農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦(ノンシンしんラーメンはい せかいいごさいきょうせん、농심신라면배세계바둑최강、农心辛拉面杯世界围棋团体锦标赛)は、囲碁の国際棋戦で、韓国日本中国の3国の、各国5名のチームによる勝ち抜き戦で団体優勝を争う。1999年に開始(第1回は1999-2000年)。2013年までの優勝回数は、韓国11、中国2、日本1。

1993年に開始された真露杯SBS世界囲碁最強戦が、1997年のアジア通貨危機の影響で終了し、同じ方式で本棋戦として開始された。

優勝賞金は1-9期は1億5000万ウォン、10期からは2億ウォン。個人の連勝賞金として、3連勝1千万ウォンから、10連勝1億ウォンまでが与えられる。

ルール[編集]

持ち時間は1人1時間、使い切ると1分の秒読み。コミは6目半。

過去の戦績[編集]

団体成績[編集]

回次 年度 優勝 2位 3位 勝抜き順
1 1999-2000 韓国(6-4) 日本(4-5) 中国(4-5) 睦鎮碩山下敬吾邱峻
工藤紀夫(睦)
羅洗河(工藤)
金栄三(羅)
依田紀基(金、王磊
曺薫絃(依田)
常昊(曺、山田規三生劉昌赫
趙善津(常)
李昌鎬(趙、馬暁春
2 2000-01 韓国(7-4) 日本(4-5) 中国(3-5) 崔哲瀚余平王銘琬劉菁
小林覚(崔)
邵煒剛(小林)、睦鎮碩(邵)
武宮正樹(睦)
常昊(武宮、崔明勲
山下敬吾(常)
曺薫鉉(山下、兪斌
加藤正夫(曺)
李昌鎬(加藤)
3 2001-02 韓国(6-4) 中国(7-5) 日本(1-5) 邵煒剛(淡路修三
崔哲瀚(邵、小林光一
羅洗河(崔、山下敬吾、崔珪昞
中野寛也(崔)
劉昌赫(中野)
兪斌(劉、加藤正夫)
曺薫鉉(兪)
常昊(曺)
李昌鎬(常、周鶴洋
4 2002-03 韓国(6-4) 中国(6-5) 日本(2-5) 朴永訓古力王立誠、常昊、張栩
孔傑(朴)
小林光一(孔、尹炫晳)
胡耀宇(小林、金承俊、加藤正夫、曺薫鉉、依田紀基)
李昌鎬(胡、羅洗河)
5 2003-04 韓国(5-4) 日本(6-5) 中国(3-5) 張栩(兪斌、許暎皓)
王磊(張、洪旼杓)
小林光一(王、朴鋕恩、周鶴洋)
元晟湊(小林、胡耀宇、柳時熏
古力(元)、加藤正夫(古)
李昌鎬(加藤、林海峰
6 2004-05 韓国(6-4) 中国(4-5) 日本(4-5) 三村智保(韓鐘振)
周鶴洋(三村、安達勲)
高尾紳路(周、劉昌赫)
彭筌(高尾)
崔哲瀚(彭)
趙治勲(崔)
羅洗河(趙)
李昌鎬(羅、張栩、王磊、王銘琬、王檄
7 2005-06 日本(6-4) 韓国(5-5) 中国(3-5) 羽根直樹(姜東潤、王堯)
柳才馨(羽根)
劉星(柳)
三村智保(劉)
元晟湊(三村)
謝赫(元、山田規三生)
趙漢乗(謝、高尾紳路、常昊)
依田紀基(趙、孔傑、李昌鎬)
8 2006-7 韓国(6-4) 中国(6-5) 日本(2-5) 羽根直樹(王磊、曺薫鉉)
彭筌(羽根、崔哲瀚、今村俊也、元晟湊、山田規三生)
朴永訓(彭、高尾紳路、陳耀燁、依田紀基)
孔傑(朴)
李昌鎬(孔、古力)
9 2007-08 中国(7-3) 韓国(4-5) 日本(2-5) 羽根直樹(彭筌)
洪旼杓(羽根)
王檄(洪、河野臨、趙漢乗)
山田規三生(王)
睦鎮碩(山田、胡耀宇、依田紀基)
常昊(睦、高尾紳路、李昌鎬、朴永訓) (残り:古力)
10 2008-09 韓国(7-3) 中国(5-5) 日本(1-5) 柁嘉熹許映皓、山下敬吾、尹畯相、河野臨)
姜東潤(柁、山田規三生、朴文尭、羽根直樹、邱峻)
高尾紳路(姜)
常昊(高尾)
李世乭(常、古力) (残り:李昌鎬)
11 2009-10 韓国(6-4) 中国(6-5) 日本(2-5) 金志錫(山下敬吾、丁偉、高尾紳路)
謝赫(金、井山裕太金昇宰、山田規三生、尹畯相)
羽根直樹(謝、朴永訓
劉星(羽根)
李昌鎬(劉、古力、常昊)
12 2010-11 韓国(7-3) 中国(4-5) 日本(2-5) 李世乭(王檄、井山裕太)
謝赫(李、坂井秀至、林承華、羽根直樹)
睦鎮碩(謝)
高尾紳路(睦、柁嘉熹
崔哲瀚(高尾、周睿羊結城聡、孔傑)(残り:李昌鎬)
13 2011-12 中国(8-4) 韓国(6-5) 日本(0-5) 周睿羊(高尾紳路)
安国鉉(周睿羊、坂井秀至)
檀嘯(安国鉉、羽根直樹、姜儒澤、結城聡)
金志錫(檀嘯、山下敬吾、朴文尭、古力)
謝赫(金志錫、元晟湊、李昌鎬)
14 2012-13 韓国(6-4) 中国(7-5) 日本(1-5) 檀嘯(高尾紳路、李東勲、伊田篤史
李浩範(檀)
富士田明彦(李)
王檄(富士田、金志錫、安斎伸彰)
崔哲瀚(王、村川大介、陳耀燁)
謝赫(崔)
朴廷桓(謝、江維傑)
15 2013-14 中国(8-4) 韓国(5-5) 日本(1-5) 范廷鈺(姚智騰、崔基勳、安斎伸彰)
姜東潤(范、河野臨
陳耀燁(姜、結城聡崔哲瀚
張栩(陳)
金志錫(張)
檀嘯(金)
朴廷桓(檀、周睿羊
時越(朴)

連勝記録[編集]

  • 14連勝 李昌鎬(韓国) 第1回2連勝、第3回1勝、第3回2連勝、第4回2連勝、第5回2連勝、第6回5連勝と、第7回に依田紀基に敗れるまでの6年間無敗を記録した。
  • 5連勝 胡耀宇(中国) 第4回、彭筌(中国)第8回、姜東潤(韓国)第10回、謝赫(中国)第11回

外部リンク[編集]