柳時熏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 柳時熏 九段
名前 柳時熏
生年月日 (1971-12-08) 1971年12月8日(46歳)
プロ入り年 1988年
出身地 韓国ソウル市
所属 日本棋院東京本院
師匠 大枝雄介
段位 九段
概要
タイトル獲得合計 8
七大タイトル
棋聖 挑戦者 (2002)
本因坊 挑戦者 (1996)
王座 1期 (1996)
天元 4期 (1994-96・2000)
リュウ・シクン
各種表記
ハングル 류시훈
漢字 柳時熏
発音: ユ・シフン
ローマ字 Ryu Si-hun
テンプレートを表示

柳 時熏(りゅう しくん、류시훈、ユ・シフン、1971年12月8日 - )は、囲碁棋士韓国ソウル市出身、日本棋院所属、九段、大枝雄介九段門下。天元戦4期、王座戦1期、棋聖戦挑戦など。棋風は全局的に手厚く、スケールの大きな攻めと柔軟性が特長。名前は日本では日本語読みで呼ばれている。

経歴[編集]

柳成龍の末裔の一族に生まれ[1]、碁好きの両親の影響で小学5年で囲碁を始める。6年生の時に韓国少年大会で優勝。一時囲碁から遠ざかるが、中学1年で第1回世界青少年囲碁選手権大会に出場して4位。14歳で韓国棋院の研究生となり、同時期に研究生となった李昌鎬とともに田英善六段門下となる。1986年に尹奇鉉の紹介で来日して大枝門下となり、日本棋院院生となる。1988年入段。

1990年に24連勝を含む42勝6敗の成績で棋道賞新人賞を受賞し、若手の中で頭角を現す。1991年に兵役免除となり、91、92年に棋聖戦四段戦で連続優勝、1992年には最高棋士決定戦に最年少で出場。同年、新鋭トーナメント戦で棋戦初優勝。1994年六段で天元戦挑戦者となり、「心の底から尊敬する」という林海峰天元との五番勝負では、23歳の誕生日である12月8日の4局目に勝って3-1とし、天元位を獲得。史上最年少で天元となる。また入段から6年8ヶ月での七大タイトル獲得は史上最短記録となった。以後3連覇する。1995年にかつてのライバル李昌鎬との特別三番碁を行い、2連敗で敗れる。

1996年七段。同年本因坊戦リーグで5-2となり、プレーオフを制し、石田芳夫以来25年振りにリーグ初参加で挑戦者となる。趙治勲との七番勝負は2-4で敗れる。同年、王立誠を3-0で破って王座を獲得し、天元と合わせて2冠となり、同じ2冠の趙治勲、依田紀基と並び三強とも呼ばれた。賞金ランキングで自己最高の3位。

1997年に棋聖戦挑戦者決定戦に進出し、依田紀基に0-2で敗退。2000年には小林光一に3局連続半目勝ちで天元位復帰。

2000年12月、小林覚により、頬をグラスを持った手で打たれ負傷する事件が起きる。2002年の棋聖戦で王立誠に挑戦するが、2-4で敗れる。

七段昇段後、トーナメントに専念するために大手合を休場していたが、2003年の昇段制度改訂により、天元4期・王座1期の実績で九段昇段。

2010年に6年振りとなる棋聖戦リーグ入り。2013年11月、11期振り8回目となる名人戦リーグ入り。

通算成績は697勝350敗(2010年4月時点)。

日本棋院ネット対局サービス「幽玄の間」で 、2005年から「プロ棋士ランキング戦」を梅沢由香里とともに主宰。

タイトル歴[編集]

その他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

  • 棋聖戦 挑戦者 2002年
    • 四段戦 優勝 1991、1992年
  • 新鋭トーナメント戦 準優勝 1994年
  • NEC俊英囲碁トーナメント戦 準優勝 1993年
  • 新人王戦 準優勝 1991年
  • 竜星戦 準優勝 1993年
  • 本因坊戦 挑戦者 1996年
  • 棋聖戦リーグ6期、名人戦リーグ7期、本因坊リーグ6期

受賞等[編集]

  • 棋道賞新人賞 1990年
  • 棋道賞最多対局賞(59局) 1991年
  • 棋道賞優秀棋士賞 1994年
  • ジャーナリストクラブ賞 1995年
  • 棋道賞優秀棋士賞 1996年

2002年棋聖戦第5局[編集]

2002年の棋聖戦での王立誠との七番勝負第5局は、2勝2敗の後の2月20、21日に行われた。二日目の終局直前、ダメ詰めを残すのみとなった段階で先番の柳が盤面9目の優勢と目されていた。298手目(この時点ですでにダメ詰めに入っていた)に王が6子へのアタリを打ったが、柳は299手目にそれを継がなかったため、王は「僕は終わったとは言ってない」と言って、立ち会い人の石田芳夫を呼んだ。石田と主催者読売新聞社が協議し、ビデオも確認して、終局の合意はされていないと認め、王はアタリの6子を抜き、柳はここで投了した。

この時について後に王は、「くたくたの精神状態」の中で「誰が悪いのではなく」起きてしまったことと言い、柳は「集中力を切らした自分が悪い」「でも第7局じゃなくてよかった」と述べた。次いで柳は第6局も敗れ、棋聖位獲得はならなかった。この事件は、囲碁界で初めてビデオを用いた裁定となり、終局時のルールやマナーに関する議論も巻き起こした。

著作[編集]

  • 『囲碁に燃えて 柳時熏好局選』日本棋院 1995年

脚注[編集]

  1. ^ 秋山賢司「飛び出した若手棋士群像 第1回 柳時熏四段」

参考文献[編集]

  • 秋山賢司「飛び出した若手棋士群像 第1回 柳時熏四段」(『棋道』1991年7月号)
  • 大島正雄「世界一を目指す超新星群像 第11回 柳時熏」(『棋道』1998年11月号)

外部リンク[編集]