窪内秀知

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

窪内秀知(くぼうち しゅうち、1920年大正9年)1月25日 - )は、日本囲碁棋士大阪府出身、久保松勝喜代名誉九段門下、関西棋院所属、九段。関西棋院第一位決定戦優勝、名人戦リーグ4期・本因坊戦リーグ3期など。力戦派で、「サビ刀」(切られるとすごく痛い)と呼ばれた。一時雅邦に改名。関西棋院監事も務めた。2009年引退。

経歴[編集]

8歳の時に久保松勝喜代に入門、神戸研究会に参加。1925年日本棋院関西支部にて入段。1945年五段。1949年の呉清源高段者総当り十番碁では、3局目に対戦し呉に対する唯一の勝利を挙げる。1952年本因坊戦リーグ入り(2-5)。1954、55年に第1、2期関西早碁名人戦優勝。1955年八段。1960年、関西棋院5人目の九段に昇段。1963年関西棋院第一位決定戦優勝。1968年名人戦リーグ入り。1975年、日中囲碁交流訪中団に参加。1977年第2期棋聖戦最高棋士決定戦ベスト4。

1990年勲四等旭日小綬章受章。2009年まで現役最年長棋士であったが、9月に89歳で引退。

門下に牛窪義高、久保勝昭、堀田陽三、楳田晴彦、谷田治巳、川村和憲、斎藤正、濱田守哉、芦田磯子など。

タイトル歴[編集]

他の棋歴[編集]

著作[編集]

  • 『囲碁新手批判』創元社 1957年
  • 『現代囲碁大系16巻 鯛中新 鈴木越雄 窪内秀知 宮本直毅 本田邦久』講談社 1982年
  • 『私の道』窪内秀知一門 1997年(『囲碁関西』誌連載の自伝)

外部リンク[編集]