王唯任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

王 唯任(おう ゆいにん、1977年4月6日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士台湾台北市出身。筒井勝美六段門下。東京中華学校桜美林大学経済学部卒。桜美林大学大学院国際学研究科国際関係専攻博士前期課程修了。

略歴[編集]

  • 棋士では数少ない修士である。囲碁普及プロジェクト「IGO AMIGO」の棋士代表幹事を務めるなど熱心に普及活動を行っている。妻は囲碁のフリーペーパー「碁的」編集長などを務める、アマチュアインストラクターである[1]
  • 吉原由香里万波佳奈と成人向け囲碁入門及び初級者教室の講師を務め、日本棋院ジュニア囲碁スクールや母校桜美林大学のオープンカレッジの講師などの経験が豊富であり、入門から初級者向けの著作も多い。また、同郷の張栩と親交があり、著作の監修を行っている。
  • 小学校3年生時の数学の女性教師より囲碁を勧められ、囲碁教室で学び始める。尚、数学教師は囲碁は打てなかったという。
  • 1988年、台湾に旅行に来た師匠筒井勝美に認められ、棋士となるべく来日し日本棋院院生となる。当初は師匠宅で生活し、後幕張に存在した日本棋院囲碁研修センターで寮生となる。
  • 1997年、2度の次点の後、棋士採用試験に合格し、プロ棋士となる。試験直前に父を亡くし、大きな悲しみの中での入段となった[2]。同年二段に昇段する。
  • 1998年、桜美林大学経済学部に進学。
  • 2002年、桜美林大学経済学部卒業。同大学大学院国際学研究科国際関係専攻に進学。
  • 2004年、修士論文「情報化社会における囲碁文化の多様性」を提出し、桜美林大学大学院国際学研究科国際関係専攻博士前期課程修了[3]
  • 2008年、結婚。自身が幹事を務めるIGO AMIGOが発行する碁的では、妻のウェディングドレス姿と自身のタキシード姿を見せている[4]

昇段・良績[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • かんたんマスター囲碁. 新星出版社. (2007-5). ISBN 978-4405065772. 
  • 囲碁スピード入門. ユーキャン. (2014-11). ISBN 978-4426700515. 

共著[編集]

構成・協力[編集]

  • 張栩 (2011-10). 張栩の実戦に学ぶ コウの考え方. マイコミ囲碁ブックス. マイナビ. ISBN 978-4839932817. 
  • 張栩 (2008-11). 張栩の特選詰碁. 日本棋院. ISBN 978-4818205994. 

参考[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]