古力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 古力 九段
名前 古力
生年月日 (1983-02-03) 1983年2月3日(33歳)
プロ入り年 1995
出身地 中華人民共和国の旗 重慶市
所属 中国棋院
師匠 聶衛平
段位 九段
概要
タイトル獲得合計 名人 6期
天元 6期
桐山杯 4期
NEC杯 4期
世界タイトル
富士通杯 優勝 (2008)
三星火災杯 優勝 (2010)
LG杯 優勝 (2006,2009)
春蘭杯 優勝 (2007)
BCカード杯 優勝 (2009)

古 力(こ りき、古力、グ・リ、1983年2月3日 - )は、中国囲碁棋士重慶市出身、中国囲棋協会所属、九段。日本でも元音でぐりと呼ばれることが多い。天元戦名人戦で6連覇、LG杯世界棋王戦2度など世界選手権優勝7回を数え、中国棋士ランキングでも2002年から2008年まで6連覇を達成した現世界最強の棋士の一人。 ニックネームは「大象」、「古大力」。孔傑胡耀宇らとともに「6小虎組」に数えられる。

経歴[編集]

碁好きの父より6歳で碁を学び、重慶棋院に通うようになり、1994年世界青少年囲碁選手権大会少年組に優勝。12歳で国家少年囲棋隊に入り、1995年入段。1997年に聶衛平に入門。1998年CCTV杯でベスト8。1999年阿含・桐山杯でベスト4、経雪絨杯囲碁王戦で準優勝。2001年に新人王戦優勝。2002年七段。2003年天元、以後6連覇。2005年名人、以後6連覇。2006年にLG杯世界棋王戦に優勝して九段昇段、また中国棋士世界戦優勝の最年少記録となり、重慶市で記念切手が発行された。2008年第1回ワールドマインドスポーツゲームズでは選手宣誓を務め、男子個人戦でベスト8に進むが姜東潤に敗れる。2009年には、トヨタ&デンソー杯、LG杯、BCカード杯の3つの世界選手権に優勝。2010年アジア競技大会では男子団体戦に出場し銀メダル獲得。

2014年1月から9月にかけて李世乭と十番碁を行い、2-6に終わった。

甲級リーグでは1999年以来重慶に所属し、1999年から2003年の5連覇に貢献、2004年には15連勝を記録。中国棋士ランキングでは2003年から2008年まで1位。

趣味はサッカーで、ロナウジーニョ選手のファン。2008年の四川大地震では被災者に10万元を寄付。北京オリンピックの聖火リレーでは重慶地区のランナー1番手を務めた。2005年、重慶市十大傑出青年に選出。2008年中国体育運動栄誉賞。

2016年5月18日、通算1000勝達成。[1]

タイトル歴[編集]

国際棋戦[編集]

棋戦 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014
応昌期杯 - 24強 - 16強 - 8強 -
富士通杯 × × 16強 24強 8強 16強 16強 優勝 16強 8強 32強 終了
三星杯 16強 × × 4強 16強 16強 4強 32強 4強 優勝 準優勝 準優勝 16強 ×
LG杯 × × × 16強 優勝 8強 16強 優勝 8強 16強 32強 16強 32強 ×
春蘭杯 - × - 8強 - 優勝 - 8強 - 8強 - 16強 - 優勝
BC杯 - 優勝 16強 準優勝 16強 終了
トヨタ杯 - × - 16強 - 16強 - 優勝 終了
百霊杯 - 64強 - 64強
夢百合杯 - 準優勝 -
アジア杯 × × × 1R 1R × × × × × × × × ×
農心杯 × 0:1 1:1 × × 0:1 × 0:1 0:1 × 0:1 × × ×
囲碁世界タイトル優勝記録
順位 優勝回数 棋士名
1位 21 韓国の旗李昌鎬*
2位 18 韓国の旗李世乭*
3位 11 韓国の旗曺薫鉉*
4位 8 中華人民共和国の旗古力*
5位タイ 6 日本の旗武宮正樹* | 韓国の旗劉昌赫* | 中華人民共和国の旗孔傑*
8位 4 日本の旗依田紀基*
9位タイ 3 中華人民共和国の旗兪斌* | 韓国の旗朴永訓* | 中華人民共和国の旗常昊* | 韓国の旗崔哲瀚* 
*は現役棋士

国内棋戦[編集]

その他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

  • 経雪絨杯囲碁王戦 準優勝 1998年
  • ルノー杯覇王戦 準優勝 2002年
  • 西南王戦 準優勝 2004、09、13年
  • 倡棋杯中国プロ囲棋選手権戦 準優勝 2007年
  • 衢州・爛柯杯中国囲棋冠軍戦 2006年
  • 天元戦 挑戦者 2010年
  • 全国智力運動会 男子団体戦 2位(重慶チーム)2009、11年
  • 中国囲棋甲級リーグ戦
    • 1999年(重慶建設摩托、優勝)5-4
    • 2000年(重慶建設摩托、優勝)14-8
    • 2001年(重慶建設摩托、優勝)18-4
    • 2002年(重慶建設摩托、優勝)16-6
    • 2003年(重慶建設摩托、優勝)19-2
    • 2004年(重慶建設摩托、3位)20-2
    • 2005年(重慶建設摩托、4位)11-11
    • 2006年(重慶冷酸、優勝)15-3
    • 2007年(重慶冷酸、8位)9-12
    • 2008年(重慶冷酸魂、優勝)15-4
    • 2009年(重慶冷酸魂)11-9
    • 2010年(重慶冷酸魂)9-12
    • 2011年(重慶冷酸魂)13-8
    • 2012年(重慶冷酸魂)16-5
    • 2013年(重慶銀行)12-7
    • 2014年(重慶銀行)14-6
  • 弘通杯国家囲棋隊勝抜戦 2012年 1-1(○時越、×檀嘯)、2013年 0-1(×李欽誠)

顕彰等[編集]

  • 1995年 全国十佳小先隊員
  • 2005年 重慶十大傑出青年
  • 2006年 振興重慶争光貢献賞
  • 2007年 中国青年五四奨章、重慶直轄十年建設功臣
  • 2008年 中国体育運動栄誉奨章、CCTV中国体壜風雲人物最佳非奥運動員賞
  • 2009年 重慶形象代言人

参考文献[編集]

『囲棋年鑑』中国囲棋協会 2012年

外部リンク[編集]

  1. ^ http://sports.ifeng.com/a/20160518/48795770_0.shtml