孔傑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 孔傑 九段
棋士情報
名前 孔傑
現地表記 孔杰(Kong Jie )
生年月日 (1982-11-25) 1982年11月25日(35歳)
国籍 中華人民共和国の旗 中国
出身地 北京市
プロ入り 1994年
所属 中国棋院
師匠 劉小光九段
段位 九段
棋歴
世界タイトル
獲得数 6回               
 
タイトル
優勝 三星火災杯世界マスターズ 2009
優勝 LG杯世界棋王戦 2010
優勝 世界囲碁選手権富士通杯 2010
優勝 テレビ囲碁アジア選手権戦 2009
優勝 テレビ囲碁アジア選手権戦 2010
優勝 テレビ囲碁アジア選手権戦 2011

孔傑(孔杰、こう けつ、1982年11月25日 - )は、中国囲碁棋士北京市出身、中国囲棋協会所属、九段。全国囲棋個人戦倡棋杯中国プロ囲棋選手権戦各優勝2回、三星火災杯世界囲碁マスターズ優勝など。古力胡耀宇らとともに「6小虎組」にも数えられる。

経歴[編集]

6歳で囲碁を覚える。1994年、12歳で北京の囲碁チームに所属し劉小光九段に師事。同年に国家集中囲棋隊に入る。同年初段。1998年に全国囲棋個人戦で5位。2000年全国体育大会に北京代表として出場し、古力らを破って8勝1敗で優勝。同年の春蘭杯世界囲碁選手権戦では、17歳ながら曺薫鉉依田紀基らを破って3位となる。2001年、03年に全国囲棋個人戦優勝。2002年七段。2005年、07年と倡棋杯優勝。

2009年三星火災杯世界オープン戦で決勝進出、李世乭に0-2で敗れ準優勝。同年テレビ囲碁アジア選手権決勝で李世乭を破り世界戦初優勝、これにより九段昇段。同年末の三星火災杯では朴永訓、古力、決勝で邱峻を2-0で破って優勝。

2010年、LG杯、富士通杯にも優勝。2009・10・11年とテレビ囲碁アジア選手権で3連覇を果たす。

中国囲棋甲級リーグ戦では、北京大宝チームに所属、2005年からは主将を務める。中国棋士ランキングでは、2003年から古力に次いで2、3位を占めていたが、2009年に1位となる。

タイトル歴[編集]

国際棋戦[編集]

囲碁世界タイトル優勝記録
順位 優勝回数 棋士名
1位 21 大韓民国の旗李昌鎬*
2位 18 大韓民国の旗李世乭*
3位 11 大韓民国の旗曺薫鉉*
4位 8 中華人民共和国の旗古力*
5位タイ 6 日本の旗武宮正樹* | 大韓民国の旗劉昌赫* | 中華人民共和国の旗孔傑*
8位タイ 5 中華人民共和国の旗柯潔*
9位タイ 4 日本の旗依田紀基*
10位タイ 3 中華人民共和国の旗兪斌* | 大韓民国の旗朴永訓* | 中華人民共和国の旗常昊*  
*は現役棋士

国内棋戦[編集]

その他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

  • 全国体育大会 男子個人戦2位 2000年
  • 棋聖戦 五段戦優勝 2000年
  • NEC杯新秀戦 準優勝 2001年
  • 棋王戦 挑戦者 2001年
  • 阿含・桐山杯中国囲棋快棋公開戦 準優勝 2003年
  • 華山論道囲棋精鋭戦 準優勝 2003年
  • 倡棋杯中国プロ囲棋選手権戦 準優勝 2006年
  • 竜星戦 準優勝 2006、08年
  • NEC杯囲棋賽 準優勝 2008、09年
  • 名人戦 挑戦者 2011年
  • 全国智力運動会 男子団体戦 2009年3位、2011年4位
  • リコー杯囲棋混双戦 優勝 2006年(葉桂とペア)、準優勝 2010年(李小溪とペア)
  • 弘通杯国家囲棋隊勝抜戦
    • 2012年 0-1(×時越
    • 2011年 2-1(○趙晨宇、○謝爾豪、×柯潔
  • 中国囲棋甲級リーグ戦
    • 2000年(北京大宝、6位)11-1
    • 2001年(北京大宝、6位)14-8
    • 2002年(北京大宝、5位)17-4(11連勝含む)
    • 2003年(北京大宝、5位)18-4
    • 2004年(北京大宝、5位)15-7
    • 2005年(北京大宝、6位)14-8(主将最多勝)
    • 2006年(北京大宝、5位)13-9
    • 2007年(北京大宝、6位)15-7
    • 2008年(北京大宝、6位)11-10
    • 2009年(中信北京、2位)13-9
    • 2010年(中信北京、3位)11-10
    • 2011年(中信北京、5位)8-9
    • 2012年(中信北京)11-11
    • 2013年(中信北京)9-8
    • 2014年(中信北京)3-7
    • 2015年(中信北京)

外部リンク[編集]