山城宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山城宏(やましろ ひろし、1958年8月12日 - )は、日本囲碁棋士山口県下松市出身、日本棋院中部総本部所属、島村俊廣九段門下、九段。王冠戦優勝15回、棋聖戦挑戦、本因坊戦挑戦3回など。若手の頃から「中京の豆ダイヤ」と言われ、地に辛く中盤以降の追い込みが強い棋風で「浸透流」とも呼ばれる。2012年より日本棋院副理事長を務める。

経歴[編集]

1965年に島村俊廣九段に入門、島村導弘五段と俊廣九段のところで内弟子世活を送り、1971年に日本棋院院生となる。1972年入段。1977年、五段で岩田達明九段を破り王冠戦優勝。1978年に名人戦で初のリーグ入り。1979年に新人王戦決勝に進出するが、石田章に1-2で敗れる。この頃から、同世代の片岡聡王立誠小林覚らとともに「若手四天王」と呼ばれる。

1984年に王座戦加藤正夫に挑戦するが0-3で敗退。1985年九段。1986、87年に本因坊戦で武宮正樹に連続挑戦するが、1-4、0-4で敗退。元々地に辛い棋風だったが、この敗戦以後は大模様などの厚い碁も打つようになり、芸風を広げたと言われた。1987年の日中スーパー囲碁では5人抜きを達成するも、馬暁春に敗れる。

1992年棋聖戦で小林光一に挑戦。初戦から2連勝し、5局目まで3-2で王手をかけるが、第7局終盤小ヨセの時点まで有利に運びながら半目負けとし、敗退する。この時の、星に小ゲイマガガリして三間にヒラいた石に打込んで出来た形はその後流行し、棋聖戦定石と呼ばれた。

1993年に本因坊戦3度目の挑戦者になるが、趙治勲に1-4で敗れる。この時の趙の感想で「僕の碁はギリギリでできている積み木のようなもの。山城さんの鉄筋コンクリート建てのような碁とは違う」という比較がある。

2008年史上10人目の公式戦1,000勝を達成。2010年、第35期 棋聖戦リーグ入り。Bリーグにおいて4勝1敗で井山裕太と同率となるも、序列上位の井山がリーグ優勝者となった。第51期王冠戦で羽根直樹王冠を破り、通算15期目の王冠位を獲得。

通算6回七大タイトルに挑戦しながら獲得に至っておらず、山城の無冠は「囲碁界七不思議の一つ」(日本経済新聞2004年5月23日朝刊)とまで言われている。 2012年6月、日本棋院副理事長に就任。また2013年5月には、囲碁のナショナルチーム「GO・碁・ジャパン」の監督に就任した。通算成績1170勝593敗7ジゴ(2015年時点)

名古屋市で「山城宏子供囲碁教室」も開いている。

タイトル歴[編集]

  • 王冠戦 1977、1981-1982、1984-1987、1993-1996、2000-2001、2005、2010年(通算15期、最多優勝記録)

その他の棋歴[編集]

国内棋戦

国際棋戦

受賞歴[編集]

  • 棋道賞 1973年新人賞、1978年殊勲賞、1981年最多勝(38-10)・勝率1位(.792)・連勝賞(12連勝)、1983年連勝賞(11連勝)、1984年敢闘賞、1986年技能賞、2011年勝率1位(28-7、.800)
  • 土川賞 1985、87、2011年

著作[編集]

  • 『詰碁ジョイブックス 9 中級編』日本棋院 1982年
  • 『強くなる詰め碁100 実戦力をアップする』日本文芸社 1986年
  • 消し利かし (烏鷺うろブックス) 』日本棋院 1989年
  • 『棋聖決定七番勝負 激闘譜〈第16期〉棋聖 小林光一‐挑戦者 山城宏』読売新聞社 1992年
  • 『山城宏の置碁戦術 序盤50手必勝法』日本放送出版協会 1996年
  • 『山城宏 打碁鑑賞シリーズ(10)』日本棋院 2005年

外部リンク[編集]