。

2018年5月、第31期女流名人戦予選1回戦で新海洋子に勝利[2]。91歳になっても、棋力と囲碁への情熱は衰えていない[2]

2018年から2019年にかけて行われた第44期棋聖戦ファーストトーナメント戦では、1回戦で泉谷政憲七段、2回戦で中山薫三段、3回戦で溝上知親九段に勝利し、準決勝まで進出[3]。準決勝では謝依旻六段に敗れたが、3大リーグすべてに所属の経験がある溝上に勝利を挙げたことで話題となった[3][4]。また、2019年の第38期女流棋聖戦でも予選を勝ち上がり、本戦に進出[5]。本戦では1回戦で大澤奈留美四段に敗れたが、92歳0か月にして本戦に進出し、自身が2015年の第34期女流本因坊戦で記録した本選最年長出場記録(88歳2か月、対象は七大タイトル及び現行の5女流棋戦)を更新した[5]

門下に加藤朋子菅野尚美

棋歴[編集]

獲得タイトル[編集]

女流棋士タイトル獲得数ランキング
順位 獲得回数 棋士名
1位 27期 謝依旻六段*
2位 12期 藤沢里菜女流本因坊・女流立葵杯・女流名人・扇興杯*
3位 11期 青木喜久代八段*
4位タイ 10期 杉内寿子八段* | 小林禮子七段 | 小林泉美六段*
7位 9期 知念かおり六段*
8位 8期 伊藤友恵七段
9位タイ 7期 本田幸子七段* | 楠光子八段
11位 6期 小林千寿六段*
*は現役棋士 第4回扇興杯女流最強戦終了時点。

その他の棋歴[編集]

受賞[編集]

著作[編集]

  • 『女流珠玉選(1)(2) 現代囲碁大系46,47』講談社 1983年( 増淵辰子と共著)
  • 『本田三姉妹囲碁界を行く』白水社 1986年(本田幸子、楠光子と共著)

脚注[編集]

  1. ^ 囲碁の史上最高齢棋士、杉内雅男九段が死去 97歳
  2. ^ a b 伊東誠「第31期女流名人戦-予選特選譜第2局(上)- 70歳差…注目の対決 黒 二段 星合志保 白 八段 -杉内寿子」 『産経新聞』(東京本社)2018年7月29日付朝刊、12版、10面。
  3. ^ a b 第44期 棋聖戦” (日本語). 日本棋院. 2019年4月21日閲覧。
  4. ^ 囲碁の現役最高齢、50歳下に勝利 次戦相手は62歳下” (日本語). 朝日新聞デジタル (2019年1月17日). 2019年4月21日閲覧。
  5. ^ a b 92歳杉内寿子八段 囲碁本戦最年長出場、自ら記録更新”. Sponichi Annex (2019年3月8日). 2019年4月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • 宇崎玄々子「本田三姉妹のこと」(榊山潤編『囲碁随筆 碁がたき』1960年 南北社)

外部リンク[編集]