鶴山淳志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鶴山 淳志(つるやま あつし、1981年8月31日 - )は、日本棋院東京本院所属の囲碁棋士。八段。二十五世本因坊治勲門下。熊本県熊本市出身。

来歴[編集]

囲碁・将棋部の顧問を務める愛好家である高校教師の父から、幼稚園のころに囲碁を教わる。妹もアマチュア強豪として、全日本女子学生本因坊をはじめ、数々の全国大会への出場歴がある[1]。その後囲碁教室へ通い力をつける。1993年 熊本市立隈庄小学校5年の春休みに、熊本へ二十五世本因坊治勲がやってきた際に見初められ、その後自ら望んで内弟子となるために千葉県へ転居。兄弟子に金秀俊松本武久1998年 棋士採用試験に臨むも本戦で高野英樹武宮陽光孔令文に次ぐ4位となり、入段を逃す[2]

1999年 前年の雪辱を果たし1位で入段を果たす。同期入段は、加藤啓子光永淳造[3]

2002年新人王戦ベスト4や、2004年棋道賞勝率第1位賞を受賞、2005年には三星火災杯で本戦入りし、芮廼偉を下してベスト16に進出するなどの活躍を見せた。

2007年5月5日 熊本時代の囲碁教室で一緒に学んだ、全国高校囲碁選手権大会に出場するなどの実績を持つアマチュア女性棋士と、女性が大学院を卒業するのを待って入籍。妻の弟も同じく囲碁教室で学び、学生本因坊戦優勝や高校総文囲碁部門男子個人戦3連覇や、全国高校囲碁選手権大会優勝1回、準優勝1回(この時の優勝者は白石勇一)などの実績のある、アマチュア強豪[4]

2017年棋聖戦Cリーグ4勝1敗とし、Bリーグに昇格[5]

2020年、初の本因坊リーグ入りを果たす。

現在、囲碁・将棋チャンネルのテレビ棋戦、竜星戦のダイジェスト番組で解説役を務めている。

昇段・良績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]