鶴田和志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴田 和志(つるた かずし、1995年5月14日 - )は、日本棋院中部総本部所属の囲碁棋士吉岡薫七段門下。愛知県出身。

来歴[編集]

5歳で囲碁を覚え、小学4年生のとき少年少女囲碁大会全国大会ベスト16。大会後に院生となり、中学2年生でプロ試験合格を果たした[1]。2010年 入段。同期に平田智也(現七段)・藤沢里菜女流本因坊女流名人など獲得)・沼舘沙輝哉など。

2011年4月 国際戦のLG杯予選で韓国の金錫興四段に勝つが、中国の兪斌九段に敗退[2]

2011年8月25日 初段で第37期碁聖戦の本戦入りする[3]。2012年11月18日 二段(勝星規定)。

2013年10月10日 第54期王冠戦挑戦者決定戦進出。

2017年9月、第42期棋聖戦Cリーグ4勝1敗でBリーグ昇格[4]

外部リンク[編集]

脚注[編集]