春蘭杯世界囲碁選手権戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

春蘭杯世界囲碁選手権戦(しゅんらんはいせかいごせんしゅけんせん、春兰杯世界职业围棋锦标赛、춘란배 세계 바둑 선수권 대회)は、中国韓国日本台湾米国欧州の棋士による囲碁の国際棋戦。1999年に中国で主催する最初の世界選手権として開始し、2003年からは2年に1回開催。

出場選手[編集]

  • 第1回は、中国9、日本6、韓国5、台湾2、米国1、欧州1の、24名が出場。
  • 第2回は、中国8、日本5、韓国7、台湾2、米国1、欧州1の、24名。
  • 第3回以降は、中国10、日本6、韓国4、台湾2、米国1、欧州1の、24名。
  • 米国代表として、日本棋院のM.レドモンドや韓国棋院の車敏洙など、欧州代表として日本棋院のT.カタリンなどの出場がある。

ルール[編集]

中国ルールで実施される。持ち時間は各3時間。コミは第1回は5目半。第4回から7目半。対戦はトーナメント方式で、決勝戦は3番勝負。

過去の優勝者と決勝戦[編集]

(左が優勝者)

  1. 1999年 曺薫鉉(韓国) 2-1 李昌鎬(韓国)
  2. 2000年 王立誠(日本) 2-1 馬暁春(中国)
  3. 2001年 劉昌赫(韓国) 2-1 王立誠(日本)
  4. 2003年 李昌鎬(韓国) 2-0 羽根直樹(日本)
  5. 2005年 李昌鎬(韓国) 2-1 周鶴洋(中国)
  6. 2007年 古力(中国) 2-0 常昊(中国)
  7. 2009年 常昊(中国) 2-0 李昌鎬(韓国)
  8. 2011年 李世乭(韓国) 2-1 謝赫(中国)
  9. 2013年 陳耀燁(中国) 2-1 李世乭(韓国)
  10. 2015年 古力(中国) 2-1 周睿羊(中国)
  11. 2017年 檀嘯(中国) 2-1 朴永訓(韓国)

過去の大会[編集]

第1回[編集]

1998年12月に北京で1、2回戦、1999年4月に武漢で準々決勝、1999年5月にソウル市で準決勝、1999年6月25-29日に南京で決勝三番勝負が行われた。

  1回戦 2回戦 3回戦 準決勝 決勝戦
                                     
 林聖賢(台湾)  
 工藤紀夫(日本) ×  
   林聖賢 ×  
   王立誠(日本)  
 
   
   王立誠 ×  
   崔明勲  
 崔明勲(韓国)  
 邱峻(中国) ×  
   崔明勲
   聶衛平(中国) ×  
 
   
   崔明勲 ×  
   李昌鎬  
 タラヌ・カタリン(ヨーロッパ) ×  
 依田紀基(日本)  
   依田紀基
   馬暁春(中国) ×  
 
   
   依田紀基 ×
   李昌鎬  
 周俊勲(台湾) ×  
 兪斌(中国)  
   兪斌 ×
   李昌鎬(韓国)  
 
   
 李昌鎬 1
 曺薫鉉 2
 睦鎮碩(韓国)  
 邵震中(中国) ×  
   睦鎮碩 ×  
   常昊(中国)  
 
   
   常昊  
   劉昌赫 ×  
 結城聡(日本)  
 宋雪林(中国) ×  
   結城聡 ×
   劉昌赫(韓国)  
 
   
   常昊 ×
   曺薫鉉  
 山田規三生(日本) ×  
 周鶴洋(中国)  
   周鶴洋
   彦坂直人(日本) ×  
  3位決定戦
   
   周鶴洋 ×  崔明勲
   曺薫鉉    常昊 ×
 マイケル・レドモンド(アメリカ) ×  
 邵煒剛(中国)  
   邵煒剛 ×
   曺薫鉉(韓国)  
 
   

外部リンク[編集]