関達也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

関 達也(せき たつや、1989年7月26日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士。段位は三段[1]新潟県新潟市出身。かつては大淵盛人門下であった。

略歴[編集]

囲碁を覚えたのはヒカルの碁を読んで興味を覚えた小学5年の頃と、同年同門の堀本満成と同様プロ棋士になるには遅めであった。興味を持ち、囲碁教室に通い力をつける。

2001年8月に囲碁を覚えて1年足らずの新潟市立東青山小学校6年で少年少女囲碁大会全国大会に新潟県代表で出場するも、後に同門となる田尻悠人に敗れる[2]

その後、大淵盛人の誘いを受け内弟子となり、神奈川県津久井郡相模湖町へ転居。同時に日本棋院東京本院の院生となる。

2003年、院生として棋士採用冬季試験に臨み、予選敗退[3]

2004年、院生上位として棋士採用冬季試験に臨み、7位に終わる[4]

2005年、棋士採用冬季試験に臨み、2位で1位の同門堀本とともに入段を果たす[5]。また2005年夏季採用の内田修平は、出場した少年少女囲碁大会の優勝者にして同門かつ同年で、この年度は大淵門下による関東一般棋士入段者独占となった。

昇段履歴[編集]

外部リンク[編集]

参照[編集]

  1. ^ 日本棋院・関達也 2017年4月6日閲覧
  2. ^ 第22回少年少女囲碁大会全国大会
  3. ^ 平成16年度冬季棋士採用試験本戦
  4. ^ 平成17年度冬季棋士採用試験本戦
  5. ^ 平成18年度冬季棋士採用試験本戦