楠光子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

楠 光子(くすのき てるこ、1939年昭和14年〕9月3日 - )は、日本囲碁棋士東京都出身、日本棋院所属、木谷實九段門下、七段。女流本因坊戦で3連覇、5期獲得など。杉内寿子本田幸子の三姉妹の三女。旧名本田 輝子

経歴[編集]

1956年初段。同年二段。1959年三段。1961年、姉の幸子、木谷禮子とともに日米親善囲碁使節として訪米、約2か月間滞在。1965年五段。1966年台湾訪問。1976年に日本棋院東京本院から中部総本部に移籍。

1979年第1期女流鶴聖戦決勝で伊藤友恵に2-1で準優勝。1981年六段、女流鶴聖戦準優勝、19勝15敗1ジゴの成績で棋道賞女流賞受賞。1983年女流本因坊戦で挑戦者となり、姉の本田幸子に2-1で勝って初タイトル獲得。翌年は本田に奪還されるが、85年に再獲得。同年女流鶴聖戦も決勝で本田を破り前年に続いて2連覇し、女流初の二冠王、賞金ランキングでも8位となり、棋道賞女流賞と敢闘賞を受賞。1984年七段、土川賞受賞。1986年に東京本院復帰。1987年から89年まで3期連続で小川誠子を破り、女流本因坊戦3連覇。1989年第1期女流名人戦リーグでは3-1で2位。2007年女流棋聖戦ベスト4。2012年、第41回大倉喜七郎賞を受賞。

1983年碁聖戦本戦出場。1985年NHK杯では今村俊也を破って2回戦進出、棋聖戦七段戦ベスト4。1986年日中スーパー囲碁では先鋒で出場。1989年新人王戦で女流初のベスト8。

タイトル歴[編集]


女流棋士タイトル獲得数ランキング
順位 獲得回数 棋士名
1位 27期 謝依旻女流本因坊*
2位 11期 青木喜久代八段*
3位タイ 10期 杉内寿子八段* | 小林禮子七段 | 小林泉美六段*
6位 9期 知念かおり六段*
7位 8期 伊藤友恵七段
8位タイ 7期 本田幸子七段* | 楠光子七段* | 藤沢里菜女流名人*
10位 6期 小林千寿六段*
*は現役棋士 2018年女流名人戦終了時点。

他の棋歴[編集]

受賞等[編集]

  • 棋道賞 敢闘賞 1985年、女流賞 1981、84、85年、女流特別賞 1983年
  • 土川賞 1984年
  • 第41回大倉喜七郎賞 2012年

外部リンク[編集]