十段 (囲碁)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

十段(じゅうだん)は、囲碁棋戦の一つである十段戦で優勝した棋士に贈られるタイトル。日本棋院および関西棋院の昇段制度(初段~九段)とは別個に運営される、独立した称号である。

十段戦[編集]

1961年創設。前身は早碁名人戦産経新聞社主催。2011年の第49期より森ビルが協賛し、森ビル杯十段戦となる。優勝賞金は1500万円であったが、この時より1200万円に改められ、それに伴いタイトルとしての序列は4位から6位に下がった。更に50期からは750万円に改められ、序列も7位に後退した。翌51期には700万となっている。挑戦手合であり、持ち時間は2002年まで5時間、2010年まで4時間、2011年より3時間。

第49期まで七大タイトル戦では唯一、敗者復活戦方式がとられた。16名からなるトーナメント戦で、一度敗退した者は敗者組トーナメントに回り、その優勝者と本戦トーナメント優勝者とで挑戦者決定戦をおこなった。挑戦者はタイトル保持者と五番勝負をおこない、優勝者を決めた。本戦トーナメントで2勝以上した8名は次期にシードされ、予選勝ち抜きの8名とともに挑戦者決定トーナメントを戦った。

第50期からは20人による単純トーナメント方式となっている。

しくみ(第49期まで) [編集]

予選A[編集]

  • 東京予選
    •  予選B・C勝ち上がり26名、シード棋士によるトーナメント。
  • 関西・中部予選
    •  予選B・C勝ち上がり10名、シード棋士によるトーナメント。

最終予選[編集]

  • 東京と中部・関西の予選Aの勝ち上がり18名(東京13名、関西・中部5名)、シード棋士14名によるトーナメントによって本選出場者8名を決める。

本選トーナメント[編集]

  • 最終予選勝ちあがり8名、前期ベスト4、敗者復活2回戦勝者4名の計16名による2敗失格制トーナメント。優勝者が十段位との5番勝負を行う。

現在の十段[編集]

2017年第55期現在[1]

棋士 生年 通算 連覇 現在
第18代 井山裕太 (1989-05-24) 1989年5月24日(28歳) 4期 2連覇 (2回) 2連覇中

歴代十段位[編集]

棋士 生年 初奪年 通算 連覇
1 橋本宇太郎 (1907-02-27) 1907年2月27日 1962 2期
2 半田道玄 (1915-10-25) 1915年10月25日 1963 1期
3 藤沢朋斎 (1919-03-09) 1919年3月9日 1964 1期
4 高川格 (1915-09-21) 1915年9月21日 1965 1期
5 坂田栄男 (1920-02-15) 1920年2月15日 1966 1期
6 大竹英雄 (1942-05-12) 1942年5月12日(75歳) 1969 5期 2連
7 橋本昌二 (1935-04-18) 1935年4月18日 1974 1期
8 林海峰 (1942-05-06) 1942年5月6日(75歳) 1975 1期
9 加藤正夫 (1947-03-15) 1947年3月15日 1976 7期 4連
10 趙治勲 (1956-06-20) 1956年6月20日(61歳) 1982 6期 3連
11 小林光一 (1952-09-10) 1952年9月10日(65歳) 1984 5期 3連
12 武宮正樹 (1951-01-01) 1951年1月1日(66歳) 1990 3期 3連
13 依田紀基 (1966-02-11) 1966年2月11日(51歳) 1995 2期 2連
14 彦坂直人 (1962-03-17) 1962年3月17日(55歳) 1998 1期
15 王立誠 (1958-11-07) 1958年11月7日(59歳) 2001 4期 4連
16 高尾紳路 (1976-10-26) 1976年10月26日(41歳) 2008 2期
17 張栩 (1980-01-20) 1980年1月20日(37歳) 2009 2期 2連
18 井山裕太 (1989-05-24) 1989年5月24日(28歳) 2011 4期 2連中
19 結城聡 (1972-02-11) 1972年2月11日(45歳) 2013 1期
20 伊田篤史 (1994-03-15) 1994年3月15日(23歳) 2015 1期

