朴文尭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

朴 文尭(ぼく ぶんぎょう、朴文尧、ポ・ウェンヤォ、1988年4月25日 - )は、中国囲碁棋士黒竜江省出身、中国囲棋協会所属、九段。朝鮮族としての名前は박문요(パク・ムンヨ)。招商銀行杯中国囲棋電視快棋戦LG杯世界棋王戦優勝など。陳耀燁らとともに小豹世代と呼ばれる。

経歴[編集]

ハルビン市生れ。7歳で囲碁を覚え、黒龍江棋院で陳兆峰、朱燕銘、徐志毅などに学ぶ。1999年初段。2000年に全国少年囲棋戦で3位。この年に父が亡くなり生活が苦しくなるが、曺薫鉉の支援を受けて北京で囲碁を学び続け、2004年には三星火災杯予選に招待される。2005年に国家少年囲棋隊入り、全国囲棋個人戦4位、LG杯世界棋王戦に出場してベスト4進出。2006年五段。2007年に招商銀行杯中国囲棋電視快棋戦の決勝で陳耀燁を破って棋戦初優勝。2008年第1回ワールドマインドスポーツゲームズで団体戦中国メンバーとして出場し準優勝。2009年トヨタ&デンソー杯囲碁世界王座戦で決勝に進み、古力に0-2で敗れ準優勝。2011年にLG杯棋王戦で、決勝で孔傑を2-0で破って優勝、中国棋士として最年少の世界戦優勝者となり、またこれにより九段昇段。

乙級リーグで黒龍江チーム(黑龙江禹程)でに所属していたが、2005年に甲級リーグの大連チーム(大连上方)に移籍、2006年から貴州チーム(贵州咳速停)移籍。中国棋士ランキングでは2007年6位、2008年5位。

タイトル歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

その他の棋歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

  • 名人戦 挑戦者 2008年
  • リコー杯囲棋戦 準優勝 2012年
  • 中国囲棋甲級リーグ戦
    • 2005年(大連上方)13-8
    • 2006年(貴州咳速停)
    • 2007年(貴州咳速停)16-5
    • 2008年(貴州百魂)13-9
    • 2009年(貴州百魂)13-9
    • 2010年(貴州百魂)12-9
    • 2011年(貴州百魂)14-8
    • 2012年(貴州百魂)

外部リンク[編集]