周睿羊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

周 睿羊(しゅう えいよう、周睿羊、ツォウ・ルイヤン、1991年3月8日 - )は中国囲碁棋士陝西省西安市出身、中国囲棋協会所属、九段。棋王戦優勝、百霊愛透杯世界囲碁オープン戦優勝など。陳耀燁李喆朴文尭らとともに小豹世代と呼ばれる。

経歴[編集]

7歳で囲碁を学び、9歳で呉肇毅囲碁道場に入り、後に聶衛平囲碁道場に入る。2001年全国少年棋戦2位。2002年世界青少年囲碁選手権大会少年組に優勝、広東省少年大会1位。同年初段。2004年に晩報杯全国業余囲棋選手権戦優勝、リコー杯新秀戦準優勝。同年から中国囲棋甲級リーグに北京海淀チームで出場。2005、06年に富士通杯U15少年囲棋戦に優勝。2006年に天元戦、07年に名人戦で挑戦者となり、いずれも古力に1-2、0-3で敗れる。2007年五段。2007、08年に新人王戦連続優勝。2008年、三星火災杯で、李映九、李喆らを破ってベスト4進出するが、準決勝で孔傑に0-2で敗れる。同年棋王戦で、決勝で李康に勝って一般棋戦初優勝。

2008年の第1回ワールドマインドスポーツゲームズでは、男子個人戦に出場し、4勝2敗で予選リーグ3位。2010年アジア競技大会男子団体戦に出場し銀メダル獲得。2013年百霊愛透杯で世界戦初優勝し、九段昇段。同年国内最高賞金棋戦として創設された第1期洛陽竜門杯棋聖戦に優勝。

甲級リーグ戦では、2006年まで北京海淀、07年から山東網通に所属、06年には主将として常昊李世乭にも勝利、2010年には16勝6敗の成績で最優秀主将。中国棋士ランキングでは05年8月に38位、07、09年に8位、2010年に1位。

タイトル歴[編集]

その他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

外部リンク[編集]