歴代挑戦手合[編集]

◯●は勝者から見た勝敗、網掛けはタイトル保持者。第1期は決勝五番勝負。

開催年 優勝 勝敗 準優勝
1 1962 橋本宇太郎 3-1 半田道玄
2 1963 半田道玄 3-1 橋本宇太郎
3 1964 藤沢朋斎 3-2 半田道玄
4 1965 高川格 3-1 藤沢朋斎
5 1966 坂田栄男 3-1 高川格
6 1967 坂田栄男 3-2 藤沢朋斎
7 1968 坂田栄男 3-1 藤沢秀行
8 1969 大竹英雄 3-0 坂田栄男
9 1971 橋本宇太郎 3-2 大竹英雄
10 1972 坂田栄男 3-2 橋本宇太郎
11 1973 坂田栄男 3-0 高木祥一
12 1974 橋本昌二 3-1 坂田栄男
13 1975 林海峰 3-0 橋本昌二
14 1976 加藤正夫 3-2 林海峰
15 1977 加藤正夫 3-0 坂田栄男
16 1978 加藤正夫 3-1 林海峰
17 1979 加藤正夫 3-1 橋本昌二
18 1980 大竹英雄 3-0 加藤正夫
19 1981 大竹英雄 3-2 橋本昌二
20 1982 趙治勲 3-1 大竹英雄
21 1983 加藤正夫 3-2 趙治勲
22 1984 小林光一 3-2 加藤正夫
23 1985 小林光一 3-0 大竹英雄
24 1986 小林光一 3-0 武宮正樹
25 1987 加藤正夫 3-1 小林光一
26 1988 趙治勲 3-2 加藤正夫
27 1989 趙治勲 3-0 林海峰
28 1990 武宮正樹 3-2 趙治勲
29 1991 武宮正樹 3-2 趙治勲
30 1992 武宮正樹 3-1 小林光一
開催年 優勝 勝敗 準優勝
31 1993 大竹英雄 3-1 武宮正樹
32 1994 大竹英雄 3-2 小林光一
33 1995 依田紀基 3○○○0 大竹英雄
34 1996 依田紀基 3-1 王立誠
35 1997 加藤正夫 3○●●○○2 依田紀基
36 1998 彦坂直人 3●○○●○2 加藤正夫
37 1999 小林光一 3○○○0 彦坂直人
38 2000 小林光一 3○○○0 中野寛也
39 2001 王立誠 3●○●○○2 小林光一
40 2002 王立誠 3○●○●○2 武宮正樹
41 2003 王立誠 3○●○●○2 高尾紳路
42 2004 王立誠 3○●○○1 張栩
43 2005 趙治勲 3○●●○○2 王立誠
44 2006 趙治勲 3○○●○1 山下敬吾
45 2007 趙治勲 3○○●●○2 山下敬吾
46 2008 高尾紳路 3○○○0 趙治勲
47 2009 張栩 3●○○○1 高尾紳路
48 2010 張栩 3○○○0 山下敬吾
49 2011 井山裕太 3●○●○○2 張栩
50 2012 井山裕太 3○○●○1 張栩
51 2013 結城聡 3●○○●○2 井山裕太
52 2014 高尾紳路 3○●●○○2 結城聡
53 2015 伊田篤史 3●○○●○2 高尾紳路
54 2016 井山裕太 3○○●○1 伊田篤史
55 2017 井山裕太 3○○●○1 余正麒

名誉十段[編集]

十段を5連覇、または通算10期以上獲得した棋士は、引退後もしくは60歳以後に名誉十段を名乗る権利を得る。ただ現在のところ4連覇(加藤正夫王立誠)、通算7期(加藤正夫)が最高で、名誉十段の資格保持者は出ていない(七大タイトルのうち、名誉称号保持者がいないのは十段戦のみである)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

棋戦年間
棋聖戦 十段戦 本因坊戦 碁聖戦 名人戦 王座戦 天元戦
1-3月 3-4月 5-7月 6-8月 9-11月 10-12月 10-12月
  1. ^ 国内棋戦 日本棋院