金榮桓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金 榮桓(キム・ヨンファン、きん えいかん、김영환、1970年12月21日 - )は、韓国囲碁棋士釜山出身、韓国棋院所属、九段。東洋証券杯世界選手権戦ベスト4など。

経歴[編集]

1984年、第1回世界青少年囲碁選手権大会で優勝。1987年入段。1996年四段、真露杯出場、東洋証券杯ベスト4に進出し、金承俊崔明勲とともにポスト李昌鎬の新鋭三傑の一人とされた。2001、02年に中国甲級リーグに福建チームで出場。2003年七段、KT杯マスターズ戦ベスト8。2005年電子ランド杯王中王戦白虎組準優勝、八段。2008年九段。2009年バッカス杯天元戦ベスト8。

韓国囲碁リーグでは、2005年新星建設、06年毎日乳業で出場。2007-08年に蔚山デ−アチェ監督、2009年は仁川Batoo監督。韓国棋士ランキングでは2006年45位

主な棋歴[編集]

外部リンク[編集]