金昇宰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金 昇宰(キム・スンジェ、김승재、きん しょうさい、1992年8月11日 - )は、韓国囲碁棋士ソウル市出身、韓国棋院所属、六段。オスラムコリア杯新鋭連勝最強戦優勝、三星火災杯世界囲碁マスターズベスト16など。

経歴[編集]

7歳で囲碁を学ぶ。2006年初段。2008年電子ランド杯王中王戦青龍部準優勝、BCカード杯新人王戦準優勝、LG杯世界棋王戦出場、オスラムコリア杯新鋭連勝最強戦決勝で李元道を2-0で破り優勝。2009年バッカス杯天元戦ベスト8、名人戦リーグで上位4名のトーナメント戦に進出。2012年OllehKT杯オープン選手権ベスト8、五段。2013年六段。2014年物価情報杯プロ棋戦ベスト4、三星火災杯ベスト16。Let's Run PARK杯オープントーナメントベスト8。

韓国囲碁リーグには2008年から出場。韓国囲碁棋士ランキングでは2012年10位。中国乙級リーグに2013、15年出場。

主な棋歴[編集]

参考文献[編集]

  • 『囲碁年鑑』日本棋院 2015年

外部リンク[編集]