結城聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

結城 聡(ゆうき さとし、1972年昭和47年)2月11日 - )は、囲碁棋士兵庫県神戸市出身、関西棋院所属、佐藤直男九段門下、九段。天元1期、十段1期、NHK杯5回優勝(56~57期、59~61期)、テレビ囲碁アジア選手権戦準優勝など、同時代の関西棋院の棋士の中では突出した成績を挙げ、関西棋院最優秀棋士賞7回。石の働きを追求する戦闘的な棋風で「武闘派」と呼ばれる。

経歴[編集]

1980年、神戸市立竜が台小学校2年の8歳の誕生日にアマチュア六段の父から囲碁を習い、アマチュア強豪の西村修の教えを受ける。1982年、同小4年の時に少年少女囲碁大会の小学生の部で7位となり、その後佐藤直男九段の子供囲碁教室に入り「将来名人になる」と言われる。翌年は3位となり、関西棋院院生となる。1984年12歳1カ月で、関西棋院では橋本昌二東野弘昭以来の最年少で入段。藤沢秀行の研究会にも参加し、坊主頭だったため「少林寺」という綽名を付けられる。このころから攻撃的な棋風で、師の佐藤に「丈和とも違う、囲碁史上に類例を見ない棋風だ」と評された。

1987年『棋道』誌の共立住販杯プロアマ対抗八強トーナメント戦で優勝。同年15歳で五段となる。この頃「月刊碁学」誌上で、今村俊也陳嘉鋭らとの三番碁を行う。1990年に新人王戦決勝三番勝負に進み、依田紀基に1-2で敗れるが、1993年には三村智保に2-0で勝って優勝。1991年19歳で早碁選手権の決勝に進み趙治勲に敗れるが、この時は『FOCUS』誌で「碁界の若花田」とも報道された。1993年に本因坊戦リーグ入り、翌年のリーグ戦では5勝2敗の同率プレーオフで加藤正夫に敗れる。1995年に早碁選手権戦の決勝で林海峰に勝って初タイトル。1996年『棋道』誌1〜4月号の企画で、「平成の名勝負」と銘打って依田紀基と持ち時間1人16時間の32時間1番勝負を行い、黒番中押勝ちする。

1997年九段。同年碁聖戦挑戦者となり、初の五番勝負登場となるが依田紀基碁聖に敗退。2003年に鶴聖戦、2004年に後継棋戦のJALスーパー早碁で連続優勝。2005年に棋聖戦挑戦者となり、関西棋院からは1977年第1期棋聖戦の橋本宇太郎以来の七番勝負登場となるが、羽根直樹棋聖に3-4で敗れる。

2006年から2009年まで、関西棋院第一位を4連覇。2008年度のNHK杯で、関西棋院の棋士としては1984年度の橋本昌二以来、24年ぶりに優勝。翌年同棋戦史上3人目、関西棋院では初の2連覇。2010年テレビ囲碁アジア選手権戦で準優勝。同年天元戦挑戦者となり、山下敬吾天元を3-0で破って、6度目の挑戦で初の七大タイトル獲得。アジア競技大会に男女ペア戦、男子団体戦に出場し、団体戦では銅メダル獲得。

2010年4月、史上最年少(39歳2か月)・最速(入段後27年1か月)・最高勝率(7割2分8厘)で、関西棋院では3人目となる通算1000勝を達成した[1]。天元戦では、井山裕太十段の挑戦を受けるも3連敗で失冠。しかし2011年・12・13度のNHK杯戦で3連覇(過去6年のうち5回優勝)を果たすなど、早碁棋戦での活躍は顕著である。

2013年には十段戦挑戦者となり、6冠を保持していた井山裕太十段を3-2で破って、関西棋院では橋本昌二(1974年)以来39年ぶりとなる十段位を獲得。

タイトル歴[編集]

その他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

  • 棋聖戦 挑戦者 2005年(羽根直樹に3-4)
各段戦優勝 五段戦 1988年、六段戦 1990年、七段戦 1993年、八段戦 1994、95、97年
棋聖戦リーグ4期
  • 碁聖戦 挑戦者 1997年(依田紀基に1-3)、2002年(小林光一に1-3)、2005年(依田紀基に0-3)、2009年(張栩に0-3)
  • 新人王戦 準優勝 1990年(決勝で依田紀基に1-2)
  • 早碁選手権戦 準優勝 1991年(決勝で趙治勲に敗れる)
  • 竜星戦 準優勝 2006年(決勝で張栩に敗れる)、2007年(同)
  • NHK杯 準優勝 2007年(決勝で趙治勲に敗れる)
  • リコー杯プロペア囲碁選手権戦 優勝 1995年(知念かおりとペア)
  • 名人戦リーグ2期、本因坊戦リーグ5期

人物[編集]

  • 1994年「文藝春秋」誌の企画「2001年日本の顔」に、囲碁界から選出される。
  • 1997年NHK教育テレビ囲碁講座「結城聡の戦いのポイント」、2007年10月から「結城聡のこれが世界の新感覚」の講師を務める。
  • 坂井秀至とは「佐藤直男子供囲碁教室」時代からの交友。
  • 2006年堀田陽三九段の娘と結婚、その後三児がある。
  • 趣味は鉄道(特に時刻表引き)で、地方で行われるタイトル戦では時刻表片手に鈍行で移動する。
  • カラオケの十八番は「碧いうさぎ」。

代表局[編集]

2003年第25期鶴聖戦決勝

結城はトーナメント1回戦から柳時熏、依田紀基、王立誠を破って決勝に進出し、羽根直樹と対戦。右上隅で黒番結城の51手目、黒1から3の押しが豪快な手段で、黒13まで上辺を好形にし、ここからこの模様を拡げて優勢となった。その後左下隅のコウ争いから、さらに右上隅でもコウとなるが、このコウを勝ちきって勝利。早碁選手権戦に続いて2度目の一般棋戦優勝となった。

羽根直樹-結城聡(黒) 193手まで黒中押勝

Hane-yuuki-2003-kakuseisen.jpg

著作[編集]

  • 『戦いに強くなる方法 (真・囲碁講座シリーズ2)』 毎日コミュニケーションズ 2004年
  • 『結城聡名局細解 』 誠文堂新光社 2005年
  • 『囲碁・世界の新手法ガイド』誠文堂新光社 2008年
  • 『決定版 大斜・村正・大ナダレ』誠文堂新光社 2009年
  • 『プロの選んだ30の定石 アマの好きな30の定石』誠文堂新光社 2010年
  • 『世界一わかりやすい打碁シリーズ 結城聡の碁』マイコミ 2010年

[編集]

  1. ^ 囲碁の結城聡天元が千勝 史上14人目(神戸新聞2011年4月14日付、同15日閲覧)および遅咲き、30代で進化 囲碁1000勝達成の結城天元(朝日新聞4月19日付、同30日閲覧)参照。ただ年長の棋士ほど出場棋戦数が少なかったこと、関西棋院の棋士には院内独自棋戦や一部棋戦への出場制限があること、などに留意する必要がある。

参考文献[編集]

  • 『NHK囲碁講座』1997年4-9月号 日本放送出版協会
  • 大島正雄「世界一を目指す超新星群像 第5回」(『棋道』誌1998年5月号)
  • 『第二九期棋聖決定七番勝負激闘譜』読売新聞社 2005年

外部リンク[編集]