全国囲棋個人戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

全国囲棋個人戦(ぜんこくいきこじんせん、全国围棋个人赛)は、中国囲碁棋戦。正式には全国囲棋大会の個人戦であり、通称で全国個人戦と呼ぶことが多い。中華人民共和国において囲碁などが体育省によって振興されるようになった1957年に、シャンチー(中国象棋)とともに開始。1978年からは女子の部も開始された。中国で最も古い棋戦であり、参加選手も多く、プロとアマチュアの選手が参加する。

主催は国家体育総局棋牌運動管理センター。1959年は第1回全国運動会として開催。1964年の全国運動会では棋類は種目として採用されず、1975、79年は第3回、第4回全国運動会として開催された。1967年からは文化大革命により開催されず、1974年になって前年の日中囲碁交流に続いて全国大会も再開された。1976年は毛沢東死去により中止。

1974年には成年組に加えて、17歳以下の少年組、12歳以下の児童組が行われ、児童組では馬暁春銭宇平の属する上海チームが団体優勝した。2004年からは男子甲組、男子乙組として行われる。

1988年から2011年まで、1、2位の選手は世界囲碁選手権富士通杯の出場権を得た。1996年から2000年までの女子の部の優勝者は、日中スーパー囲碁の女流戦に出場した。

2018年からはには女流の於之瑩が男子組に出場し、21位となった。

方式[編集]

スイス方式のリーグ戦によって1位からの順位が決定する。6位までが入賞。男子は2017年まで11戦、2018年は13戦を行い、女子は9戦を行う。

成績・男子(成年組・甲組)[編集]

回次 年度 開催地 1位 2位 3位 4位 5位 6位
1 1957年 上海 過惕生 陳嘉謀 劉棣懐 黄乗忱 黄永吉 劉炳文
2 1958年 広州 劉棣懐 王幼宸 過惕生 龐鳳元 黄乗忱 黄永吉
3 1959年 北京 劉棣懐 過惕生 黄永吉 黄乗忱 龐鳳元 鄭定遠
4 1960年 北京 黄永吉 王幼宸 陳祖徳 過惕生 劉棣懐 趙之華
5 1962年 合肥 過惕生 陳祖徳 呉淞笙 董文淵 沈果孫 金亜賢
6 1964年 杭州 陳祖徳 呉淞笙 沈果孫 黄永吉 王汝南 羅建文
7 1966年 鄭州 陳祖徳 呉淞笙 羅建文 王汝南 黄良玉 張福田
8 1974年 成都 陳祖徳 曹志林 聶衛平 王汝南 羅建文 黄徳勲
9 1975年 北京 聶衛平 王汝南 陳祖徳 趙之雲 羅建文 曹志林
10 1976年 合肥 中止
11 1977年 ハルビン 聶衛平 曹志林 陳志剛 黄徳勲 程暁流 譚炎午
12 1978年 鄭州 聶衛平 陳祖徳 華以剛 陳嘉鋭 江鳴久 王群
13 1979年 北京 聶衛平 華以剛 王汝南 陳祖徳 徐栄新 楊普華
14 1980年 楽山 劉小光 馬暁春 陳祖徳 邵震中 李青海 華以剛
15 1981年 温州 聶衛平 馬暁春 程暁流 邵震中 華以剛 劉小光
