東洋証券杯世界選手権戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東洋証券杯世界選手権戦(とうようしょうけんはいせかいせんしゅけんせん、동양증권배 세계선수권전、東洋證券杯世界選手權戰)は、囲碁の国際棋戦。1989年に韓国初の国際棋戦として創設され、1992年第3回から本格的な世界選手権戦に移行。1998年第9回までで終了。

出場選手[編集]

  • 第1回は、日本2名、台湾2名が参加。第2回は日本3名、台湾2名、中国3名が参加。
  • 第3回からは、前回ベスト4、韓国6、日本6、中国4、台湾2、米国・欧州各1の、24名。
  • 第9回は、前回ベスト4、韓国7、日本4、中国3、台湾1、国際予選通過者5の、24名。

ルール[編集]

  • 日本ルール。持ち時間は各3時間、秒読み1分。コミは5目半。
  • 対戦はトーナメント方式で、決勝戦は5番勝負。1-7期までは準決勝は3番勝負。

過去の優勝者と決勝戦[編集]

(左が優勝者)

  1. 1990年 梁宰豪 3-1 張秀英
  2. 1991年 徐奉洙 3-1 李昌鎬
  3. 1992年 李昌鎬(韓国) 3-2 林海峰(台湾)
  4. 1993年 李昌鎬(韓国) 3-0 趙治勲(韓国)
  5. 1994年 曺薫鉉(韓国) 3-1 依田紀基(日本)
  6. 1995年 馬暁春(中国) 3-1 聶衛平(中国)
  7. 1996年 李昌鎬(韓国) 3-1 馬暁春(中国)
  8. 1997年 曺薫鉉(韓国) 3-0 小林覚(日本)
  9. 1998年 李昌鎬(韓国) 3-1 劉昌赫(韓国)

記録[編集]

  • 最多優勝 4回 李昌鎬
  • 最年少優勝 16歳 李昌鎬(1992年)(世界選手権の最年少優勝記録)

外部リンク[編集]