小林千寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小林 千寿(こばやし ちず、1954年昭和29年)9月28日 - )は、囲碁棋士日本棋院所属、木谷実九段門下、六段。日本棋院常務理事(2010年6月 - 2012年6月、2016年6月 - 現在)。日本将棋連盟非常勤理事(2011年5月〜)。女流選手権戦優勝3連覇、女流鶴聖戦優勝3回など。海外囲碁普及活動を積極的に行っている。小林四姉弟の長子で、孝之準棋士、健二七段、九段は弟。娘あり。

経歴[編集]

長野県松本市に生まれる。4歳で父から囲碁を習う。同時にピアノ合気道書道も習ったが、父の熱意で囲碁だけが続けられた。6歳で木谷実の内弟子となる。入門時に「呉清源先生を負かすまでは松本に帰ってきません」と言ったという。しかし両親の心配により、2年後に松本に帰郷し、その後3年間は3人の弟とともに自宅で囲碁を続ける。1966年に全日本女流アマチュア囲碁選手権大会で4位になって、木谷から再入門促す手紙を受け取り、両親とともに上京して、4姉弟は木谷門下となって日本棋院院生となる。当初は土曜木谷会で指導を受けていたが、翌年から内弟子となり、4人で一部屋をあてがわれた。その2年後にはまた通い弟子となる。

1972年に入段、4姉弟では最初の入段となった。1975年三段時に女流選手権戦で挑戦者となり本田幸子に1-2で敗退するが、1976年には2-1で勝って初の女流選手権者となる。以後3連覇するが、1979年に小川誠子にタイトルを奪われる。1978年五段。1989、93、97年には女流鶴聖戦で優勝。

高校卒業後に日本棋院から普及のためにヨーロッパに派遣され、次いで21歳でヨーロッパに3ヶ月、アメリカに半年滞在するなどして英語を覚え、囲碁普及に尽力。ヨーロッパの才能のある子供の日本留学の支援に功績があり、ハンス・ピーチ六段もその一人。活動を支援する組織千寿会も結成されている。2007年には文化庁文化交流使の指名を受ける。2010年に日本棋院常務理事(出版部、海外室)就任し、2012年に退任。2011年5月より、日本将棋連盟非常勤理事に就任。2011年8月に松江観光大使

2016年6月、日本棋院常務理事(棋戦企画部、2020年東京オリンピック・パラリンピック担当)に就任。

タイトル歴[編集]

その他の棋歴


女流棋士タイトル獲得数ランキング
順位 獲得回数 棋士名
1位 27期 謝依旻女流本因坊*
2位 11期 青木喜久代八段*
3位タイ 10期 杉内寿子八段* | 小林禮子七段 | 小林泉美六段*
6位 9期 知念かおり六段*
7位 8期 伊藤友恵七段
8位タイ 7期 本田幸子七段* | 楠光子七段* | 藤沢里菜女流名人*
10位 6期 小林千寿六段*
*は現役棋士 2018年女流名人戦終了時点。

著作[編集]

  • 『女流プロにチャレンジ 実力アマ血涙十戦譜-プロ・アマ読み筋くらべ』(小川誠子と共著)独楽書房 1986年
  • 『コミックでおぼえる囲碁』(作画 松田輝一) 日本放送出版協会 1997年

外部リンク[編集]