宮沢吾朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮沢吾朗(みやざわ ごろう、1949年11月29日 - )は[1]囲碁棋士北海道出身、木谷實九段門下、日本棋院所属、九段。

棋風[編集]

石の形や筋がよく、鋭い着眼で猛攻を仕かける剛腕家。アマチュアから高い人気を得ており、心酔するファンも多い。ニックネームは「無冠の帝王」。

ビックタイトルにこそ恵まれなかったものの、新人王戦2回、3大リーグにそれぞれ在籍するなど、80〜90年代にかけて一線級の棋士として活躍した。

師である木谷が宮沢を初めて見た際、「久しぶりに尾のハネ上がったをつかまえた」と言ったという。打碁集(日本棋院、2005年)の解説には「先生の常識は世の非常識。常識人でありたいのなら、この先生の碁に深入りしてはならない。」とまで書かれた。

人物[編集]

魚類学者・タレントのさかなクンの父親。趣味は50歳を過ぎて始めたオートバイで、愛車はカワサキ・GPX250R/II。

経歴[編集]

帯広市生まれ。父は衣料店経営の傍ら囲碁の指導をしていたアマチュア強豪。6歳の頃兄から碁を教わる。11歳でアマ4段くらいになった1961年、木谷實九段が弟子の上村邦夫久島国夫(共に現九段)・高畑(柴田)寛二を連れて帯広にやって来た。そこで高畑と3子で打ち木谷に認められ釧路へ1週間同行することになる。後日木谷道場への入門を勧める手紙が届き、11月、大野正由地方棋士とともに帯広の家を出発。青函連絡船に乗って道場へ向かった。同年に日本棋院院生となる[2]

この頃の木谷道場は弟子の数が最も多く一番活気があり、石田芳夫(現二十四世本因坊加藤正夫(現名誉王座)や趙治勲(現名誉名人)らがいた。学年がひとつ下で後からやって来た武宮正樹(元名人など)にあっという間に追い越されたのが一番刺激になった[2]

その後、1966年に入段。1976年に棋聖戦五段戦で優勝。1980、85年に新人王戦優勝。1981年天元戦ベスト4。1985、86年に棋聖戦七段戦に優勝し、最高棋士決定戦ベスト8進出。1986、89年王座戦ベスト4。1992年の十段戦では勝者組を勝ち抜いて挑戦者決定戦に進むが、小林光一棋聖に敗れる。同年名人戦リーグ入りするが1勝7敗で陥落。1992年九段。1996年本因坊戦リーグで2勝5敗。1997年JT杯星座囲碁選手権戦ベスト4。2000年の棋聖戦リーグでは2勝3敗で残留、翌年も2勝3敗ながら陥落。2005年にもリーグ入りするが5敗で陥落。2009年にもリーグ入り。2011年NHK杯戦ベスト4。

日中囲碁交流には、1981、84、86年に参加。通算成績は860勝583敗6ジゴ(2014年時点)

棋歴[編集]

著作[編集]

  • 『詰碁ジョイブックス (10) 上級編』日本棋院 1982年
  • 『宮沢吾朗 打碁鑑賞シリーズ(10)』日本棋院 2005年
  • 『常識破壊-殻を破る発想法』毎日コミュニケーションズ 2005年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 戸籍上の名前は「宮澤」。
  2. ^ a b 内藤由起子(囲碁観戦記者) 『それも一局 弟子たちが語る「木谷道場」のおしえ』 水曜社、1969年、49-60頁。ISBN 978-4-88065-396-9 

外部リンク[編集]