16 1982年 北京 馬暁春 邵震中 華以剛 聶衛平 劉小光 江鳴久
17 1983年 杭州 聶衛平 邵震中 曹大元 江鋳久 黄徳勲 陳臨新
18 1984年 広州 馬暁春 聶衛平 劉小光 華以剛 銭宇平 廖桂永
19 1985年 南京 方天豊 馬暁春 邵震中 劉小光 王剣坤 宋雪林
20 1986年 洛陽 馬暁春 邵震中 陳臨新 廖桂永 汪見虹 梁偉棠
21 1987年 鎮江 馬暁春 梁偉棠 曹大元 江鋳久 宋雪林 王洪軍
22 1988年 北京 銭宇平 劉小光 陳臨新 曹大元 江鋳久 汪見虹
23 1989年 福州 汪見虹 江鋳久 兪斌 廖桂永 劉小光 梁偉棠
24 1990年 連雲港 劉小光 銭宇平 鄭弘 兪斌 張文東 王群
25 1991年 北京 馬暁春 兪斌 阮雲生 譚炎午 曹大元 劉小光
26 1992年 北京 邵煒剛 張文東 周鶴洋 馬石 陳臨新 兪斌
27 1993年 北京 張文東 兪斌 周鶴洋 阮雲生 王磊 常昊
28 1994年 長沙 曹大元 兪斌 銭宇平 常昊 汪見虹 呉肇毅
29 1995年 広州 常昊 兪斌 曹大元 張文東 呉肇毅
汪見虹
30 1996年 重慶 周鶴洋 兪斌 王磊 楊士海 張文東 林鋒
邱峻
31 1997年 安慶 丁偉 邵煒剛 董彦 王磊 羅洗河 周俊勲
32 1998年 成都 邱峻 兪斌 鄭弘 董彦 胡耀宇
孔傑
33 1999年 杭州 周鶴洋 丁偉 王磊
王尭
劉星 曹大元
34 2000年 杭州 羅洗河 邵煒剛 謝赫 黄奕中 楊一 王磊
35 2001年 寧波 孔傑 周鶴洋 羅洗河 丁偉 黄奕中 彭筌
36 2002年 成都 謝赫 彭筌 鄒俊傑 古力 胡耀宇 張文東
37 2003年 杭州 孔傑 彭筌 劉世振 黄奕中 邱峻 古力
38 2004年 蚌埠 邱峻 李喆 胡耀宇 彭筌 王煜輝 黄奕中
39 2005年 済南 陳耀燁 謝赫 丁偉 朴文尭 邱峻 張学斌
40 2006年 天津 王檄 古霊益 邱峻 孔傑 時越 王尭
41 2007年 徳州 張立 王尭 周睿羊 朴文尭 孔傑 朱元豪
42 2008年 瀋陽 孫騰宇 付沖 古霊益 柁嘉熹 汪涛 王昊洋
43 2009年 承徳 江維傑 周睿羊 王雷 時越 張亜博 廖行文
44 2010年 桂林 朴文尭 李康 唐韋星 時越 劉曦 江維傑
45 2011年 杭州蕭山 檀嘯 毛睿竜 佟禹林 時越 古霊益 柁嘉熹
46 2012年 潮州 芈昱廷 連笑 柁嘉熹 李康 彭立尭 毛睿竜
47 2013年 杭州 周賀璽 楊鼎新 張涛 彭立尭 檀嘯 鍾文靖
48 2014年 成都 李軒豪 鍾文靖 張涛 王昊洋 安東旭 李銘
49 2015 無錫 辜梓豪 范蘊若 李軒豪 周賀璽 付沖 夏晨琨
50 2016 杭州 范胤 謝爾豪 国宇征 鍾文靖 丁浩 朱元豪
51 2017 徳州 韓一洲 范胤 王沢錦 李銘 廖元赫 蒋其潤
52[1] 2018 株洲 陳梓健 李維清 厳在明 王沢錦 王碩 韓一洲

