大窪一玄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大窪 一玄(おおくぼ いちげん、1929年昭和4年)3月15日 - 2015年平成27年)3月2日)は、日本囲碁棋士石川県出身、増淵辰子八段門下、日本棋院所属、九段。王座戦準優勝など。旧名幸雄。1999年現役引退。

経歴[編集]

石川県小松市に生まれる。1939年(昭和14年)増淵辰子に入門し、翌年院生。1944年初段。1946年に若手棋士の研究会「金曜会」参加。1948年大手合秋期2部優勝、同年藤沢庫之助を中心とした研究会「黎明会」参加。1949年五段。1950年大手合春期2部優勝。1953年青年棋士選手権戦2部優勝。1958年首相杯争奪高段者トーナメント優勝、七段。1963年十段戦敗者組決勝進出。1964年八段。1965年王座戦で決勝進出、半田道玄に0-2で敗れ準優勝。1967年、21勝7敗の成績で、棋道賞勝率第1位(.750)、連勝賞(12連勝)受賞。

1979年に日中囲碁交流の訪中代表団長。2005年大倉喜七郎賞受賞。門下に橋本雄二郎、白江治彦、高林拓二、佐藤文俊などがいる。

2015年3月2日、肺炎のため死去[1]。85歳没。

主な棋歴[編集]

著書[編集]

  • 『鬼手 : 囲碁上達のコツ』(新囲碁手筋シリーズ ; 第2)文海堂
  • 『シマリの定石』(ゴ・スーパーブックス14)日本棋院

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 坂田栄男『囲碁百年 3 実力主義の時代』平凡社 1969年

外部リンク[編集]