関西棋院第一位決定戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

山陽新聞杯 関西棋院第一位決定戦(さんようしんぶんはい かんさいきいんだいいちいけっていせん)は、囲碁棋戦で、関西棋院の棋士が出場する。1957年から開始。

山陽新聞社主催。同社はかつて「山陽新聞三番碁」を主催していた。

方式[編集]

  • 第1期から第8期までは決勝一番勝負、第9期から第50期までは決勝三番勝負、第51期からは挑戦手合三番勝負で第一位を決する。
  • 第48期までは賞金ランキング上位22人と山陽新聞社推薦10人(岡山・広島・香川出身者、若手・女流棋士など)の計32人によるトーナメント。第49期からは賞金ランキング上位17人、山陽新聞社推薦5人、予選通過者10人の計32人によるトーナメント。
  • 予選には「山陽本因坊」(山陽新聞社主催)をはじめとする岡山県在住のアマ強豪も参加する。

歴代優勝者と決勝戦[編集]

(左が優勝者)

  1. 1957年 佐藤直男 - 半田道玄
  2. 1958年 半田道玄 - 橋本昌二
  3. 1959年 宮本直毅 - 藤木人見
  4. 1960年 半田道玄 - 鯛中新
  5. 1961年 半田道玄 - 佐藤直男
  6. 1962年 小山靖男 - 宮本直毅
  7. 1963年 窪内秀知 - 赤木一夫
  8. 1964年 佐藤直男 - 窪内秀知
  9. 1965年 橋本昌二 2-0 白石裕
  10. 1966年 橋本昌二 2-0 窪内秀知
  11. 1967年 橋本昌二 2-1 関山利夫
  12. 1968年 橋本宇太郎 2-0 鯛中新
  13. 1969年 橋本宇太郎 2-0 半田道玄
  14. 1970年 橋本昌二 2-0 佐藤直男
  15. 1971年 橋本昌二 2-0 宮本直毅
  16. 1972年 橋本昌二 2-0 東野弘昭
  17. 1973年 橋本昌二 2-0 宮本義久
  18. 1974年 橋本昌二 2-0 東野弘昭
  19. 1975年 本田邦久 2-1 大山国夫
  20. 1976年 本田邦久 2-1 橋本昌二
  21. 1977年 関山利夫 2-0 石井新蔵
  22. 1978年 橋本昌二 2-0 太田清道
  23. 1979年 橋本昌二 2-0 橋本宇太郎
  24. 1980年 橋本宇太郎 2-1 石井新蔵
  25. 1981年 佐藤直男 2-1 関山利夫
  26. 1982年 大山国夫 2-1 牛之浜撮雄
  27. 1983年 苑田勇一 2-0 白石裕
  28. 1984年 苑田勇一 2-0 牛之浜撮雄
  29. 1985年 牛之浜撮雄 2-0 苑田勇一
  30. 1986年 宮本義久 2-0 牛之浜撮雄
  31. 1987年 東野弘昭 2-0 白石裕
  32. 1988年 橋本昌二 2-1 苑田勇一
  33. 1989年 東野弘昭 2-0 白石裕
  34. 1990年 橋本昌二 2-1 宮本義久
  35. 1991年 関山利夫 2-0 小山靖男
  36. 1992年 清成哲也 2-1 倉橋正蔵
  37. 1993年 白石裕 2-1 久保勝昭
  38. 1994年 今村俊也 2-1 苑田勇一
  39. 1995年 苑田勇一 2-0 宮本直毅
  40. 1996年 結城聡 2-1 本田邦久
  41. 1997年 本田邦久 2-0 苑田勇一
  42. 1998年 今村俊也 2-1 橋本昌二
  43. 1999年 森山直棋 2-1 長谷川直
  44. 2000年 今村俊也 2-1 長谷川直
  45. 2001年 本田邦久 2-0 久保勝昭
  46. 2002年 今村俊也 2-1 倉橋正行
  47. 2003年 坂井秀至 2-1 湯川光久
  48. 2004年 清成哲也 2-1 坂井秀至
  49. 2005年 横田茂昭 2-0 中野泰宏
  50. 2006年 結城聡 2-0 矢田直己
  51. 2007年 結城聡 2-1 坂井秀至
  52. 2008年 結城聡 2-1 清成哲也
  53. 2009年 結城聡 2-1 今村俊也
  54. 2010年 村川大介 2-0 結城聡
  55. 2011年 坂井秀至 2-0 村川大介
  56. 2012年 坂井秀至 2-0 村川大介
  57. 2013年 坂井秀至 2-0 古谷裕

記録[編集]

  • 優勝12回の橋本昌二九段に、名誉第一位の称号が与えられている。
  • 2005年1月より、大手合廃止に伴い昇段規定が変更され、勝ち星による昇段の対象棋戦となる。また優勝者が、六段以下であった場合、七段に飛びつき昇段する。本年までにこの対象者となったのは、村川大介。