金志錫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 金志錫 九段
棋士情報
名前 金志錫
現地表記 김지석(Kim Jiseok)
生年月日 (1989-06-13) 1989年6月13日(28歳)
国籍 大韓民国の旗 韓国
プロ入り 2003年
段位 九段
棋歴
世界タイトル
獲得数 1回               
 
タイトル
優勝 三星火災杯世界マスターズ 2014
準優勝 LG杯世界棋王戦 2015

金 志錫(キム・ジソク、김지석、きん ししゃく、1989年6月13日 - )は、韓国囲碁棋士韓国棋院所属、権甲龍八段門下、九段。沖岩高等学校出身。世界戦で三星火災杯世界囲碁マスターズ優勝、国内戦ではGSカルテックス杯プロ棋戦2連覇、OllehKT杯優勝など。

経歴[編集]

2003年入段。2005年二段。2005年三星火災杯世界オープン戦出場。2006年三段、韓国囲碁リーグに第一火災チームで初出場。2007年名人戦リーグ入り、マスターズ獣神戦決勝で朴廷桓に1-2で敗れ準優勝。2008年四段、第1回ワールドマインドスポーツゲームズ男子団体戦で韓国チームとして出場し優勝。同年韓国囲碁リーグ嶺南日報チームで出場し、リーグ8勝5敗、ポストシーズン2勝1敗でMVP獲得。同年LG杯世界棋王戦ベスト16。2009年、物価情報杯決勝で李昌鎬を2-0で破り棋戦初優勝、これにより六段昇段、十段戦ベスト4。同年71勝16敗で年間最多勝、最高勝率、最多対局、最多連勝(17連勝)の4冠となる。同年第11回農心辛ラーメン杯で韓国チーム一番手で出場、3人抜き。2010年七段。

2010年に三星火災杯、2011年にLG杯でベスト4進出。2012年農心杯では4人抜き、八段、韓国囲碁リーグMVP。2013年GSカルテックス杯で優勝し、タイトル2回の実績で九段昇段。2014年、GSカルテックス杯を防衛し、三星火災杯で唐韋星を降し国際戦初優勝、囲碁大賞最優秀棋士賞。

韓国棋士ランキングでは2009年4位、2013-14年2位。2012年には中国囲棋甲級リーグ戦に浙江チームで初参加し、主将戦8勝を含む10戦全勝の活躍を見せた。

タイトル歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

その他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

  • 囲碁マスターズ戦神戦 準優勝 2007年
  • バッカス杯天元戦 準優勝 2009年
  • 物価情報杯プロ棋戦 準優勝 2012年
  • GSカルテックス杯プロ棋戦 準優勝 2017年
  • SG杯ペア碁最強戦 準優勝 2016年(呉侑珍とペア)
  • 韓国囲碁リーグ
    • 2006年(第一火災)7-7
    • 2007年(大邱嶺南日報、優勝)10-4
    • 2008年(嶺南日報、優勝)8-5、2-1
    • 2009年(嶺南日報、優勝)10-2(最多勝、MVP)
    • 2010年(嶺南日報)9-7
    • 2011年(嶺南日報)8-6
    • 2012年(ハンゲーム)11-5
    • 2013年(ハンゲーム)12-2
    • 2014年(Kixx)
    • 2016年(Kixx)8-6
    • 2017年(Kixx)

その他

  • 中国囲棋甲級リーグ戦
    • 2012年(浙江建設銀行)10-0
    • 2013年(古井貢酒浙江)8-5
    • 2014年(浙江栄美控股)8-5
    • 2015年(浙江雲林棋禅)9-8
    • 2016年(浙江雲林棋禅)13-5
    • 2017年(民生銀行北京)

外部リンク[編集]