徐奉洙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

徐奉洙(ソ・ボンス、서봉수、1953年2月1日 - )は、大韓民国囲碁棋士大田出身、韓国棋院所属、九段。1970年代以後、曺薫鉉に伍してタイトルを争い、日本での修行経験のない棋士として人気を得る。国内タイトル多数の他、応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦優勝など。戦闘的な碁で「野武士」「野戦司令官」などと呼ばれる。若くして名人位をとったことから「徐名人」と称される。[1]

経歴[編集]

地元の碁会所でプロの師匠を持たず独学で碁を学ぶ。1970年17歳で入段。その翌年初段で名人の挑戦権を獲得する。挑戦手合中に二段に昇段し、趙南哲を3-1で破り18歳で名人のタイトルを奪取。以後5連覇。曺薫鉉の帰国後は、常に二人でタイトルを争う二強状態となる。1986年九段。1993年に第2回応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦で、決勝で大竹英雄を3-2で破り優勝。1997年真露杯SBS世界囲碁最強戦では、驚異の9人抜きで韓国に優勝をもたらした。1999年にLG精油杯に優勝し、6年振りのタイトル獲得を果たす。

1994年に通算1000勝達成。韓国囲碁リーグでは2005年にハンゲームで出場、2008、09年はTブロード監督。趣味はビリヤード

タイトル歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

その他の棋歴[編集]

代表局[編集]

1989/5/16 第2回応昌期杯 大竹英雄-徐奉洙(先番) 41-55手目
第2回応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦 決勝五番勝負第3局 大竹英雄-徐奉洙(先番)

第2回応昌期杯で徐は、1回戦で鄭銘瑝、2回戦で藤沢秀行、3回戦で武宮正樹を破り、1992年11月に行われた準決勝で趙治勲を2-1で下して決勝に進出した。決勝五番勝負は、第1局は白番大竹が序盤から優勢になり先勝。第2局は先番大竹が序盤有望だったが、中盤に逆転して白番徐が勝って、1勝1敗。第3局(図)は序盤で白番大竹が右辺△(40手目)と消しに来た手では、上辺黒に迫るべきで、左辺黒1(41手目)が絶交点となり、続いて黒11、13と一方的に攻めに回って、119手まで先番中押勝と完勝して連勝した。

第4局は先番大竹が序盤から優勢を守り、2勝2敗とする。最終第5局は5月20日に行われ、序盤から白番大竹が好調だったが、疑問手により逆転し、219手まで先番中押勝、3勝2敗で優勝を果たし、応昌期杯は第1回の曺薫鉉に続いて韓国2連覇となった。

脚注[編集]

  1. ^ 『勝負する心 李昌鎬自伝』 自由国民社 2012年

外部リンク[編集]