倉橋正行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

倉橋 正行(くらはし まさゆき、1972年12月7日 - )は、関西棋院所属の囲碁棋士大阪府池田市出身。父は倉橋正蔵八段、母は関山利一九段の次女にあたり、関山利道九段は従兄弟にあたる。

略歴[編集]

  • 幼少から父の影響で、囲碁をはじめる。父は内弟子として清成哲也、角慎介らを取っていた為兄弟弟子にあたる。池田市立細河小学校6年時、少年少女囲碁大会で優勝を果たす。(準優勝は坂井秀至)。藤沢秀行にも師事し、長期の休みでは神奈川まで遠征し合宿に参加。中学2年で入段後着実に昇段を果たしている。「関西棋院のキムタク」と囲碁雑誌では取り上げられている。

昇段履歴[編集]

外部リンク[編集]