半田道玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

半田 道玄(はんだ どうげん、大正4年(1915年10月25日 - 昭和49年(1974年4月13日)は、囲碁棋士広島県出身、鈴木為次郎名誉九段門下、日本棋院から関西棋院所属、九段。旧名は早巳十段獲得、本因坊挑戦など。求道的な姿勢と、殿様碁とも言われた独特のゆったりした棋風で知られる。

経歴[編集]

広島県向島津部田生まれ、4歳で因島に移る。小学校入学頃に囲碁を覚え、1924年9歳で鈴木為次郎に入門するが、1か月で帰郷。1930年に大阪に移り、久保松勝喜代の研究会に参加するようになる。1934年入段し東京の大手合に参加。この頃、兄弟子の関山利一や、その弟子の梶原武雄らと研鑽する。1942年五段。1946年の第4期本因坊戦では予選を勝ち抜いて最終トーナメントに進出、初戦で藤沢庫之助八段に勝つが、2回戦で林有太郎七段に敗れる。1947年に肺結核岡山県の療養所に入る。1949年に六段。

1950年の関西棋院独立に参加。早巳から道玄に改名する。

1956年、関西早碁名人戦で窪内秀知に挑戦し、2-1で勝って優勝。日本棋院早碁名人戦優勝の宮下秀洋との電報碁は敗れる。1959年九段。1960年、王座戦決勝で宮下秀洋を2-0で破り、タイトル獲得。1961年の第1期名人戦では、当時の11人の九段の一人として関西棋院から橋本宇太郎橋本昌二とともにリーグ参加し、7勝5敗で4位の成績を残す。1962年、本因坊戦リーグを5勝2敗で優勝し、坂田栄男に挑戦し1-4で敗れる。1963年に十段戦で橋本宇太郎に挑戦して3-1で勝利。1965年にも王座戦決勝で大窪一玄を2-0で破り、2度目の王座を獲得した。1971年にプロ十傑戦6位。

1974年、心不全で死去。病気がちで一生独身で通した。生前に書き溜めていたノートが、死後整理されて『天地の理にかなう』として出版された。

タイトル歴[編集]

その他の棋歴[編集]

  • 本因坊戦 挑戦者 1961年
  • 王座戦 準優勝 1957、58年
  • 十段戦 準優勝 1962年
  • プロ十傑戦 1965年8位、1966年10位、1971年6位
  • 関西棋院選手権戦 準優勝 1960年
  • 関西棋院十強戦 2位 1963年
  • 関西棋院第一位決定戦 準優勝 1957、69年
  • 名人戦リーグ3期、本因坊戦リーグ3期

著作[編集]

  • 『形勢判断と大局観 思い出の十段戦』金園社 1975年
  • 『半田道玄の覚え書きから 天地の理にかなう』齋藤謙明編 関西棋院 1990年
  • 『半田道玄打碁集』関西棋院 1990年
  • 『関山利一・半田道玄(現代囲碁大系第13巻)』日本棋院 1979年

道玄賞[編集]

関西棋院では、毎年活躍した棋士に贈る関西棋院賞のうち殊勲賞部門に「道玄賞」と名付けて、その功績を称えている。

外部リンク[編集]