王立誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
王立誠
プロフィール
出生: 1958年11月7日
出身地: 台湾の旗 台湾
職業: 棋士
各種表記
繁体字 王立誠
簡体字 王立诚
拼音 Wáng Lìchéng
注音符号 ㄨㄤˊ ㄌ|ˋ ㄔㄥˊ
和名表記: おう りっせい
発音転記: ワン リーチョン
テンプレートを表示

王 立誠(おう りっせい、1958年11月7日 - )は日本台湾囲碁棋士日本棋院東京本院所属、加納嘉徳九段門下、九段。棋聖位3連覇、十段4連覇、LG杯世界棋王戦優勝など。シノギを得意とする勝負強い棋風で、特に中盤から終盤にかけての逆転力があり、「逆転の王」「王立誠マジック」と称される。日本棋院中部総本部所属の王景怡二段は実娘、関西棋院研修棋士の王景弘初段は実息。台湾プロ棋士の張正平二段と張原栄二段は実甥。

経歴[編集]

1971年来日。1972年、13歳で入段。1976年に棋戦戦三段戦に優勝し、パラマス戦を勝ち上がって棋聖戦ボーイと呼ばれる。1981年新人王戦で棋戦初優勝。この頃は山城宏片岡聡小林覚と並んで若手の四天王として期待される。

1988年九段。1989年に鶴聖戦で一般棋戦初優勝。1995年趙治勲王座を3-0で破り初タイトル獲得。1998年に本因坊戦名人戦趙治勲に挑戦するが、それぞれ2-4で敗れる。この名人戦第4局は、タイトル戦史上初の三コウ無勝負となった。2000年には棋聖戦で趙治勲を4-2で破り、以後3連覇。同年棋道賞最優秀棋士賞を受賞。2001年小林光一から十段位奪取、以後4連覇。2003年には中国囲棋甲級リーグ戦に北京海淀チームで出場。

呉清源の研究会に参加し、1990年代以降に呉が「21世紀の碁」として提唱する、コゲイマへの肩ツキ等の手法を実戦で用いて一般化させた。また早碁棋戦優勝が多く、「早碁の王様」のニックネームもある。2002年の棋聖戦第5局では終局直前のダメ詰めの最中、挑戦者柳時熏が6子アタリを放置、これを打ち抜いて逆転勝ちして論議の的となった。通算成績は、1025勝560敗1ジゴ1無勝負(2009年4月時点)。門下に張豊猷

獲得タイトル[編集]

世界戦[編集]

七大タイトル[編集]

その他国内戦[編集]

その他の棋歴[編集]

著作[編集]

  • 『王立誠―打碁鑑賞シリーズ<8> (囲碁文庫)』日本棋院 2004年
  • 呉清源・王立誠 囲碁の真理を探る』(全三巻)誠文堂新光社
  • 『逆転の極意 (最強囲碁塾) 』河出書房新社 2005年

外部リンク[編集]