金彩瑛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

金彩瑛(キム・チェヨン、김채영、きん さいえい、1996年1月15日 - )は、韓国囲碁棋士梁宰豪九段、崔珪昞九段、李廷宇九段門下、韓国棋院所属、四段。女流国手戦優勝、黄龍士双登杯世界女子囲棋勝抜戦で4人抜きなど。父は金成来(김성래)四段、妹の金多瑛もプロ棋士。

経歴[編集]

6歳の時に母の勧めで囲碁学校に通う[1]。2011年初段。2013年黄龍士双登杯で韓国チームの一番手として出場し4人抜き、女流棋戦戦ベスト8。2014年女流国手戦決勝で朴鋕恩を2-1で敗って優勝、穹窿山兵聖杯世界女子囲碁選手権ベスト16、スポーツアコードワールドマインドゲームズ女子個人戦準優勝。2016年、黄龍士双登杯で2度目の4人抜き。2017年三段。2018年四段。

韓国女子囲碁リーグでは2015年から出場、2017年は浦項チームで13勝2敗の成績で最多勝(ポストシーズンは3勝0敗)、MVPで、優勝に貢献した。中国女子甲級リーグにも2017年に出場。

タイトル歴[編集]

他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦等

[編集]

外部リンク[編集]