向井千瑛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

向井 千瑛(むかい ちあき、1987年12月24日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁女流棋士東京都板橋区出身。本田幸子七段門下。夫は杉本明八段で、息子が1人いる。

略歴[編集]

  • 向井三姉妹の三女で姉に同じくプロ棋士の三村芳織長島梢恵。姉妹で一番若く入段を果たし、期待されタイトル挑戦者になるなどの活躍を見せている。小林4姉弟(小林千寿、孝之準棋士、健二、)は、母の従兄弟にあたる(小林の父と向井の母方祖父が兄弟)[1]。義理の兄に、三村智保。(芳織の夫)
  • 姉とともに囲碁を覚え、本田幸子の開催する本田会で研鑽を続ける。
  • 1997年 板橋区立高島第七小学校4年で、少年少女囲碁大会小学生の部に出場し、最年少記録タイで優勝する井山裕太に敗れ、5位入賞。
  • 1998年 同小5年の、少年少女囲碁大会小学生の部で連覇を達成する井山に破れ6位[2]
  • 1999年 同小6年の、少年少女囲碁大会小学生の部で女子では3人目となる優勝(他に石井茜万波佳奈が達成)[3]全日本こども囲碁大会で準優勝。
  • 2000年 板橋区立高島第二中学校1年で、少年少女囲碁大会中学生の部で5位[4]。全日本こども囲碁大会では前年に引き続き、準優勝。その後院生となる。
  • 2001年 棋士採用試験で黄翊祖三谷哲也大橋拓文の18位に終わり、入段できず[5]
  • 2002年 棋士採用試験で安斎伸彰大場惇也古家正大の13位に終わり、入段できず[6]
  • 2003年 冬季棋士採用試験で村上晶英謝依旻の7位に終わり、入段できず[7]。女流棋士採用試験で、1位となり2位の奥田あやと共に入段を果たす[8]
  • 2007年 第20期女流名人戦敗者復活戦で姉梢恵と初の姉妹対決。千瑛が勝つ。その後勝ち進み、姉芳織との初公式戦対局。こちらは姉芳織が勝利した[9]
  • 2008年 タイトル初挑戦、第11期女流棋聖戦挑戦者(当時最年少挑戦者)となり梅沢由香里に挑むも2連敗で初挑戦は失敗[10]
  • 2010年 第22期女流名人戦リーグで5勝1敗で挑戦者となり、謝依旻に挑むも2連敗で2回目の挑戦も失敗[11]。6月1日に第16回アジア競技大会の日本代表に選出された[12]。梅沢を下し第29期女流本因坊戦挑戦者となる。これにより、女流3大タイトル全ての挑戦者となるも、謝に3連敗で3回目の挑戦も失敗[13]。第8回正官庄杯世界女子囲碁最強戦に初出場、金恵敏五段に黒番中押し勝ち、宋容慧五段に黒番中押し負け。
  • 2011年 初戦に勝利し、リーチを掛けた2局目は3月11日に行われたが、地震により女流名人戦初の打ちかけとなり、再開局で敗れる。結局3局目も敗れ4回目の挑戦も失敗[14]。第59回NHK杯テレビ囲碁トーナメントに初出場、9月28日から因縁の謝を相手に4回目の番勝負となる第30期女流本因坊戦に挑戦。初戦こそ勝ったがその後3連敗を喫し、5回目のタイトル挑戦も失敗。11月17日、第24期女流名人戦・挑戦者決定リーグ戦において吉田美香を破り、1敗がいなくなったため、3年連続の女流名人挑戦が確定。これにより謝への挑戦は5回目、通算では6回目のタイトル挑戦。第2回穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権王晨星二段に白番中押し勝ち、芮廼偉九段に黒番中押し負け[15]
  • 2012年2月29日東大阪市大阪商業大学にて行われた第24期女流名人戦第1局で黒番15目半負けの大敗。続く3月14日京都市平安女学院・有栖館にて行われた第2局も白番1目半負けに終わり2連敗、通算6回目のタイトル挑戦も失敗に終わった。
  • 2013年9月、杉本明八段と結婚[16]
  • 2013年11月27日、第32期女流本因坊戦で6連覇中の謝依旻を3勝2敗で破り、タイトル挑戦7回目、女流本因坊戦3度目の挑戦で念願のタイトル奪取に成功[17][18][19]
  • 2014年5月、長男誕生[20]
  • 2014年11月7日、第33期女流本因坊戦で防衛失敗、無冠となった。
  • 2016年7月17日、第3回扇興杯女流囲碁最強戦準優勝(謝依旻に負け)。

昇段・成績[編集]

  • 2004年 初段
  • 2007年7月13日 二段(勝星規定)
  • 2009年4月1日 三段(賞金ランキング)
  • 2010年2月1日 四段(賞金ランキング)
  • 2011年 賞金ランキング第18位、女流第2位(女流1位は謝、第6位)
  • 2012年2月1日 五段(賞金ランキング)

タイトル履歴[編集]

  • 女流本因坊 1期(2013年・第32期)

登場回数 9回 獲得合計 1期

受賞履歴[編集]

棋道賞[編集]

  • 女流賞 1回(2013年・第47回)

脚注[編集]

外部リンク[編集]