淡路修三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

淡路 修三(あわじ しゅうぞう、1949年8月13日 - )は、日本囲碁棋士東京都出身、伊藤友恵七段門下、日本棋院東京本院所属、九段。名人戦本因坊戦挑戦者など。青山学院大学法学部卒業という、棋士としては異色の経歴を持つ。兄は法学者淡路剛久

読み合い、ねじり合いを信条とする戦闘的な棋風で、接近戦を得意とし、打たれ強く倒すか倒されるかのスタイルから、「ロッキー」の異名をとり、ファンが多い。

経歴[編集]

1955年、6歳で伊藤友恵に入門。戦闘的な棋風を師から受け継ぐ。1968年入段、1975年五段。1979年に棋聖戦七段戦準優勝し、全段争覇戦に出場。1982年本因坊戦リーグ入り。1983年八段戦優勝、全段争覇戦で優勝して最高棋士決定戦出場。同年、碁聖戦、天元戦挑戦者となり、棋道賞殊勲賞受賞。

1984年九段、本因坊リーグ5勝2敗で挑戦者となる。1987年、27勝10敗の成績で棋道賞敢闘賞。1987年、27勝10敗の成績で棋道賞敢闘賞。 1989年名人戦リーグ6勝2敗で、林海峰とのプレーオフに勝って挑戦者となり、この頃からロッキーの呼び名が定着する。同年王座戦挑戦者決定戦進出、棋道賞殊勲賞。1993年の日中スーパー囲碁では、馬暁春聶衛平に連勝して日本勝利をもたらした。1994年NHK杯テレビ囲碁トーナメントベスト4。2000年棋聖戦Aリーグ4勝1敗で優勝、挑戦者決定戦で趙善津に敗れる。

通算成績942勝547敗3ジゴ1無勝負(2012年4月時点)。

タイトル[編集]

主な戦績[編集]

国際棋戦
国内棋戦
  • 1975年 大手合一部優勝
  • 1983年、碁聖戦挑戦者。大竹英雄に2-3で敗退。
  • 1983年、天元戦挑戦者。片岡聡に1-3で敗退。
  • 1984年、本因坊戦挑戦者。林海峰に1-4で敗退。
  • 1989年、名人戦挑戦者。小林光一に1-4で敗退。
  • 2000年、棋聖リーグA組優勝。
  • 2009年、通算900勝達成。
  • 2012年、棋聖リーグ入り。
  • 棋聖戦最高棋士決定戦4期出場・棋聖リーグ4期、本因坊戦リーグ5期、名人戦リーグ8期、在籍。

著作[編集]

  • 『秘伝・すぐに効果がでる「淡路語録」 (NHK囲碁シリーズ) 』日本放送出版協会 2003年
  • 『淡路修三 (囲碁文庫―打碁鑑賞シリーズ)』日本棋院 2005年

外部リンク[編集]