(1967年から1973年の間は文化大革命により中断)

成績・女子[編集]

回次 年度 1位 2位 3位 4位 5位 6位
1 1978 孔祥明 陳慧芳 馬亜蘭 李楊 魏昕 黄妙玲
2 1979 孔祥明 楊暉 金茜倩 何暁任 朱菊菲 黄麗萍
3 1980 楊暉 孔祥明 何暁任 芮廼偉 金茜倩 朱菊菲
4 1981 楊暉 何暁任 芮廼偉 華学明 黄麗萍 郭鵑
5 1982 楊暉 芮廼偉 孔祥明 牛力力 豊雲 郭鵑
6 1983 豊雲 芮廼偉 張璇 孔祥明 何暁任 楊暉
7 1984 孔祥明 芮廼偉 華学明 楊暉 金茜倩 張璇
8 1985 楊暉 芮廼偉 孔祥明 豊雲 張璇 黄麗萍
9 1986 芮廼偉 孔祥明 楊暉 豊雲 敖立婷 金茜倩
10 1987 芮廼偉 孔祥明 楊暉 張璇 豊雲 華学明
11 1988 芮廼偉 楊暉 張璇 孔祥明 金茜倩 華学明
12 1989 芮廼偉 華学明 楊暉 孔祥明 葉桂 張璇
13 1990 張璇 豊雲 楊暉 徐瑩 胡暁玲 黎春華
14 1991 楊暉 豊雲 葉桂 梁雅娣 黎春華 徐螢
15 1992 楊暉 華学明 葉桂 劉涛 豊雲 黎春華
16 1993 華学明 徐瑩 豊雲 葉桂 楊暉 黎春華
17 1994 葉錦錦 李瑩 閔娜 黎春華 劉涛 葉桂
18 1995 華学明 杜宇峰 徐瑩 陳慧芳 葉桂 黎春華
19 1996 黎春華 華学明 徐瑩 張璇 葉桂 豊雲
20 1997 徐瑩 張璇 華学明 楊暉 沈静 黎春華
21 1998 楊暉 張璇 梁雅娣
鄭岩
李瑩 孟昭玉
22 1999 黎春華 華学明 楊暉 王蕊 徐瑩 梁雅娣
23 2000 徐瑩 崔寧 黎春華 鄭岩 曹呈 黄佳
24 2001 黎春華 華学明 葉桂 鄭岩 賈倩 梁雅娣
25 2002 唐盈 梁雅娣 葉桂 于梅玲 華学明 范蔚菁
26 2003 葉桂 曹呈 王祥雲 梁雅娣 仇丹雲 葉暢
27 2004 徐瑩 喬詩尭 王祥雲 鄭岩 楊梓 黎春華
28 2005 王祥雲 王磐 魯佳 范蔚菁 唐奕 鄭岩
29 2006 宋容慧 唐奕 王祥雲 曹又尹 崔寧 黄佳
30 2007 唐奕 王祥雲 曹又尹 楊梓 鄭岩 王倪喬
31 2008 王晨星 孟昭玉 蔡碧涵 葉桂 李源鯤 殷明明
32 2009 唐奕 鄭岩 李小渓 陳一鳴 曹又尹 范蔚菁
33 2010 曹又尹 范蔚菁 王晨星 李赫 葉桂 宋容慧
34 2011 曹又尹 唐奕 宋容慧 張越然 張佩佩 王晨星
35 2012 王晨星 鲁佳 范蔚菁 李小渓 唐奕 曹又尹
36 2013 曹又尹 王祥雲 宋容慧 於之瑩 張佩佩 唐奕
37 2014 於之瑩 魯佳 陳一鳴 陸敏全 王晨星 唐奕
38 2015 王晨星 汪雨博 賈罡璐 宋容慧 魯佳 陳一鳴
39 2016 李赫 王晨星 陸敏全 王爽 汪雨博 蔡碧涵
40 2017 高星 李鑫怡 於之瑩 曹又尹 陳一鳴 王爽
41[2] 2018 王爽 陸敏全 儲可儿 高星 潘陽 周泓余

成績・男子(乙組)[編集]

回次 年度 1位
1 2004 朱元豪
2 2005 陳瀟楠
3 2006 柁嘉熹
4 2007 厳歓
5 2008 蔡競
6 2009 劉曦
7 2010 周振宇
8 2011 胡躍峰
9 2012 安冬旭
10 2013 許嘉陽
11 2014 伊凌濤
12 2015 蒋其潤
13 2016 楊一
14 2017 黄昕

スポンサー[編集]

開催地ごとに冠名を付けて開催される。

  • 1988年は中原不動産杯(中原不动产杯)
  • 1989年は福汽杯(福汽杯)
  • 1990年は一洲杯(一洲杯)
  • 1991年は安太杯(安太杯)
  • 1992-96年は積薪杯(积薪杯)
  • 1997年は安達爾杯(安达尔杯)
  • 1998年は彙通杯(汇通杯)
  • 1999年は浙江信託杯(浙江信托杯)
  • 2000年は広厦杯(广厦杯)
  • 2001年は雅戈爾杯(雅戈尔杯)
  • 2002年は満庭芳杯(满庭芳杯)
  • 2003年は新紫雲杯(新紫云杯)
  • 2004年は豊原・阿羅哈杯(丰原・阿罗哈杯)
  • 2005年は魯能康橋杯(鲁能康桥杯)
  • 2006年は今晩報杯(今晚报杯)
  • 2007年は豪門杯(豪门杯)
  • 2008年は中華寺風景区杯(中华寺风景区杯)
  • 2009年は華峰地産杯(华峰地产杯)
  • 2010年は華藍杯(华蓝杯)
  • 2011年は渤海銀行杯(渤海银行杯)
  • 2012年は王泰興杯(王泰兴杯)
  • 2014年は棋城杯(棋城杯)
  • 2015年は新天一杯
  • 2016年は明仕杯(明仕杯)
  • 2017年は御美健杯
  • 2018年は恒大悦瓏台杯(恒大悦珑台杯)

参考文献[編集]

  • 『围棋年鉴』中国囲棋協会・囲棋天地編集部
  • 陳祖徳『陳祖徳自伝 - 日中碁界、激動の三十年』邱茂訳 新潮社 1992年

[編集]

外部リンク[編集]